「千載一遇(せんざいいちぐう)」という四字熟語があります。意味は「これ以上ない絶好の機会」。「載」は「年」、「遇」は「出会う」で、千年に一度の巡り合いを表しているというのが一般的な解釈。しかし一方で、載を年ではなく、数の単位とする説もあり…


本日の新着記事を読む