川谷絵音に田村淳、女性を不幸にする“疫病神男”が芸能界に増えている!?

 タレントのベッキー(32)とのゲス不倫騒動が話題になった、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)が、タレントのほのかりん(20)と半同棲状態のうえ友人を含めたグループで温泉旅行に出かけたと、9月29日発売の週刊文春が報じた。ほのかは中学生の頃からファッション雑誌のモデルとして活躍していて、最近は『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)や『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日系)などに出演し、女優やタレントとしても活躍の幅を広げていた。しかし二人の交際のキッカケが“三軒茶屋の会員制バーでの出会い”だっため、未成年にもかかわらず飲酒させていたとも報じられてしまった。ほのかの所属事務所はバーでの飲酒は否定したものの、「本人に聞いたところ、(違う日に)飲酒した事実はあった」と説明。レギュラー出演していた『Rの法則』(NHK Eテレ)と出演予定だった舞台『Luna Rossa』を降板することになってしまった。今では川谷は、不倫騒ぎで休養に追い込まれたベッキー、離婚することになった元妻、そしてほのかりんと、関わった女性が次々と不幸になっていくことから、芸能界ではつきあった女性の運気を下げる“疫病神”みたいな男と呼ばれているようだ。

 一緒にいる女性が不幸になってしまう男性芸能人は、川谷の他にもいる。元俳優の高知東生(51)は2016年6月24日の朝、クラブホステスの女性とともに薬物を使用したとして逮捕された。逮捕当時の妻だった女優の高島礼子(52)とは、1999年2月に結婚。俳優の仕事がほとんどなく、一時は“ヒモ夫”などと世間から揶揄されることもあった。それでも高島は「(夫婦で)お互い尻をたたき合い頑張っています」と夫を支え、そんな妻の想いに応えるかのように、高知は昨年6月から難病に苦しむ高島の父親の介護を理由に俳優を引退。“女優として活躍する妻を支える夫”というイメージがあったのだが、その陰で女遊びにふけっていただけでなく、薬物にまで手を出していたというわけだ。

 高島は夫の逮捕後の6月30日、記者会見で「彼のやったことはあまりにも大きな罪。裏切りでもある。許せるかというレベルの問題でもなくて重大なこと」と厳しい表情で語っていたが、離婚に関しては言葉を濁していた。しかし高島はその時点で大手企業4社のCMに出演していたため、もし離婚しなければ契約は打ち切りになり、2億円以上の違約金が発生してしまう可能性があった。また、出演中の連続ドラマに加え、今後出演予定のドラマも3作品あり、離婚しないままでは、そちらも危うかった。結局、高島は8月1日、離婚届を提出したことを公表するのだが、事件によるイメージダウンは完全に免れることはできず、今後の芸能活動にも大きな影響を与える結果になってしまった。

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳(42)は芸人ナンバーワンのモテ男と名高かったが、相手の運気を下げてしまう“疫病神”としても有名だった。元カノでタレントの藤崎奈々子(38)、若槻千夏(32)はつきあっていた当時はバラエティ番組で活躍していたのに、徐々に露出が減っていき、ほとんどテレビで目にすることがなくなってしまった。他にもタレントの坂下千里子(40)、グラビアアイドルの三津谷葉子(31)、女優の中越典子(36)、歌手の安室奈美恵(39)、モデルの矢野未希子(29)らと浮き名を流してきたが、いずれの恋も短期間で終わっている。もしかして、女性たちが田村の負のパワーを感じて逃げてしまったのかもしれない。

 田村は2013年9月に元タレントの一般女性と結婚。自身がレギュラー出演するバラエティ番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の生放送で二人そろって結婚を発表し、その翌年、ハワイで挙式をあげた。10月27日、自身のツイッターで待望の第一子となる娘の誕生を報告したばかりの田村だが、今度こそ妻の運気を下げる“疫病神”にならず、幸せな家庭を築いてほしいものだ。

 不思議なもので、痛い目にあってもダメな男ばかりを好きになってしまう女性は少なくない。“疫病神”みたいなダメ男には、そんな女性をひきつける特有のフェロモンがあるのかもしれない。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!