認知症、あなたの知らない「20の真実」その正体から予防法まで

 自分が自分でなくなる……。誰もが発症の可能性がある恐ろしい病。その正体から予防法まで「へぇ」と驚く役立ち知識を一挙に紹介!

■治療法や薬、正確な診断法も確立されず

 内閣府などの統計によると、現在、65歳以上の認知症患者は約500万人。2025年には約700万人――実に、65歳以上の5人に1人が認知症になるという推計が出ている。自分もその一人になるかもしれない――と思うと想像するだに怖くなるが、医療ジャーナリストの牧潤二氏によると、「認知症の研究と医療はまだ端緒についたばかり。治療法や薬はおろか、病因や病態、正確な診断法もまだ確立していない状況」だと言う。「たとえば、アルツハイマー型認知症の脳を調べると、神経細胞にβアミロイドなどのタンパク物質が蓄積していることまでは分かります。ところが、このβアミロイドが原因物質なのか、認知症になった結果としてそうなるのかさえ、明らかになっていないのです」

 これから増えることが確実な認知症だが、実は未解明なことだらけ。悲しいかな、これが現実なのである。しかし、そんな中でも分かってきた「20の真実」を、ここで明らかにしよう。

■アルツハイマー型など、さまざまに分類

 まず、そもそも(1)認知症は1種類の病名ではないということを、ご存じだろうか? 認知症は症状によってさまざまに分類され、また、(2)男女で症状にやや偏りがあることが分かっているが、約半数を占めるのは《アルツハイマー型》。これは、女性の発症率が高いタイプだ。一方、異常たんぱく質(レビー小体)が脳に蓄積し、幻覚や幻視が起こりやすい《レビー小体型》や、脳梗塞や動脈硬化などによる脳血管の損傷が主因の《脳血管性》のものは、男性の症例がやや多い。(3)この3種の症状で約8割を占めるともいわれているが、この他に、前頭葉と側頭葉が委縮して非社会的行動も多くなる《前頭側頭型認知症(ピック病)》、64歳以下で発症する《若年性》、脳脊髄液による脳圧が上がって起こる《正常圧水頭症》などに分類されている。

 これだけ細かく原因も症状も違うとなると、治療も当然難しい。現在、認知症改善薬として保険適用されているのはアリセプト(ドネペジル)など4種類。だが、医療現場では「初期しか効かず、悪くさせない程度」と評価されている。つまり、(4)認知症を改善させる薬はないと言って過言ではない。

 (5)ドイツでは『いちょう葉エキス』というものが医薬品として認められているものの、これも認知症の改善薬というわけではなく、脳機能障害などの治療薬。動脈硬化や脳梗塞などによる脳血管型認知症に“効果が期待できる”と考えたほうがいいだろう。

 最近は(6)“アルツハイマー予防ワクチン”というものも話題になっており、早ければ、あと5~10年で認可されるともいわれている。これは、かなり期待が持てる気もするが……。「症状を招くタンパク物質を蓄積させないようにするワクチンですが、すでに蓄積したものを消す力はなく、抜本的な改善薬とは言えません」(牧氏)

■にんにくは脳にある毛細血管の血流を良くする

 まさに、打つ手なし。今のところ、進行し始めた認知症を薬で“根治”することは不可能なのだ。しかし、少しの工夫で予防することは不可能ではない。(7)タンパク物質が脳にどれくらい蓄積しているか調べられるPET検査は医療機関で普及しつつあり、「保険は適用されていませんが、アルツハイマーの早期発見には効果があると思います」(牧氏)という。こうした検査を受けつつ、(8)日頃の生活に気をつけていけば、予防・改善できる余地はあるのだ。『脳神経外科医が実践するボケない生き方』などの著書がある都立駒込病院・脳神経外科部長の篠浦伸禎氏に、具体的にどうすればいいのか、話を聞いた。「私は脳腫瘍などの手術を受ける患者さんに、術前、術後にニンニク油を飲んでもらっています。これは手術後の感染症予防や皮膚の血流を良くするなどの目的もあるのですが、一番は、ニンニク油が脳の状態を良くするからなのです」

 (9)ニンニク油はアルツハイマー型認知症の改善や、記憶力アップにも効果があるという。「アルツハイマー病患者は脳からアセチルコリンという神経伝達物質が少なくなることが分かっていますが、ニンニク油に含まれるアホエンという成分は、アセチルコリンを分解する物質の働きを阻害してくれるのです」(前同)

 そのため、アルツハイマーの予防や進行を阻止することができるというわけだ。さらに、ニンニクは脳にある毛細血管の血流を良くする作用があり、これが記憶力アップなど脳機能の向上につながるという。

 ニンニク油の作り方は簡単。ニンニク3片をすりおろし、50度に温めたオリーブオイル150ミリリットルの中に3~24時間つけ込む。その後にニンニクをこして、1日スプーン3~4杯を目安に飲む(サラダドレッシングなどにも使える)。「私自身、ニンニク油で頭の働きが良くなり、気持ちが前向きになることを実感しました。認知症薬よりも効果があると思っています」(同)

■DHAとアラキドン酸も有効

 もう一つ、“脳にいい油”として、(10)青魚に多く含まれる脂質=DHAとアラキドン酸があるという。「魚料理をメインにした和食中心の食事をとれば、こうした魚の脂質を摂取できます」(前同)

 なお、(11)65歳以上の中高年は、多少コレステロール値が高くても、かえって認知症予防にはいいとされる。「最近は、総コレステロール値が低いほうがアルツハイマーになりやすいと言う専門家も少なくありません」(前出の牧氏)

 だが、あまり悪い油を摂りすぎると健康を害してしまい、逆効果。抗酸化作用のあるオリーブ油やゴマ油などを積極的に使うといいだろう。

■コーヒーや酒、果物も予防にいい

 また、多くの人が日常的に飲んでいるコーヒーも、予防には効果的。「(12)コーヒーのカフェインには認知機能や注意力を高める作用があり、認知症の予防にいいという研究報告があります」(篠浦医師)

 一見、脳に悪そうな(13)酒も、まったく飲まない人より“嗜む人”のほうが、認知症発症率は低いとされている。「気持ちがほぐれ、ストレス解消になることが大きいのでしょう。ストレスは脳の機能を低下させる大きな要因ですからね」(前同) ただし、当然ながら飲み過ぎは厳禁。ビールの中瓶1本が限度だ。

 また、(14)果物やナッツ類も記憶力の改善には役立つ。イチゴ、ブルーベリー、クルミなどが、特にオススメだという。

■ゲームやラジオなどで脳トレ

 食べ物以外では、認知症は頭を使わなくなることで進行することが分かっているため、日常の生活の中で頭を使う機会を作ることが重要だ。実際、ケア施設などでは入居者たちにゲームや麻雀を勧め、脳トレをさせているところもある。麻雀ができない人も、たとえば、こんな生活習慣を身につけるだけでずいぶん違うという。

 まずは、(15)テレビよりラジオを積極的に聴く。ボケッと見ていれば、なんとなく情報を得られるテレビと違い、ラジオは聴いたことを脳で再現、想像する必要がある。これが格好の“脳トレ”になるのだ。

 (16)ガムを噛むのも、そう。噛むことによって脳血流が増えるからだ。噛める歯を大切にすることも、認知症予防になる。

■恋愛がボケ防止に効果は絶大

 そして、(17)料理をする。料理は材料選びや手順を考え、お湯を沸かしながら、その間に材料を切るなど、同時に2つ3つのことをこなす作業なので、こうした頭の使い方が脳を活性化させてくれる。

 (18)恋をする。恋愛は相手の気持ちを推し測り、どんな会話をするか、あるいはデートの場所を決めるなど、脳をフル活用する行為。さらに男性ホルモンの分泌も活発になるため、ボケ防止に絶大な効果があるのだ。既婚者は少々難しいだろうが……。

 また、(19)瞑想をするのもいいらしい。瞑想というと大層なことに聞こえるが、ここで紹介する方法は、バスや通勤電車の中でも気軽にできる。席に深く腰かけ、背筋を伸ばして目を閉じ、息はへその下の“丹田”を意識して、なるべくゆっくり吐く。なんと、これだけだ。「目をつむって、ゆっくり息を吐くだけで、認知機能にとって重要な脳の“帯状回”という部位の血流が増えるんです」(篠浦医師)

 そして、打ち込める趣味や生きがいを持つことも、何よりのボケない方法だ。(20)定年後もボランティアなど、自分にとって充実感や使命感を感じられる活動をする。これもまた、ボケない秘訣だという。「人のため、孫や子世代のために役に立つことをする。これは、生きていく大きなエネルギーになります。また、人との交流や社会との接点も自然と生まれ、頭を使う機会も自然と増えます。老後もこうして生きれば、決してボケずにすむと思いますよ」(篠浦医師)

 定年退職してのんびりできるからと、日がな一日テレビを見ていてはボケへ一直線。自分自身を元気にし、脳を活性化するために、身の回りでできることから始めるのがよさそうだ!

本日の新着記事を読む