秋の七草、覚え方とそれぞれの特徴

 四季に恵まれている日本では、古来から移ろいゆく季節とともに生活する知恵や、四季折々の美しい自然を愛でる豊かな心が育まれてきた。季節の七草も、そんな国だからこそ生み出された、実に日本らしい風物と言えるだろう。

■実は春夏秋冬の4パターンもあった!? 季節の七草

●そもそも、七草とは

 七草とは、季節を代表する7種類の野草のことである。単に七草という場合には、最も知名度が高い「春の七草」を指すことが多い。

●春の七草

 発祥や種類には諸説あるが、現在の7種類は鎌倉時代に書かれた『河海抄(かかいしょう)』の中にある「芹(せり)、なづな、御行(ごぎょう)、はくべら、仏座(ほとけのざ)、すずな、すずしろ、これぞ七種」(作者不明)という歌が由来とされている。春の七草は、健康を祈念して1月7日に七草粥として食べる風習がある。

※順)野草名(よみがな)ーーー現在の名称

  • (1)芹(せり)ーーーセリ
  • (2)薺(なずな)ーーーナズナ
  • (3)御形(ごぎょう)ーーーハハコグサ
  • (4)繁縷(はこべら)ーーーコハコベ
  • (5)仏の座(ほとけのざ)ーーーコオニタビラコ
  • (6)菘(すずな)ーーーカブ
  • (7)蘿蔔(すずしろ)ーーーダイコン

●夏の七草

 あまり古い歴史はないが、2パターン確認することができる。

<パターン1>

 1945年に日本学術振興会学術部・野生植物活用研究小委員会が選定した7種類。終戦間際の食糧難を身近な野草でしのぐために公表されたといわれている。

  • (1)藜(あかざ)ーーーアカザ
  • (2)猪子槌(いのこづち)ーーーイノコヅチ
  • (3)◎(ひゆ)ーーーヒユ
  • (4)滑◎(すべりひゆ)ーーースベリヒユ
  • (5)白詰草(しろつめくさ)ーーーシロツメクサ
  • (6)姫女△(ひめじょおん)ーーーヒメジョオン
  • (7)露草(つゆくさ)ーーーツユクサ

※注◎はクサカンムリに「見」、△はクサカンムリに「宛」

<パターン2>

 由来は、昭和初期に詠まれた和歌「涼しさは よし い おもだか ひつじぐさ はちす かわほね さぎそうの花」(勧修寺経雄)である。

  • (1)葦(よし)ーーーヨシ
  • (2)藺(い)ーーーイ
  • (3)沢瀉(おもだか)ーーーオモダカ
  • (4)未草(ひつじぐさ)ーーーヒツジグサ
  • (5)蓮(はちす)ーーーハス
  • (6)河骨(かわほね)ーーーコウホネ
  • (7)鷺草(さぎそう)ーーーサギソウ

●冬の七草

 冬の七草については諸説あって確かではないうえに、野草でもないが、古くから冬至の日に食べられている7種類の食べ物がある。それは”運盛り”と呼ばれ、運を呼び込めるとされる「ん」のつく食べ物である。特に「ん」が2つつく食べ物は、2倍の運を呼び込めると言われ、非常に縁起が良いとされている。

  • (1)南瓜(なんきん)ーーーカボチャ
  • (2)蓮根(れんこん)ーーーレンコン
  • (3)人参(にんじん)ーーーニンジン
  • (4)銀杏(ぎんなん)ーーーギンナン
  • (5)金柑(きんかん)ーーーキンカン
  • (6)寒天(かんてん)ーーーカンテン
  • (7)饂飩(うんどん)ーーーウドン

■食べられない!? 「秋の七草」の由来と特徴

 現在では七草粥を食べる習慣が有名なため、七草といえば「春の七草」を一番に思い浮かべる人が多い。しかし、本来的には七草といえば「秋の七草」なのである。

●由来

 奈良時代にできた日本最古の和歌集『万葉集』に出てくる「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」、「萩の花(はぎのはな) 尾花(おばな)葛花(くずばな) 瞿麦の花(なでしこのはな) 姫部志(おみなえし) また藤袴(ふじばかま) 朝貌の花(あさがおのはな)」という山上憶良(やまのうえのおくら)による2首が由来である。

 第1首で秋に咲く野草を数え、第2首でその野草の名前を挙げている。当時は朝に咲く花をすべて朝顔と呼んでいたため、朝貌(アサガオ)の正体については諸説あるが、現在では桔梗(キキョウ)が定説となっている。

●特徴

 他の季節の七草が食べられるのに対し、一般的に「秋の七草」は風流に愛でて楽しむ観賞用とされている。しかしながら、実は薬用や食用、衣料に使われてきた実用的な野草である。

■秋の七草、七種の意味と花言葉

 それでは「秋の七草」をもう少し詳しく見ていこう。

(1)萩(はぎ)ーーーハギ

 クサカンムリに秋と書く、秋を代表する野草の1つである。彼岸に供えるおはぎの語源であり、根を煎じて飲むとめまいに効果がある。花言葉は「思案」「前向きな恋」「柔軟な精神」など。

(2)尾花(おばな)ーーーススキ

 中秋の名月をめでる「お月見」に欠かせないのがススキ。穂が動物の尾に似ていることから、尾花という名前がついた。花言葉は「生命力」「悔いなき青春」「心が通じる」など。

(3)葛(くず)ーーークズ

 葛餅や葛湯、葛きりなどの材料として現在でも広く親しまれている。また根を乾燥させた葛根は解毒作用のある漢方薬として有名である。花言葉は「治療」「活力」「恋のため息」など。

(4)撫子(なでしこ)ーーーカワラナデシコ

 清楚で奥ゆかしい日本女性を表す大和撫子という言葉は、この花から生まれた。清少納言も『枕草子』の中で撫子は草花の中で1位2位を争うほど美しいと述べている。花言葉は「純愛」「貞節」「いつも愛して」など。

(5)女郎花(おみなえし)ーーーオミナエシ

 どんな美女より美しいため、この名前がついた。根と茎には解毒・鎮痛・利尿といった薬効もある。花言葉は「美人」「はかない恋」「約束を守る」など。

(6)藤袴(ふじばかま)ーーーフジバカマ

 乾燥させると良い香りがするため、香料としてシャンプーや香水などに使われている。かつて日本各地に群生していたが、現在では数が減少し、準絶滅危惧種に指定されている。花言葉は「躊躇」「思いやり」「優しい思い出」など。

(7)桔梗(ききょう)ーーーキキョウ

 形が美しいため、家紋のモチーフとして人気がある。根を乾燥させたものは痰や咳の薬として重宝されてきたが、現在では絶命危惧種に指定されている。花言葉は「気品」「誠実」「変わらぬ愛」など。

■簡単に覚えられる! 秋の七草、定番の語呂合わせ

 最後に「秋の七草」を簡単に覚えるための語呂合わせを紹介しよう。定番の語呂合わせは2種類あるので、自分が覚えやすそうな方を選べばよい。

●お好きな服は?

  • お=オミナエシ
  • す=ススキ
  • き=キキョウ
  • な=ナデシコ
  • ふ=フジバカマ
  • く=クズ
  • は=ハギ

●ハスキーなお袋

  • は=ハギ
  • す=ススキ
  • き=キキョウ
  • な=ナデシコ
  • お=オミナエシ
  • ふ=フジバカマ
  • く=クズ

■まとめ

「秋の七草」をはじめとする季節の七草は、日本の季節の豊かさの象徴だが、すでに絶滅危惧種に指定されているものもある。四季折々の野草から得られる恩恵に感謝して、いつまでも大切に守り続けたい。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-