「STAP細胞はありま~す」と主張した2014年4月の記者会見から早2年。論文捏造疑惑により、世間から猛バッシングを浴びた小保方晴子氏(32)が、ついに公の前に姿を現した。「登場したのは『婦人公論』6月14日号の瀬戸内寂聴氏との対談企画。…


本日の新着記事を読む