人生一発逆転! デイトレーダーを筆頭に大金を稼ぐ「個人投資家」転職のススメ

 英国のEU離脱に始まり、中国の景気低迷、国内に目を向ければ、日経平均は、ここ数か月1万6000円台の横ばいになっている。景気は踊り場にあり、政府は28兆円規模の経済対策を打ち出したが、我々、庶民の生活は楽になるのだろうか? 不安なので、自分でどうにかするしかないと「個人投資家」への転職が思い浮かんだ本誌記者は、活躍中の有名個人投資家の方々にお話を聞いてきました。

「地合いが悪いほど、一銘柄に集中しやすくなります。一銘柄に集中して急騰する株式が年に何回か現れます。それがチャンス」と語るのは、“株式投資で億稼ぐ女”東大卒トレーダーのウルフ村田(村田美夏)さん。

 急騰株の代表的な銘柄は、最近で言えば、最新スマホゲーム『ポケモンGO』の大ヒットによる任天堂関連銘柄だ。全米でのヒットと日本での配信開始を受け、任天堂は一時、前日比6.96%高の2万9920円まで上昇した。ポケモンGOに関する提携を発表した日本マクドナルドホールディングスの株価は一時、前日比9.1%高の3790円まで上昇。

「“ポケモンGOが米国で人気”と7月に報道されましたが、投資家には、そのニュースはゴングが鳴ったように聞こえました。株式チャートを見ると任天堂は下値ヨコヨコチャートです。関連銘柄として、マクドナルドの他、任天堂の大株主・京都銀行、子会社が大阪の大型複合施設『エキスポシティ』で、『ポケモンEXPOジム』を運営するサノヤスホールディングスなどが動きそうと考えて初動に乗る(投資する)んです」 ウルフ村田さんの投資手法は長期的な視野の配当銘柄ではなく短期・急騰株だ。

 投資家の注目が集まりそうなニュースなどをきっかけに銘柄を選び、その銘柄の株式チャート(月足、週足)を見て、チャートが横ばいになっている下値ヨコヨコチャート、もしくは急落している株価すべり台チャートで、なおかつ時価総額の小さい銘柄に投資。時価総額が小さい銘柄は、投資資金が流入することで、2~3倍になりやすいためだ。ウルフ村田さんは、こうした銘柄の「初動に乗れ」と言う。ラッキーなことに、初動の銘柄を見つけやすいメディアも発達している。SNSのツイッターだ。

「これまではタイムリーなつぶやきは、それぞれのブログやヤフー! ファイナンスに分散していましたが、ツイッターでは惜しげもなく、トレーダーたちが初動に動きそうな銘柄をつぶやいている。トレーダーたちは自分が最初に急騰株を見つけたと競いたい習性があるために、どんどん情報を出すんです」

 だが、ツイッターに、おいしい話などあるのか? 「相場歴ウン十年の私が苦労して得た情報量を凌駕するものを簡単にSNSで入手できてしまうんです。トレーダーのつぶやきを見て、投資すべき銘柄を他人任せにできる“銘柄カンニング”ができてしまうんです」 たとえば、ツイッターで囁かれていた任天堂関連銘柄の京都銀行は600円から894円の1.5倍の上昇だったが、サノヤスホールディングスは200円を切っていた株価が一時期、800円まで上昇した。

 ただし、初動で株価が大きく動かない銘柄もある。また、上昇してもどこまで上昇するか不安な銘柄も。「オススメしているのは初動では、持っていたい株式の2倍の株数を買い、ある時点で、その半分を売って利益を出してしまう方法です。まだまだ上がりそうであれば買い直せばいいし、または、利益を次の急騰株の初動に乗る資金にするんです。思ったように上がらなければ売ってしまい、損を抱えないことが大事です。私がこれまでに見てきた儲ける投資家は、INとOUTが早いんです」

 任天堂は7月22日夜、ポケモンGOの連結業績への影響は限定的で、現時点で業績予想を修正しないと発表し、発表を受けた25日には任天堂株はストップ安まで売られた。儲ける投資家は含み損を抱える投資をしない。「将来、上がりそうと考える戦略的な含み損はいいですが、やはり、いざというときには株よりキャッシュ(現金)です」

 任天堂銘柄には投資しなくても儲けるのは可能。『年収300万円掃除夫の僕が1億円貯めた方法』を上梓した元掃除夫・www9945さんの手法は短期・急騰株ではなく、配当銘柄だ。

「ゲームはやらないし、分からない私がアミューズメント業界の未来予測は難しい。私が投資するのは、シンプルな構造で分かりやすい銘柄なんです」と語る。www9945さんが投資しているのは、センチュリー21・ジャパンに日本エス・エイチ・エルの2つだ。

「センチュリー21・ジャパンは、誰でも看板を見たことがある、不動産賃貸の会社ですが、フランチャイズビジネスで手数料が売上となる仕組み。私が投資する際に重視するのは、(1)ゆるやかに上昇している月足チャート(2)配当利回りがよく、増配基調(3)ROA(使った資産に対して、どれくらいの利益を出したのか)(4)借金が少ない(利益剰余金の10%以下)の4つです」

 センチュリー21・ジャパンの場合、2014年の配当金は30円、15年は40円、16年は45円と、ゆるやかに増配が続いている。配当利回りは3.4%で、一般的に8%程度で、10%が優良といわれるROAは14%。借金ゼロだ。

 日本エス・エイチ・エルについては次のように話す。「同社は採用試験や社内適性試験を行う会社です。人事、採用のアウトソーシングの会社で、アウトソーシングの会社は効率がいいところが多いです。15年の売上高営業利益率は41%と効率がいい。14年92円、15年98円、16年98円と、ゆるやかな増配傾向。配当利回りは3.5%。ROAは15%で借金ゼロです」 同氏が他に注目するのは、官公庁や企業の福利厚生業務の運営代行を行う企業・ベネフィット・ワンだ。

 www9945さんは安定成長株へ投資し、憧れの配当生活を送っているが、当初は“1億円貯めて配当金や利息で暮らして退職したい”という夢を持つ、短期勝負の投資家だった。「もともとはギャンブル好きで、株式のチャート分析をしていましたが、清掃員として働いていたときに持ち帰り弁当『ほっともっと』を展開するプレナスを知り、投資しました。ちょうど首都圏への出店戦略と重なり、平均取得単価は1300円だった株価は2600円と2倍になったんです。手取り給与額の35%を株式投資に回してきました。清掃用具を見て、消耗品に特化した米国株のスリーエムに投資したこともあります。このときは80ドルで買い、100ドルで売りました。こうした投資で確信したのは、人の意見よりも自分の目で判断できる身近な会社のほうが儲かるということです」

 割安な株式に投資を続け再生医療のiPS(人工多能性幹細胞)ブームのときには、「シームレスカプセル」技術の製造ノウハウを持つ森下仁丹に投資。アベノミクス相場では株価は560円から1200円に上昇。www9945さんは目標の1億円どころか2億円以上の資産を有し、清掃会社を退職し、憧れの配当生活を手に入れたのだ。

 有名な専業デイトレーダー・むらやんさんは次のように話す。「私の場合、株価の値上がりと値下がりランキングをチェックします。生まれて初めての株式投資も、その手法でした。その日、値下がり率が東証1部で1位の『イトーヨーカ堂(現在はセブン&アイ・ホールディングス)』を買いました。

 その理由は“こんな有名な企業が10%も下げるとは大変なこと! 多分上がる……”というもの。材料や地合い、日経平均などはまったく気にしていなかったので、今思えば恐ろしい話ですが(笑)」 情報を集める基本的なツールとして、むらやんさんもツイッターを勧める。

「プレスリリースをきっかけに、ある株価が急激な変動をした場合、当初はいったい、なぜなのか分からないことがありますが、発表後、すぐにツイッターに掲載されることもあります」ツイッターのつぶやきが集中するような全員集合銘柄が出てくるのを待ってから、投資するのが効果的かもしれない。

 最後に株式投資に向いている人、向いていない人について3人にうかがった。むらやんさんは、「負けを認める性格が望ましい。完璧主義者だと損切りもできない」

 ウルフ村田さんは、「トレーダーにはパチプロ経験者が多いようです。一般人は“上がるといいな”という期待だけで投資してしまうんですが、パチプロは“期待値で投資する”ことが身についていることが大きい。相場に惑わされず、冷静に分析ができるかどうかが重要です」 反対に、株式投資に向いていない人とは、「勝てないのに、勝てない投資法にいつまでも固執する人ですね」(前同)

 www9945さんは、「向いていない人は私の言うことを丸ごと信じてしまう人。頭を使いたくない、銘柄だけを知りたいと思う人は厳しいですね」と語る。

 自分にあった株式投資方法を見つけることが重要だ。

※本記事の情報は取材日(ウルフ村田さん:8月5日、www9945さん:8月8日、むらやんさん:8月4日)時点の情報で作成。正確性、完全性、有用性について保障するものではありません。あくまで目的は情報提供であり、投資対象の選択等の最終決定は自己責任で、ご自身の判断でお願い致します。

本日の新着記事を読む