牝馬三冠最終戦は断トツの一番人気候補だったオークス馬・シンハライトが回避。混戦模様となっているが、なかでも一枚抜け出しているのが前哨戦、紫苑Sを勝利したビッシュだろう。また、前走こそ11着に惨敗したものの、桜花賞馬ジュエラーも叩いて一変を…


本日の新着記事を読む