“記念”という冠のついた2日続けての重賞レース、「鳴尾記念」と「安田記念」は、気持ちとは裏腹に、明と暗がはっきりと分かれてしまいました。 すべてがうまくいったのは、1つ目の「鳴尾記念」です。このレースのパートナーは、ステイゴールドを父に、…


本日の新着記事を読む