田代まさしが語る「芸能人がクスリにハマってしまう理由」

 かの有名な酒井法子やASKAの事件だけでなく、今年6月に俳優・橋爪功の息子で俳優の橋爪遼・元被告(現在、執行猶予期間中)、10月にモノマネ芸人・清水アキラの息子でタレントの清水良太郎被告が逮捕されて、2017年も大騒動となった芸能界の薬物汚染。最近でも、12月に俳優・浅野忠信の父親で浅野の所属事務所社長の佐藤幸久容疑者が逮捕されるなど、一向に収まる気配はない。こうも逮捕される芸能人が後を絶たないのは、なぜか。

 我々は、歌とお笑いで一世を風靡し、その後、薬物依存症に陥ってしまった元タレント・田代まさし氏を直撃し、芸能界の薬物汚染と、薬物の怖さ、そして、依存症からの脱却について、話を聞いてみた。

 現在は薬物依存者を支援するNPO法人『日本ダルク』のスタッフとして働きながら、全国で薬物依存に関する講演を精力的に行っている田代氏は、相次ぐ芸能人の薬物逮捕について、こう語る。「捕まったらニュースになるから目立つだけで、芸能界だけ特別ということはないと思います。ただ、確かに芸能人のほうが、一般の人より手に入りやすいということはあるかもしれませんね。いろんな人との接点も多くなりますから、薬物を売る人と出会う確率は比較的に高いのかもしれない」

 しかし、有名人ともなれば、普通の人以上に慎重になるはず。それでも薬物に手を出してしまうのは、なぜなのだろうか。「私の場合、プレッシャーでした。周囲のおかげで芸能界に復帰し、仕事がパンク寸前のときでしたから」

 田代氏が薬物で逮捕されたのは2001年のこと。その前年に田代氏は電車内での迷惑行為で書類送検され、一時、活動を自粛したが、半年後に復帰。薬物にハマッたのは、人気絶調の、そんなときだった。「毎日、面白いネタを何本も考えるのは、もう限界だと思っていたんですよ。でも、仕事はどんどん増えていくし、復帰を助けてくれた人たちの期待にも応えなくてはいけない……そんな板挟みの心境でした」

 田代氏は、子どもから大人まで皆に愛されるお笑いタレントだった。しかし、番組の収録が1日4本、5本と増えていく中で、徐々に神経を磨り減らしていく。そんなとき、あるテレビ関係者から“いいモノありますよ”と声をかけられたのだという。「すぐにピンときましたけど、この状況が前に進むのなら1回くらい、いいかなと思ってしまったんです。それも一つの解決策かなと。芸能界という荒波に揉まれて溺れそうになっていたときに、“違法”と書かれた浮き輪が流れてきて、とっさにつかまった……そんな感じでした。だから、そんなに罪悪感はなかったんです。絶対に1回でやめられると思っていましたし」

 我々には想像もできないプレッシャーのかかる芸能界では、田代氏のように、それを必要だと思ってしまう人も多いのかもしれない。また、金回りの良い芸能人なら、高額な薬物でも簡単に買えてしまうという事情もあるのだろう。「そのときも、最初はタダでいいよと言うんですよ。でも、その人のところへ続けて買いに行っちゃう」

■激痩せも、プロボクサーみたいでかっこいいって…

 欲しがる人がいるから、そこに売人が集まる。田代氏によれば、彼ら売人は、欲しがる相手を見つけるのが抜群にうまいのだそうだ。田代氏も、04年に2度目の逮捕、その後も復帰しかけるたびに逮捕された。そこまで執着してしまうのは、なぜなのか。「面白いネタが機関銃のようにどんどん出てくるから、悩んでいた自分がバカみたいに思える。後で考えてみると全然、面白くなかったりするんですけどね。やっぱり、感覚がおかしくなっていたんですよ」

 3度目の逮捕のときの激痩せした田代氏の映像を、覚えている読者も多いことだろう。そのときの心境を田代氏は、こう話す。「実はあのとき、絶好調だと感じていました。体は軽いし、減量に成功したプロボクサーみたいでカッコイイなって思っていたんです。今思えば、見るからに不健康なのにね」

 だが、クスリが切れると、その反動から、疲労で起き上がることもできなくなる。だから、またクスリを打って“元気”になろうとする。その繰り返しで、体はボロボロになっていく……。

■家族が去ってしまったことが一番つらかった

 薬物で多くのものを失った田代氏に、一番つらかったことを聞いてみると、こう話してくれた。「やはり、家族が去ってしまったことですね。いつも一緒にいて、あんなに楽しかったのに。家族が何不自由なく暮らせるよう愛情を注いでいたのに……。あのときは“これだけのために俺から去っていくのか”って思っちゃいましたけど、考えてみれば、いろいろあったんだと思います。子どもの学校のこととか、近所のこととか。お義母さんからも手紙をもらったことがあるんです。“いろいろ良くしてもらったけど、今回の件で洗濯物も外に干せなくなりました”って」

 だが、それだけつらい目に遭っても、同時に“まだ、やりたい”と思ってしまう自分がいたのだという。「これがクスリの魔力です。“1回でも多すぎて1000回でも足りない”といわれている」

 1回で虜になり、そうなると1000回やってもまだ、やりたくなる……なんとも恐ろしい言葉だ。「自分のような立場の人間が、してはいけないことをしてしまったという自覚はあります。それに、周囲の人たちには本当に迷惑をかけましたから、反省もしています。だから記者会見では、“二度としない”と言いました。実際に“必ずやめてみせる”とも思いました。でも本当は、やめられる自信はありませんでした。実は今でも、やりたいと思うときがあります。それが苦しくて、死のうと思ったこともありましたが、そんなときでも“どうせ死ぬなら、その前に一度……”と思ってしまう。こんなことを言うと、ふざけてるとか、甘えてるとか思われるかもしれませんが、薬物依存は、そういう“病気”なんだと、この施設で学びました。しかも、不治の病なんですよ」

 やめたい、やめられると思う自分がいる反面、やりたい衝動が頭をもたげてきて、体が反応してしまう。そんな葛藤が常につきまとい、一生続いていく。それが薬物依存の実態なのだ。「でも、そんなことを、こうして外に対して言えるようになったことこそが、回復への第一歩なんです」

■薬物は“恋人”、別れるには…

 やめられないと言えることが克服への道とは、どういうことなのか。実際の薬物依存症治療について、日本ダルクの近藤恒夫代表に話を聞いてみた。自らも薬物依存で苦しんだ経験を持つ近藤氏は、同じような人たちがどのように薬物依存と向き合うべきか、30年以上にわたって取り組んできた人物だ。「薬物は“恋人”なんですよ。恋人と別れると寂しいでしょう? それと一緒。引き離そうとすればするほど燃え上がるものなんです」

 では、その“恋人”を忘れるためには、どうすればよいのか。「恋人に代わる人間関係を築けるようにならなくてはいけない。だから我々は、“ミーティング”と呼ぶグループセラピーを基本とした治療を行っています」

 田代氏も、これによって依存症から回復への一歩を踏み出せたのだそうだ。この“ミーティング”は、1日に3回、10人前後の人が集まって一人ずつ話をする。「薬物をやめられたという話じゃないですよ。その日の自分の正直な気持ちを話すんです。最初は、自分はセラピーを受ける他の人たちとは違うと思っている人も、ミーティングを重ねていくうちに皆、同じ気持ちだと気づくようになる」

 ここでのポイントは、未来の話をしないことなのだそうだ。「先のことは分からないんだから、言わないほうがいい。するのは過去の話です。どうしてクスリを始めて、何があって、ここに来ているのか。それを話せるようになるまでに1年はかかりますね。最初は皆、やめると言います。でも、やめられないから、ここに来ている。“ジャスト・フォー・トゥデイ”というんですが、一日だけやめてみようと考えるんです。自分の思い通りにならない日を、今日一日だけを受け入れようと」

 長いスパンでやめようとすると絶対に続かない。でも一日だけなら我慢できる。その繰り返しなのだという。「依存症の最大の敵は“孤立”です。人と関わりを持つことで、寂しいと思う心の隙間を埋めないと、また必ずクスリに溺れてしまう。我々は、そうならないための環境を、いつでも整えているんです。つまり、クスリを絶つには、周囲の理解と支えが必要なんですよ。法律で薬物を取り締まるだけでは、なんの解決にもならない。刑務所に入ったところで、出所したとき、何をしていいか分からなくなったら、待っているのは孤独と不安です。それにとらわれたら、またすぐに逆戻りしてしまいますから」

 薬物は犯罪だ。孤独で寂しくても、それに手を出さない人はいくらでもいる。ただ、それは薬物に出会わなかったことが幸運なだけなのだと、近藤氏は言う。

■娘が連絡してくれるようになった

 取材の最後に、田代氏は照れ臭そうに目を伏せながら、こう話してくれた。「時間はかかりましたが、最近やっと、娘が連絡してくれるようになったんです。病み続けて、立ち直っていく姿を、どこかで見てくれていたのかもしれませんね。それからリーダー(元ラッツ&スターのメンバーで歌手の鈴木雅之氏のこと)も、“いつでも見ているから頑張ってほしい”と言ってくれていると、人づてに聞いています。本当にありがたいですよね」

 プレッシャーと孤独から薬物に手を染め、どん底まで落ちた田代氏が、そこから立ち直ろうと思えたのも、この施設をはじめとした周囲の支えがあったからなのだろう――。

田代まさし(たしろ・まさし)
1956年、佐賀県生まれ。24歳のとき、シャネルズ(後のラッツ&スター)のメンバーとして、歌手デビュー。その後、お笑いタレントに転身して数々のテレビのレギュラー番組を持ち、お茶の間の人気者に。しかし、2001年12月、薬物の所持・使用で逮捕。その後、2004年9月、2010年9月と再び逮捕され、刑務所へ。計7年間の刑期を終え、薬物依存症からの回復と社会復帰支援を目的としたリハビリ施設「ダルク」で治療を受ける。現在は、同施設のスタッフとして勤務するかたわら、全国各地で講演会などの活動を行っている。

近藤恒夫(こんどう・つねお)
1941年、秋田県生まれ。日本ダルクの創設者で代表。72年、薬物におぼれ、78年、精神病院に入院、80年に逮捕、札幌地裁で有罪判決を受ける。再起を誓い、85年、薬物依存者のための日本初の民間リハビリセンター「ダルク」を創設。薬物依存者の社会復帰を応援する一方、啓蒙活動を続けている。95年に東京弁護士会人権賞、2001年に吉川英治文化賞、13年に作田明賞最優秀賞を、それぞれ受賞。

本日の新着記事を読む

あなたにオススメ!本日放送の番組はコチラ!