アドリブ兄「パチ&スロ 軍資金3000円で巨万の富を目指す男」
第19回 番外編「2016年一番稼げなかった機種」

 日刊大衆をご覧の皆様、十九度目まして! たったの3000円を元手に、パチ&スロを打って勝利の山を築き、「巨万の富」の実現に向けて戦い続ける当コラム。2016年もあとわずか、ということで、今回は特別編、昨年同様に「今年の収支の足を引っ張ったワースト機種」を振り返ってみたいと思います!

 パチンコ&パチスロの収支管理アプリで、自分の今年一年の収支を見てみると、これがほぼトントン。ごめんなさい、実はたいして負けていません。こちらのコラムを読んでいただいてる方には、詐欺みたいなもんですよね。でも、なぜかここでの実戦でだけは、まるで良いところがないんです……。

 というわけで、今年はどの機種でも飛び抜けた勝ち負けがほぼないのですが、その中で唯一の例外が……。1機種だけ飛び抜けた額の収支ワースト台が存在してました! さっそく発表しましょう。今年の収支ワースト機種は!

第1位 『CR牙狼 魔戒ノ花』
収支:-145000円

 ですって! はい、多くのパチンコホールの看板を務めた、パチンコの超人気機種です。ちなみに、昨年は『パチスロ北斗の拳 強敵』の-92700円でしたから、個人的にはかなりヤバイ額です。こんなに負けた理由は簡単。
「何百回転と回しても当たらない」
「ようやく当たっても、ST(回数制限の確変)に入らない」
「なんとかSTに入っても、当たらずスルーしてしまう」
という見事な三拍子がそろっているから。ちなみに、今年『牙狼』を打って、STに入ったのは1回しかありません。この機種さえなかったら、収支はかなりの黒字になっていたはず。悔しいので、いつの日か絶対にリベンジしてやりますよ!

 ……ってちょっと待った。この機種は、MAXスペックのパチンコ台。つまり、2016年いっぱいでの“完全撤去”が決まっています。気づけば2016年も残り数日。いやいや、これは「いつの日か」とか言っている場合じゃないぞ。もうじき『牙狼』に、触ることすらできなくなる。

じゃあ、いつやるの?

………。

 ……ゴホン、失礼しました。とにかくすぐさま、なんとしてでもリベンジしてやらねば! これまでホールを長きにわたり支えてきた『牙狼』シリーズ。「これまでお疲れ様でした」という感謝の思いを胸に、「僕のお金を返して!」と怒りをぶつけてやります!

 ということで、今回は番外編。2016年一番やられた機種『牙狼 魔戒ノ花』から145000円を取り戻すべく、勝つまでとことん勝負してやります!

 さぁ、打つと決まったら取るべき行動はひとつ。覚悟を決めていざホールへ!

『牙狼 魔戒ノ花』のスペックはご存知の通り、大当たり確率が約399分の1で、ST突入率は53%。ひとたびSTに突入すれば継続率は約77%、連チャン中の出玉はすべて2000発と、まさにハイリスクだけど夢がたっぷりの1台。

 僕がどんなに負けていても『牙狼』を打っちゃう理由は、「一発当てれば何とかなる!」と思えちゃうこと。よくパチスロを打って5万負けてから、「お願い牙狼、2万発出して!」と祈りながら着席したものです。結果はマイナスを増やすばかりでしたが。

01
(C)2005 雨宮慶太/Project GARO (C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル (C)「呀」雨宮慶太/東北新社 (C)「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社 (C)2010-2014 雨宮慶太/東北新社

 ホールに着いて、選んだのは108回転でヤメられていた台。なんだろう、今までさんざん心を折られてきたのに、あらためて向き合うとワクワクしかしないこの感じ。よし、いくぞ!

 ……と、5000円打ったところで、0回転の朝イチ台が残っていることを発見。せっかくなら、真っ白な台で勝負したいよね。ということで、台移動。

 気持ちをリセットして再スタート。すると打ち始めて1500円使った23回転目、ザルバ保留からリーチに発展。「いやぁこんなリーチじゃ牙狼は当たんないんだよなぁ」なんて思っていたら……。

02

 プーゥプーゥプーゥプーゥプーゥ……ガォォン! 

03

 ほぇ? 当たっちゃったよ! 当たると思わなかったから、ちゃんと見てなかったよ!? いきなりでビックリしちゃったけど、総投資6500円での初当たりはデカいぞ。結果オーライ、台移動は大正解だったということでいいんじゃないでしょうか!

 ただ、残念ながら大当たり中のバトルには敗北。53%よりも47%のほうが簡単に引けるよね……などと自分の中で妙に納得していたらば、時短中まさかの12回転目で再び大当たり! 時短に見えても内部的には確変状態だったのか(10%だけ可能性アリ)、399分の1をもう1回引き当てたのかは分からないけど、とにかくラッキー!

 時短中の大当たりだったので、念願のST突入は確定。ためにためていた陰我(これまでに負けたお金)を今こそ解き放つんだ!

04
05
06
07

 ……あ、あれれ……? 主人公の冴島雷牙は、まるで短距離ランナーかのごとく、161回転のSTを駆け抜けたのでした。「ST中にホラーに出会わないとか、なんて平和な街でパチンコを打っていたんだろう。もっとギラギラ欲望うごめく街で打ったほうが良かったのかな?」なんてよく分からない後悔をしてしまうほどの衝撃。

08

 ここで冷静に考えてみると、手持ち3448玉あるので現段階ではプラス域。ここでヤメたら勝ち逃げできるけど、今回の目的は「リベンジ」。この内容で納得いくわけがない! 当然の実戦続行を選択しますが、何事もなく3448玉はあっさり消滅。

 この流れはヤバイ。尻すぼみの空気を変えるため、またも台移動を決意します。

 166回転でヤメられていた台に座り、3000円使った217回転目。心滅ゾーンから心滅リーチへ発展し、フェイスオブガロが黄色→緑→赤→レインボーまで発展……えっレインボーってプレミアムだよね? つまり当たり確定だよね!!

09

 はい、もちろん大当たり。こんなに安心した気持ちで見届けたリーチはそうそうないぞ!

 しかし、残念ながらまたも大当たり中のバトルに敗北。時短に突入……と思いきや「呀ゾーン」(実はSTだったよ演出)に突入。さっきは走り抜けたからね……今回は頼むよ!

10

 うっ……嘘だぁぁぁぁぁぁぁああああんん(涙)。

 通常時の大当たり確率399分の1を当てておいて、ST中の109分の1が当たらないって何? たまーにあるなら受け入れられるけど、ほぼ毎回この仕打ちって何? ねぇ、生きるって……何!?

 答えが得られないまま打ち続けて、迎えた216回転目。疑似連が3回続き、出てきた文字が「Victory」! これもプレミアムだよね!?……つまり大当たり確定! 持ち玉でまたも大当たり。そしてこれが見事にSTに突入。まさに完璧な流れ!

 ここでピンときました。「あぁこれ、今まで逃していた運を一気に回収するヤツだ。で、最後に感動のエンディングを迎えるヤツ。……そうだよね、そんな簡単にリベンジできたら物語が面白くならないもんね。オーケー、準備はできたぜ?」

11

 ただ、現実は3連で終了。なに、この中途半端で面白みのない結末。どう考えても「リベンジ」には出玉が全然足りていない。

 でも、ちょっと考えてみよう。ほんの数時間で、約399分の1を4回も当てて、そのうち3回でST突入をモノにしている。確率は一日で収束するものではないとは理解しているけど、これ、ちょっとうまく行きすぎてないかい?

 じゃあ、このまま打ち続けたとしてどうなる? もう当たらないかもしれない。当たってもSTに入らないかもしれない。ST入っても何事もなくスルーしてしまうかもしれない。しかも、今持っている出玉を全部ノマせて、結果大敗してしまおうもんなら、もう後悔しかない! 三拍子そろった懸念事項に、さらに一拍子が追加され、もはや心は固まった。

 よーし、今日はこのくらいにしといたらぁ!

12

 出玉を流してみると6177玉獲得。トータルの投資額は9500円なので、14500円のプラスです。くしくも、今年『牙狼』で抱えた負債145000円に0が1つ足りませんでしたが、MAX機種との最終戦を勝って終えられるのが個人的には大きい!

 あと、5000円で台移動した1台目はさておき、移動後の2台目は1500円、3台目は3000円と、いつもの「軍資金3000円」内で当てることができたのも素晴らしい結果。うん、これは良い思い出ができたぞ。ありがとうMAXタイプ!

プルルルル……プルルルル……
「編集のBだけど。結果のメール見たよ」
「ありがとうございます! 額は足りませんでしたが、ちゃんと勝ちましたから、一応リベンジ成功ですよ!」
「『牙狼』打ったんだよね?」
「はい」
「MAXタイプだよね?」
「はい」
「オレ昨日、甘デジの『ダンバイン』で20000円勝ったけど」
「…………プチッ(電話を切る音)」
ップーップーップー……

今回のギャラ:+14500円
今回の反省点:MAXで悪戦苦闘しても、稼ぎは甘デジクラス。

 今年1年、おつきあいいただきまして、ありがとうございました。 それでは皆様、良いお年をっ!

(次回に続く!?)

本日の新着記事を読む