SKE48松井珠理奈、オリンピックメダリストの心をつかんだ言葉とは?

 2月20日放送の『AKBINGO!』(日本テレビ系)で、SKE48の松井珠理奈(20)とNMB48の山本彩(24)が、ゲストをより胸キュンさせる対決で激しく争った。

 この日は、先週に引き続き、かわいいフレーズや仕草で男子の心をつかむという、グループ対抗の胸キュンバトル“Kyun-1グランプリ2018”が放送された。松井と山本は、ゲストとして出演したロンドンオリンピック男子水泳のメダリスト、立石諒選手(28)を相手に、どちらがより“仕事で悩む彼を元気づけるひと言”を言えるかで争った。

 まず松井は「今日会議で伝えたいことを伝えられなかったんだよ」と言う立石に、「私は聞こえてたよ。あなたの心の声。私の心の声も聞こえるかな? そんなふうに悩んでいる顔も好きだよ」と励ました。これに立石の顔は一気にゆるみ、「なんか気持ちいいっすね。これ」とコメント。その様子を見ていたSKEのメンバーは、松井はふだんから悩みを聞いてくれる聞き上手だと語り、そのコメントに松井は顔を手であおぎながら「恥ずかしい」と照れていた。

 その後、AKB48の向井地美音(20)、NGT48の荻野由佳(19)、HKT48の村川緋杏(18)らが立石に言葉をかけた後、山本が登場。「今日バラエティでひと言もしゃべれなかったんだよ」という立石に「いやいやいや! さっきのめっちゃおもろかったやん! スーイスーイ!」と、山本の前に村川が立石にやらせていた平泳ぎの動きでボケて、出演者たちを笑わせた。

 その後、MCを務めるウーマンラッシュアワー村本大輔(37)に感想を求められると、立石は「純粋に面白い!」と喜び、その言葉を聞いた山本は、カメラに向かってドヤ顔を決めていた。

「結局、勝者は松井になりましたが、山本は関西人らしく、しっかりとボケを決めて満足そうでした。勝者となった松井とともに、キャプテンとしての貫禄を見せていましたね」(芸能誌記者)――頼りになります!

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→水曜日のダウンタウン