すべてはファミスタからはじまった…俺たちの「野球ゲーム」30年史

 1986年12月、伝説のゲームが産声を上げた。少年たちは夢中になってコントローラーを握り、クラスメートや兄弟と腕を競い合うことになる。あれから30年。このゲームを超えるべく、数々の野球ゲームが誕生した。懐かしくなること間違いなし!

 子どもたちのライフスタイルを激変させたファミリーコンピュータ(ファミコン)の登場から3年が経った、1986年の12月。メーカー各社のかき入れ時とも言えるクリスマス商戦の話題を、ナムコ社製(現・バンダイナムコエンターテインメント)の、とあるソフトが独占した。

 累計販売本数205万本という驚異的な売上を記録したそのソフトこそが、今なお“ファミスタ”の通称で親しまれる『プロ野球ファミリースタジアム』だ。あとに続いたすべての野球ゲームの“原点”になったと言っても過言ではない、ファミコン史上に燦然と輝く名作中の名作だ。

 2万本を超えるゲームソフトを保有するファミコン芸人のフジタ氏は、この『初代ファミスタ』が世に出た当時の衝撃を、こう振り返る。「とにかくゲームとしての完成度が抜群に高かったんですよね。何しろ当時は任天堂が出していた『ベースボール』が唯一の野球ゲームという時代。オートだった外野守備が自分でできるっていうだけでも画期的でしたし、“ぴの”をはじめ登場する選手に、ちゃんと個性があるのも斬新でした。

 タイトルに“ファミリー”とついているだけあって、初心者でも、ちょうどいい案配でプレイできる操作性のよさも、他とはまったくモノが違いましたしね」事実、ファミスタの“二匹目のドジョウ”を狙った80年代後半からの野球ゲームブームでは、参入メーカーの多くがファミスタを模したシステムを採用した。それまで『ベースボール』の独壇場だったニッチな市場は、ファミスタとは似て非なる“亜種”の乱立によって、にわかに活気づくことになっていく。

 前出のフジタ氏は言う。「言ってみれば、当時出たソフトのほとんどがファミスタの二番煎じ。しかも、そのどれもが“元祖”を超えるまでには至らなかったんです。第2弾の『87年度版』なんて初代の外箱にシールを貼っただけの“手抜きパッケージ”だったのに、130万本も売れたわけですから、状況的には完全にファミスタの独り勝ちでした。その間には、のちに“パワプロ”(『実況パワフルプロ野球』)シリーズでジャンルを席巻するコナミも、『エキサイティングベースボール』というディスクシステム用ソフトで初参入していますが、まったく勝負になりませんでした」(フジタ氏=以下同)

 ブームが本格的になる89年までの3年間でファミスタが売り上げた本数は、シリーズ3作で実に500万本弱。同時期の発売で社会現象にまでなった『ドラゴンクエスト3 そして伝説へ…』が約380万本だったことからしても、その絶対王者ぶりは容易に想像がつくだろう。

「そんな中、唯一ファミスタに匹敵するメガヒットとなったのが、今では“クソゲー”としても名を馳せる『燃えプロ』(『燃えろ!!プロ野球』)でした。ゴロの打球が異常に速かったり、“バントホームラン”に代表されるトンデモ設定が多々あったりと、ゲームバランスの悪さばかりが強調されがちですが、エンタメ性はかなり高かったですし、テレビ中継をファミコンのスペックで再現してやろうという試みも、すごく野心的だった。そういう意味では、ファミスタとは一線を画した名作と呼んでも差しつかえはないですね」(フジタ)

 一方、PCエンジンで独自路線を突き進んでいたハドソンの『パワーリーグ』や、ファミスタと『燃えプロ』のいいとこ取りで人気を博したタイトーの『究極ハリキリスタジアム』。プレイヤー自身が監督目線で采配を振るう『ベストプレープロ野球』(アスキー)などなど、のちにシリーズ化される人気作があらかた出そろった89年以降になると、いわゆる王道からは外れた“変化球”な意欲作も、続々とリリースされた。

 ジャンルとしての野球ゲームは、ますます盛り上がりを見せていった。「とりわけ僕が気に入っているのが、カルチャーブレーンから出ていた『超人ウルトラベースボール』(89年)というソフト。場外ホームランをスーパージャンプでキャッチしたり、デッドボールでバッターを粉砕したり、ピッチャーもろともセンターまで吹っ飛ばしたり……と、文字通りの超人的なワザがテンコ盛りの“バカゲー”です。ちゃんとした野球がしたい人からすると邪道以外の何物でもないですけど、当時はその手のソフトもわりと出ていて、バリエーションはかなり豊富だったような気がします」

『超人~』だけで、なぜか3000本も個人所有しているというフジタ氏は、さらに続ける。「たとえば、北米版のファミコン『NES』で91年に発売された『ベース・ウォーズ』というソフトは、ごく普通の野球ゲームと見せかけて、クロスプレーになった瞬間、格闘ゲームに切り替わるっていうトリッキーなシステムを採用していましたし、数年後に『ストリートファイター2』で一世を風靡することになるカプコンは、88年のクリスマスイブに『プロ野球?殺人事件!』という、よく分からない謎のアドベンチャーゲームを出しています。内容に至っては、江川卓と思しき主人公の“いがわすぐる”が日本中を飛び回って、自分に着せられた濡れ衣の真相を解き明かしていく……という、もはや野球である必然性すら、まったくないゲームでしたね(笑)」

 裏を返せば、粗製濫造の極みでもあった“野球ゲームブーム”は、93年に開幕するJリーグなどの影響で陰りを見せ始めた野球人気とともに、次第にフェードアウトしていったのだ。明らかな供給過剰に陥った大量のソフトたちは、巷の中古ゲーム市場ですら、いくらにもならず、二束三文の安値で買い叩かれるハメにもなるのだった。

「流通量が多いうえに、購買層がある程度固定されてしまっているスポーツジャンルのソフトは、中古市場でも、ほとんどプレミアがつかないことで有名なんです。だから、途中でカセットの色が赤から黒に変わった『燃えプロ』にしても、色が違うからレアにはなってない。僕の知る限りでも、高値で取引されているのは、90年にサン電子から出た『なんてったって!!ベースボール』ぐらい。ちなみに、このソフトは親カセットに差し込むデータカセットを入れ替えることで、半永久的に遊べる“ツインカセットシステム”という方式を採用していて、プレミアがついているのは2種類ある、このデータカセット。モノによってバラつきはありますけど、いまだに2万円前後で取引されています」

 その後、サッカー人気に押されて一時的に衰退した野球は、98年に彗星のごとく現れた松坂大輔というヒーローの活躍によって見事に復権。完全にブームの去ったゲーム業界でも、時を同じくして“絶対王者”ファミスタに取って代わる新勢力が台頭する。

 それこそが、先にも触れたコナミの『実況パワフルプロ野球』シリーズ。いわゆる“パワプロ”だ。「レトロゲームが好きな僕としては、そんなに思い入れはないですが、ファミコン時代に各社がしていた、いろんな試行錯誤を、うまい具合にアップデートさせた集大成がパワプロという感じはしますよね」

 タイトル通り、試合中の実況と、高低差が加えられた打撃が革新的であった。「試合の実況にしても、試合ごとに変わる選手のバイオリズムにしても、もとはと言えば、燃えプロシリーズがやろうとしていたことですし、パワプロでメジャーになったミートカーソルの概念も、『スーパーリアルベースボール』(バップ)あたりが88年の時点で、それに近いことをやっている。この『スーパー~』は、いちいちAボタンを押さないと選手が守備をしないという致命的な欠陥のあった“クソゲー”の一つではありますけど、近年では当たり前な全選手実名の先駆け的なソフトでもあります」

 件のパワプロシリーズに加え、リアル志向の『プロ野球スピリッツ』シリーズでも、野球ファンの心をガッツリつかむコナミの天下は、この先も揺らぐことはないだろう。だが、“一強”であるがゆえに、その殿様商売ぶりに対しては根強い批判の声があるのもまた事実。2代目“絶対王者”パワプロの牙城を崩すという意味でも、ファミコン時代のようなチャレンジングな野球ゲームの登場に期待したい。

本日の新着記事を読む