フジタ(ファミコン芸人)「ファミコンに育てられて、助けられました」麻美ゆまのあなたに会いたい!

 さて、ゲーム好きのお父サンはお待ちかね! 今回、私が会いに行ったのは“ファミコン芸人”ことフジタさんです。とにかく大のゲーム好きで、ご自宅に所蔵されているゲームソフトの数は、なんと2万本以上! フジタさんのゲームの腕前は、もはや神の領域に達していて、どんな難しいゲームもあっさりとクリアしてしまうほど。私も子どもの頃はスーパーファミコンにハマった世代。さっそく、ご自宅に突撃しました。ピンポーン♪

フジタ「どぉ~も~。フ~ジタですっ!」

ゆま「わぁ、フジタさんだぁ。いつもユーチューブで拝見しています!」

フジタ「本当ですか? さあ、どうぞどうぞ。散らかっていますが……」

ゆま「はい! すごい、玄関から段ボールの山。これ、全部ゲームですか?」

フジタ「たぶん、そうですね。もう何が入っているのか自分でも分かりません。あ、脱いだ靴は、段ボールの上にでも置いておいてください」

ゆま「アハハ。ほんと……狭い。洞窟みたい……」(フジタさんの部屋に潜入)

フジタ「座る場所がここしかなくて、すみません」

ゆま「いえいえ。ここでフジタさんは毎晩、寝ていらっしゃるんですか?」

フジタ「はい。起きたら、すぐにゲームができます」

ゆま「へえー。これって女の子を連れ込むには最高の環境ですね。“ウチでゲームやらない?”と誘って連れてきちゃえば、もう布団しか座る場所がない(笑)。しかも、この至近距離ですよ。ヤバいですね」

フジタ「アハハ。そんな機会は滅多にありませんけどね。ゆまさんがすぐ横にいるなんて正直、緊張します」

■ゲームがヤリたくて仕方ない!

ゆま「なんか私、ムラムラが止まらない。ヤリたくて仕方ない」

フジタ「へ?」

ゆま「早くヤリたい……」

フジタ「ええ?」

ゆま「だって、こんなにたくさんのゲームソフトに囲まれているんですよ。早くヤリたいです」

フジタ「あ、ゲームのことですね。ビックリした~」

ゆま「ああっ!」

フジタ「ひぃ!」

ゆま「ゲームギアだ! 布団の中から出てきました。え? こっちはニンテンドースイッチ! こんな新旧のハードが布団の中で一緒にいるなんて、すごい」

フジタ「ハハ……ゆまさんもゲーム好きなんですか」

ゆま「はい。私はスーファミ世代です。でも、私のお兄ちゃんはネオジオとかゲームギアが好きだったんで、私もやっていましたよ」

フジタ「ネオジオ? これまたマニアックですね」

ゆま「でも、私がハマったのはゲームギアでしたね。特に“ワンダーボーイ”というゲームが大好きでした」

フジタ「あれは、めちゃくちゃ難しいんですよね」

ゆま「さすが、よく知っていらっしゃる。そうなんです、すっごく難しいんです。ただ、大人になってからワンダーボーイをヤリたくなって、ゲームギアをネットで買い直したんです」

フジタ「すごいなぁ。女性でゲームギアを知っている時点で相当なマニアです」

ゆま「いやいやフジタさんに比べたら、私なんて(笑)。いつからゲームをされているんですか?」

■小学校時代からファミコンに育てられた

フジタ「小学校に入った頃にはファミコンがありましたね。というのも僕は幼少期に母親が病死。寂しさもあったんでしょうけど、それ以来、父親は他の女性の家に入り浸るようになったんですね」

ゆま「じゃあ、フジタさんは独りぼっちだったの?」

フジタ「僕が小学校1年生ぐらいまでは家政婦さんが来ていたんですが、それ以降はほとんど家でも一人だったんで、ファミコンばかりしていました。まあ、うちはお金だけはあったんで、ゲームソフトはいくらでも買えたんです」

ゆま「そういう事情があったんですね」

フジタ「友達もあまりいなかったので、ゲームが友達。ほんと、ファミコンに育てられて、ファミコンに助けられたと思っています」

ゆま「そうなんですね。中学生、高校生になってからも、ずっと?」

フジタ「はい。普通は、そういう家庭環境だとグレることもあると思うんですけどね。僕はゲームのおかげなのか。ある意味、悪いほうには走らなかった(笑)」

ゆま「それどころか、今ではゲームがお仕事につながっているんですもんね。でも、逆に仕事になっちゃうと、ゲームがイヤになったりはしないんですか?」

フジタ「それは1回もないですね。もちろん、ムカつくゲームは叩きつけてやりますけどね(笑)」

  1. 1
  2. 2