アン・シネ「フェアウエイの女神」の正念場【美女アスリート列伝】

 イ・ボミ、キム・ハヌルに続く隣国からの“第3の刺客”として、日本の女子ツアーを席巻。現在も、その美貌とボディ見たさにファンが殺到している彼女。ツアー終盤戦、巻き返しを図る“フェアウエイの女神”の秘密に迫る!

■女子プロゴルフ界で一大旋風!

 賞金女王レースが大詰めを迎えた女子プロゴルフ界で今年、一大旋風を巻き起こした美女ゴルファーといえば、アン・シネ(26)だろう。5月に日本ツアーに初めて参戦すると、“韓国のセクシークイーン”と言われる彼女をひと目見ようと、ギャラリーが押し寄せる騒ぎになったが、その勢いはシーズン終盤まで衰えることはなかった。「グリーンを闊歩する姿は千両役者。ギャラリーの視線は彼女に釘づけでした」(ゴルフ専門誌記者)

 アン・シネ狂騒曲の幕開けとなった初戦「ワールドレディスサロンパスカップ」の初日、5月4日の観客動員数は女子ツアー史上最多となる1万3097人を記録。4日間通算で4万4841人が観戦に訪れたが、「その後も彼女の出場した試合は軒並み15~20%程度、観客動員が増えている」(トーナメント関係者)というから驚く。

●モデル顔負けのプロポーション

 165センチ、53キロのモデル顔負けのプロポーション、キュートなルックスのアン・シネならさもありなん、ではあるが、「彼女ほど自分を見せる=魅せることに意識的な女子プロはいないでしょうね。プレー中はもちろん、移動のときも常にカメラを意識しているため、一つ一つの所作が絵になる。実にフォトジェニックなんです」(フリーのカメラマン)

 ボールを拾うときの足の開き方もセクシーだし、芝を読むためにしゃがみ込むときには、見えそうで見えないという、高等テクまでを披露するのだ。

●インスタグラムも大人気

 ソウル生まれの彼女は5歳でゴルフを始め、9歳から14歳までニュージーランドにゴルフ留学。08年に韓国でプロデビューし、翌年には新人王を獲得。これまでに韓国ツアーで通算3勝を挙げている。「韓国では男性誌の表紙とグラビアに登場するなど、日本以上の人気です」(前出のゴルフ専門誌記者)

 日本では、ここまで13戦して予選落ちが3回。9月の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の12位が自己最高位(11月5日現在)。現在アン・シネの賞金ランキングは82位。来季のシード権を得るにはランキング50位以内に入る必要があるが、ダメなら今季同様、QT(予選会)に出て、来季の出場資格を得なくてはならない。彼女にとっては、これからが正念場なのだ。

 アン・シネの大逆襲を信じよう!

■アン・シネ「フェアウエイの女神」の秘密

●「ウェア」の秘密1

 ボディコンシャスなウェアが基本の彼女だが、着るものへのこだわりはそれだけではない。「原色のカラフルなウェアを日替わりで着用し、連日“お色直し”するのがルーティン。翌日着る服を報道陣に明かす“ウェア予告”もトーナメント中の恒例行事」(専門誌記者)

●「ウェア」の秘密2

 ウェアが「お色気狙い」「チャラチャラしすぎ」と批判されることもある彼女。「子どもの頃から楽に動ける、このスタイルでプレーしてきました。日本のファンがこんなに関心を持ってくれるのは、私にとってボーナスのようなもの。感謝しています」とは本人の弁。

●「神対応」の秘密

 ヒザ上30センチの短いスカート姿と、ラウンド後、ファンに対して1時間以上も笑顔でサインする“神対応”が話題の彼女。「韓国では女子プロがファンと握手したり、ツーショット写真を撮るのは普通ですからね。そんな彼女も“日本のファンの多さとマナーの良さには感動した”そうです」(スポーツ紙記者)

●「オンオフ」の秘密

「24時間365日ゴルフモード」の彼女。「食事の際は体調管理を意識した献立。外出時は足を痛める恐れがあるので、ヒールが高い靴は履かない。ボウリングに誘われても指を痛めるのが心配なので遠慮するそうです」(ツアー関係者)という。この生活は引退まで続ける予定だとか。

●「恋愛」の秘密

 日韓を行き来する「ツアー生活を送りながら、恋愛するのは簡単ではない」と断言する彼女。「私が男性ならアン・シネのような女性とは絶対につきあいません(笑)。私が男性なら、いつもそばにいてくれる女性と恋愛します」(本人)。現在は恋愛も結婚もお預けのようだ!?

●「趣味嗜好」の秘密

「趣味は旅行と食べること」と言う彼女にとって日本ツアーは「両方をかなえることができて楽しい」という。好きな日本食は寿司、そば、すき焼き。「ツアーで回った東北では松茸、北海道ではウニを食べてご満悦」(専門誌記者)だったとか。コンビニ飯にも詳しい。

本日の新着記事を読む