綾瀬はるか、坂上忍にピコ太郎まで!「芸能界長者番付」最新ランキング

 わずか数日で、一般的なサラリーマンの年収分を稼ぎ出すことも稀ではないのが、芸能界。そんな世界で、トップを張る売れっ子芸能人がどれぐらい稼いでいるのか、気になるお父サンのために、本誌取材班が、みんなまとめてHOW MUCH!

■芸人・タレント篇 さんまCM出演拒否の“理由とは?

 まずは、「芸人・タレント篇」から見ていこう。ギャラ総額推定13億円(本誌独自取材=以下同)と、ビートたけしが断トツのトップだ。「たけしを含む、さんま、タモリの“ビッグ3”は基本的に番組1本のギャラが300万円。放送される時間帯や、レギュラーか特番かの違いで多少の凹凸はありますが、このラインから大きく外れることはありません」(テレビ局関係者)

 たとえば、週に7本のレギュラー番組があるたけしの場合、300万円×7=2100万円。年間50週の放送があれば、その50倍。単純計算でテレビだけで約10億円以上。そこに1本1億円といわれるCM契約料が上乗せされるわけだ。芸能リポーターの川内天子氏は、こう話す。

「たけしさんはCM出演料をダンピングしないことで有名です。ギャラ1億円は譲らない。これは吉永小百合さん、高倉健さんクラスのギャラですが、強気に交渉してダメなら決裂。そうやってタレントとしての価値を守っているわけです」

 もちろん、この高額ギャラは、これまでの実績があればこその話。「テレビ局は前例主義ですから、一度上がったタレントの出演料は簡単に下げられないんです」(芸能記者)

 ビッグ3の残る2人は、ランキング下位に沈んでしまったが……。「タモさん(8位=推定6億5000万円)は、『笑っていいとも!』が終わったのが痛手。ただ、今までは稼いでも使う暇がなかったわけですからね。今夏、320万円する豪華客船の船旅を奥さんと楽しんでいたように、これからは奥さんとゆっくりとした時間を過ごすんでしょう」(前同)

 一方の明石家さんま(9位=推定6億円)は、CM契約社数ゼロが、ランクを下げた大きな要因だ。「さんまさんはラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で、“一生、CMやりません”と言い切っていますからね。過去にCMに出演した際、吉本興業の取り分が大きすぎて、嫌気が差したそうです」(同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5