高橋由伸監督が逃れられない「巨人軍の根深き闇」

 30億FA軍団の一角が最悪の自滅。選手本人の意識もさることながら強化の体制、上層部の意識も含め、すべてが根腐れした結果なのだ!

 7月11日未明、自らの誕生日に深酒し、泥酔した巨人の山口俊投手が右手を負傷。さらに都内の病院で大暴れし、扉を壊したり、警備員を負傷させるなどのトラブルを起こした。事件が公になったのは、1週間後の18日。この日の中日戦での予告先発が急遽取りやめとなり、その理由として球団から事件の概要が発表されたのだ。その日から、山口は謹慎。

「警察が傷害と器物損壊で捜査中ですが、ナインや関係者が言及を控える中、真っ先に口を開いたのは長嶋茂雄終身名誉監督でした。“巨人軍の選手たるもの、ああいうことをしてはいけない。何があったか分からないが、まずいこと”と、言葉は柔らかいですが、滅多にこうした発言をしないミスターだけに、激しい怒りが伝わってきます」(スポーツ紙記者)

 巨人軍OBの評論家、黒江透修氏も「情けない。巨人の恥だよ」と憤慨しながら、次のように言う。「昔の巨人では“常に紳士たれ”という正力松太郎さんの遺訓を常々、聞かされていた。あんまりしつこいんで“またか”と思ってたけど、その考えは知らず知らず身についていったんだ。今の巨人では、球団も年長者もあまりそういうことを言わなくなり、タガが外れてきたような気がする」

 山口は今年FAで入団しながら怪我で序盤を棒に振り、6月にようやく1勝。だが、その後は3度登板するも0勝1敗と振るわなかった男に、野球解説者の江本孟紀氏も、「あまりにも、自覚がなさすぎます。お酒を飲んで暴れる体力があるなら、もっと練習せえ、と言いたい」と呆れ果てる。

「球団はなんとか示談に持ち込みたい構えのようですが、相当に被害者の心証が悪かったらしく、まだどうなるか分からないんですよ。3年7億も払って“即刻クビ”とは言えないかもしれませんが、刑事事件になってしまえば、正直、どこにも置いておけない。上も難しいところでしょうね」(巨人軍関係者)

 この事件は山口個人の不行状だが、ここ最近の巨人のあまりの“インケツ”ぶりに、記者の間では「まだまだ闇は根深いな」とささやかれているという。そもそも、山口の酒癖の悪さは、昨年まで所属していたDeNAでは有名な話だったという。「それを知ってか知らずか、巨人は大枚をはたき獲得。さらに、山口は昨年こそ初の二桁勝利を挙げましたが、強力な相手先発投手と当たらない“裏ローテ”での勝ち星。メンタルにもムラがあり、それを見抜けなかったのは、編成部の二重のミスですよ」(スポーツ紙記者)

  1. 1
  2. 2
  3. 3