清宮幸太郎だけじゃない!センバツ甲子園「スーパー球児」たち

 待ちに待った球春の到来。何かと注目されるのは“怪物”の本塁打記録だが、相対する選手たちも、屈強の猛者ぞろいだ!

 いよいよ3月19日からスタートした春のセンバツ高校野球。今大会最大の見どころといえば、やはり早稲田実業の清宮幸太郎だろう。出場校が決まった頃から、新聞やテレビなどは、どこも清宮一色だ。「すでに高校通算79本塁打を達成していますからね。100本越えも決して夢ではなくなってきています」(スポーツ紙記者)

 確かに、清宮がラグビー界の至宝と呼ばれたヤマハ発動機の清宮克幸監督を父に持つ“スポーツエリート”であることは間違いない。小学1年のとき、夏の甲子園で、早稲田実業と駒大苫小牧の決勝戦、つまり斎藤佑樹と田中将大が激突した「引き分け再試合」の激闘を目の当たりにして野球に目覚めた清宮は、小学4年で東京北砂リトルに入団。小学生の頃から、両翼70メートルのグラウンドの外野フェンスを軽々と越える特大弾を連発していたという。

「あの王貞治氏が、“打球を遠くに飛ばすコツは、教えて身につくものではない。天性のもの”と言っていたのを聞いたことがあります。清宮は、まさに天才スラッガーと言うにふさわしい逸材でしょう」(前同)

 一方、高校野球に詳しい専門誌『野球太郎』の持木秀仁編集長は言う。「パワーだけで飛ばす子どもは、得てして大きくなるとタイミングが取れなくなっていく傾向があるんですが、彼の場合、それはありませんでした。高1がピークとの声もありましたが、その後も順調に伸びているのは彼の努力の結果です」 才能だけではない“努力の天才”だと評している。

 ただ、その天才にも“欠点”はある。「どうしても、ボールを迎えにいくクセがあるんです。だから、アウトコースに逃げていく球が来ると、泳がされてしまう。清宮にとって不運なのは、あまりに注目度が高すぎるために、その弱点も、あっという間に知れ渡ってしまうことでしょう」(同)

 昨秋の大会で5打席連続三振を食らったことも大きく報じられ、「清宮攻略法」がメディアにも分析されてしまったのだ。しかし、スポーツライターの手束仁氏は、こう言う。「清宮が、このピンチをいかに乗り切っていくのかが、真のスーパースターになれるかどうかの試金石です」

 つまり、この春の選抜こそが、清宮の真価が問われる“時”なのだ。そう考えると、今大会は、ますます清宮から目が離せないということになるが、注目すべきは清宮だけにあらず。「今年のセンバツは“打高投低”。多くの好打者が顔を揃えているのが特徴です」(前出のスポーツ紙記者)

 清宮にも匹敵する打者たちとは、いったい、どんな顔ぶれなのか。まずは、清宮のチームメイトから。「早実は清宮が倒れても、次にもっと凄い打者が控えている。そこに強みがあるんです」(前出の手束氏)

 その「凄いバッター」というのが、2年の野村大樹だ。現在は三塁手だが、中学時代は捕手。U-15日本代表にも選ばれただけあって、相手投手の配球を読むのを得意とし、ベンチでも常に相手バッテリーを読み、自信を持ってバッターボックスに立つという。「体は小さくても、勝負強く、バッティングに迫力がある。早実は、野村がいるから清宮を3番に置けるわけです」(前出の持木氏)

 早実と同じ東京で、プロ野球のスカウトや高校野球ファンの熱い注目を集めているバッターが日大三の金成麗生だ(1回戦で履正社に敗退)。米国人の父を持つハーフで、193センチ、101キロは、高校生というよりもプロの体型だ。手束氏によれば、「中学時代は少し線が細い感じでしたが、高校の寮生活でしっかり食事を管理しているんでしょう。練習との相乗効果で、あの素晴らしい体格ができ上がった」 ツボに入れば、140メートル級の大きな当たりを連発するが、「少し精度が悪いのが欠点」(持木氏)とか。

 今大会で清宮と並び称されるバッターが、もう一人いる。履正社の安田尚憲だ。「とにかくボールを飛ばす力があります。今大会に出場する数多くの打者の中で、長距離ヒッターに限れば、清宮と安田が実力的に飛び抜けています」(前同)

 長距離ヒッターではないが、スカウトたちの熱い視線を集めているのが、宇部鴻城の嶋谷将平。「守備範囲が広く、グラブさばきがうまい。中国地区ナンバーワン、いや、それ以上でしょう。打撃もシュアでプロ向き。実際、彼を指名の上位にリストアップしている球団もあると聞いています」(手束氏)

 打者ばかりに目がいく今大会だが、いい素質を持った投手も数多く存在する。まず挙げられるのは、残念ながらすでに敗退してしまったが、前述の“清宮5三振”を奪った日大三の桜井周斗。最速144キロの速球も武器だが、特にプロからの評価が高いのが、清宮を翻弄した切れ味鋭いスライダー。その曲がり方は、「キレすぎてボールにならないか心配」と、プロのスカウトが舌を巻くほどだ。

 そして注目度ナンバーワンと目されているのが、東海大市原望洋の金久保優斗。「昨年は、現ロッテの島孝明投手との二枚看板で投げていましたが、今年は一人でマウンドを任され、ひと皮むけた印象です。島とタイプは違いますが、試合を作る先発としての力は、金久保のほうが上ともいわれています」(持木氏)

 履正社の竹田祐と熊本工の山口翔(1回戦で智弁学園に敗退)も注目に値する。「145キロの直球にスライダー、フォーク、カーブを織り交ぜた竹田の投球は、容易に的を絞らせません。一方の山口は、バランスの取れた体格から繰り出す150キロ近い速球が見もの。熊本には強豪の秀岳館があるので、夏の甲子園に出場できるか分からない。このセンバツで、ぜひ注目したいですね」(手束氏)

 昨秋、13試合で6完封と抜群の安定感を見せた福岡大大濠のエース・三浦銀二の投球も見逃せない。実は彼の場合、古賀悠斗捕手とのバッテリーの安定感が高校生離れしていると評判なのだ「特に古賀君は元遊撃手で、昨年秋から肩の強さを買われて捕手に抜擢された逸材。九州大会で優勝したことからも分かるように、リードも非常にクレバーです」(持木氏) 超高校級バッテリーが、甲子園にどんな旋風を巻き起こすのかに注目だ。

 また今大会では、複数のポジションをこなすプレーヤーが多いのも特徴だと言える。大谷翔平の影響もあるのか、「二刀流、三刀流」を自在にこなす選手が目立っているのだ。その典型的な存在が、大阪桐蔭の根尾昴内野手だろう。中学時代はスキーの全国大会で優勝した実績を持つ彼は、野球でも投手以外に内外野の守備もこなしている。

「中学時代、最速146キロを記録した投手として有名でしたが、高校からは遊撃手にもチャレンジ。今では、その守備力も高く評価され、打撃力も急成長中です」(スポーツ紙記者)

 初出場の至学館でエースナンバーをつける新美涼介(1回戦で市立呉に敗退)は、スタメンでは野手を務める救援のスペシャリスト。「レフトやファーストのポジションもこなせるし、打撃も素晴らしい。彼をどのように使うかが、この高校のポイントです」(持木氏)

 異色とも言えるのが、“投捕の二刀流”健大高崎の小野大夏。本職は捕手だが、その強肩を生かし、145キロの速球を投げる救援投手としても活躍している。

 高いレベルで複数のポジションをこなす彼らこそ、本当の“スーパー球児”とも言えるだろう。清宮以外のスターが現れるのか。この2週間、球児たちの躍動を見逃すな!

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→水曜日のダウンタウン