2月26日、阪神競馬場で弟・幸四郎が20年の騎手生活に別れを告げました。レース後も引退セレモニーでも、涙は一切なし。笑顔、笑顔、笑顔の引退式は、いかにも幸四郎らしいものだったと思います。

 1997年3月1日、初騎乗。乗せていただいた馬は、亡くなった父・邦彦も、僕もお世話になっている松本好雄オーナーのメイショウユリヒメ。そして最後も松本オーナーの愛馬、メイショウオオカゼ。縁という言葉をはるかに超えた、人と人の確かな結びつきには、兄として、先輩騎手として、感謝の言葉しかありません。

「幸四郎ーッ!お疲れさま!」 最終レースが終わっても引退式のために残ってくださった、たくさんのファンの温かい声に包まれながら鞭を置いた幸四郎は、本当に幸せだと思います。もしも亡くなった親父がこのシーンを見ていたら……「幸四郎にしては出来すぎやろう」と顔をくしゃくしゃにしていたかもしれませんね。

 初勝利がデビュー2日目の重賞、マイラーズカップというド派手なデビューを飾り、JRA通算9121戦693勝。馬に人に、数多く教えられながら、勝負の世界で20年生きてきた幸四郎は、この日から調教師という新しい道を歩むことになりました。

 調教師時代、親父が苦労する姿を見た僕は、「オレには無理やな」と思いましたが、幸四郎はその逆のことを感じていたようです。とはいえ、騎手と調教師は似て非なるものです。これから、思いもしなかった苦労をすることになるでしょう。でも、幸四郎なら、その壁を一つ一つ乗り越えていってくれると思います。そして、いつか……そう遠くない、いつか……兄弟で喜びを分かち合える日が来ることを願っています。

 えっ!? 僕の引退ですか? 同じ日、50歳のバースデーをフィールドで飾ったサッカーの三浦知良選手が、次は60歳を目指してと話していたように、僕も50歳、60歳を現役で迎えたいと思っているので、引退はないですね。

 引退しません宣言をしたところで、今週の騎乗です。今週末11日は、中京競馬場でG2「金鯱賞」(芝2000メートル)。日曜日は中山競馬場で、G3「中山牝馬S」(芝1800メートル)に挑む予定です。

 騎乗馬は前者が初コンビとなるリアファル。後者は、これまで僕とのコンビで7戦して1着3回のトーセンビクトリー。幸四郎とのコンビでは2戦2勝と武家と相性の良い馬です。

 今年から、優勝馬にG1「大阪杯」の優先出走権が与えられる「金鯱賞」は、あのサイレンススズカで2着を11馬身もちぎった思い出のレース。これまで一度しか勝っていない「中山牝馬S」も、その1勝が、父・武邦彦厩舎のショウリノメガミで挙げた白星ですから、両レースとも僕自身の気合乗りが違います(笑)。

「ぜひ、ウチの馬に乗ってほしい」 武幸四郎調教師にそう言ってもらえるように、これからも頑張ります。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!