丸藤正道「プロレスの可能性は無限大だと思う」三沢から学んだ人間力

 今年で、デビュー20周年なんです。人生の半分以上がプロレスラーということになる。生まれてからの半分と、レスラーになってからの半分を比べると、やっぱり早く感じますね。

■ジャイアント馬場から3日前に言われたデビュー戦

 自分がデビューした時は、まだジャイアント馬場さんも、ジャンボ鶴田さんもいらっしゃって、付き人をしていた三沢さんもトップでやっていましたからね。元々、プロレスファンだったので、この世界に入ったら、テレビや雑誌で見ていた人たちがリアルにいる。最初はそれだけで嬉しかったですね。そのうち、そういう人たちと戦ったり、タッグを組んだりするのは、不思議な感覚でした。

 デビュー戦は、今でも覚えていますが、3日前に言われたんですよ。馬場さんに“お前、試合できるか?”って。そう言われたら、“できません”とは言えないですよ(笑)。デビュー戦が決まったはいいものの、まだ入門して5か月半でしたから、タイツもなかった。なので、三沢さんのお古を借りて、リングシューズは、僕の時代くらいまでは、練習生でも馬場さんが買ってくれていたんです。確か、愛知県岡崎市の会場だったんですが、6~7分で負けちゃいましたね。急だったので、親も友達も誰も来られなかったんですけど、やっぱり嬉しかったですよ。

■プロレスラーは天職!

 それから、単純計算すると、全日の試合で年間130試合、他団体の試合も入れたりすると、3000試合近くはやっているのかもしれないですね。それだけやると、やっぱりスランプになる時もありましたよ。体力が落ちたとか、技が失敗するとか原因がハッキリするようなものではなく、プロレスをしていて楽しくないなって。そういう空気ってお客さんに伝わっちゃうんですよね。だから、お客さんの反応も悪くなるし、ますます、プロレスが楽しくなくなる。悪循環ですよね。

 だいたい、そういう時にケガするんですよ。それで、ちょっと休んで、体も作り直してリフレッシュするんです。あとは、舞台とか映画とか、ほかの表現に触れるようにする。そうすると、ケガから復帰する頃には、早くプロレスがやりたくてしょうがなくなっているんです。久々にリングに上がると、お客さんも盛り上がってくれますからね。

 スランプはありましたけど、20年やってきて、プロレスを辞めようと思ったことは一度もない。天職だと思っています。誰しもが経験することだとは思うんですが、入門、デビューから何年かは大変な時期があって、それを乗り越えると、全国回って、美味しいお酒を飲んで、美味しい物が食べられる。出会いもあるし、楽しいことのほうが多いんですよね。

■三沢光晴は人間力の塊

 プロレスの魅力って“こんなことできないだろう”とか“こんなことしちゃうの”っていう漫画やアニメでしか見たことのないような非現実的なものをリアルに表現しているところが、人を惹きつけるんだと思う。そういう技や体力は、やれば身につくもので、そこは諦めるか諦めないかだけだと思うんです。一歩上のステージに行くには、それこそ、人間力が必要なんだと思います。

 それだけは、練習しても身につけられない。そういう意味で、三沢さんの付き人をやったことは大きな財産でしたね。あの人は、まさに人間力の塊のような人でしたから。プロレスに関して、アドバイスをもらったことはないんですが、三沢さんはとにかく仲間が多い人で、どこへ行っても友達に囲まれている人だった。リングを降りても、人を惹きつける何かを持っていた人だったんです。そういう姿を間近に見ることができたのは、貴重な経験でした。

 僕の根底にあるのは、恐怖心なんですよ。“もし、こうなったらどうしよう”という。そうなる前に、自分ができることをやろう。そう思って、20年やってきたんです。20周年という年は、1年しかないので、自分がプロレスラーであるということをしっかり形に残したいし、より多くの人にプロレスを見てもらえるように、リングはもちろん、リング外でもプロレスに繋がるようなことをやっていきたい。プロレスの可能性は無限大だと思うので。

撮影/弦巻勝

丸藤正道(まるふじ・なおみち)
1979年9月26日、埼玉県生まれ。子どもの頃に、ロード・ウォリアーズに衝撃を受け、プロレスラーを志す。体を鍛えるため、埼玉栄高校ではレスリング部に所属し、インターハイに出場。卒業後、全日本プロレスに入団。98年8月デビュー。00年にプロレスリング・ノアに移籍。06年、史上最年少となる26歳で、GHCヘビー級王座を獲得。以後、様々なタイトルを獲得し、ノアで唯一全タイトルを保持した経験を持つ。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:コンフィデンスマンJP