プロ野球12球団順位予想「今季のカギはDeNAとソフトバンク」

 不動の“最強盟主”が君臨するパ、ここ数年、勢力図に異変ありのセ。“球界新時代”の動乱を勝ち上がり栄冠を手にするのはどのチーム?

 昨年は広島とソフトバンクの優勝、横浜DeNAの日本シリーズ進出など、大いに盛り上がったプロ野球。今年もキャンプをへて、各チームの陣容も徐々に見えてきた。そこで本誌は、スポーツ紙担当記者の見解、昨年の成績、今年加入した新戦力の実力など、幾多の要素を加味し、現時点の12球団の戦力を分析して予想順位表を作成。同じく野球評論家たちの予想順位と、その理由も取材し、総合的にペナントの行方を占う。

■パ・リーグはソフトバンク優位

 まずはパ・リーグ。野球評論家の里崎智也氏が言う。「今後のオープン戦などの動向を見ない限り、確定的なことは言えませんが、現時点では、やはりソフトバンクの優位は動かないのではないかとみます」

 このチームの強みは、やはり強力な陣容が整っていること。工藤監督自身が、「捕手と二塁のポジション以外は動かない」と、キャンプ前から断言しているように、レギュラーメンバーの力が圧倒的なのだ。昨シーズン本塁打、打点の二冠王となったデスパイネをはじめ、最高出塁率の柳田、最高勝率の千賀、最多勝利の東浜、セーブ王のサファテ、最優秀中継ぎとなった岩嵜など、タイトルホルダーが目白押し。「それに加えて、ヒットメーカーの内川、チームのムードメーカーでもある“熱男”松田、4億円プレーヤーとなったバンデンハークなど、鉄壁の陣容です」(スポーツ紙記者)

 そのうえ、甲斐や石川のように育成からポジションをつかむような新戦力が飛び出て来る可能性もある。層の厚さは他球団の追随を許さず、まさに理想的なチームになっているのだ。

■楽天も優勝候補

 しかし、野球解説者の江本孟紀氏は、「だからと言って、すんなりソフトバンクが優勝するとは限りません。昨年だって出だしでつまづいたわけですから、同じことが起きないとも限らない」という。そんな江本氏が優勝候補として挙げるのは楽天だ。「昨年、楽天は開幕ダッシュに成功し、夏前までは優勝するような勢いでした。それだけの実力があるということです」(前同)

 実際、ソフトバンクが最も警戒しているのは楽天だ。「ウィーラー、ペゲーロ、アマダーの3外国人は“打率こそ高くないが、ここぞと言う場面でホームランを打つ”と、ソフトバンクの王貞治会長が言っていました」(ベテラン野球記者)

 昨年は3人で80本塁打を放ち、222打点を稼ぎ出しているこの“三銃士”の前後を茂木、銀次、島内などのしぶといバッターが固め、投げては則本、美馬が堅実に勝つ。他球団から見れば厄介だ。

■西武ライオンズもAクラス争いに

 Aクラス争いに絡んできそうなのが、もう1チームいる。それは西武。「昨年、二冠を達成して自信をつけた秋山が引っ張り、源田、浅村、山川と続く打線にはすごみがあります」(スポーツ紙記者)

 2016年に守備率.982、17年シーズン.984と、もともと守備に難のあったチームだが、辻監督の就任、源田の加入などで、一気に守備力もアップ。これで菊池を中心に投手陣が踏ん張れば、勝ちゲームを落としてしまうようなことは少なくなるはずだ。

 とはいえ、前出の里崎氏などは意外と低評価。「パドレスに移籍した牧田、巨人に移った野上などマイナス要因が多いので、現時点での西武はあまり高く評価はできず、Bクラス予想です。もちろん、今後の状況によってはAクラスに入る可能性も十二分にありますが」

■大谷翔平が抜け、清宮幸太郎が入った日本ハムファイターズ

 本誌予想は4位、江本、里崎両氏が5位と低評価なのが一昨年の覇者・日本ハム。このチームの大きな変化は、なんといっても大谷翔平が抜け、清宮幸太郎が入ったことだ。チームの中心だった大谷の離脱は、興行面では清宮が埋めてくれるかもしれないが、チーム力となると、そうはいかない。「増井はFAでオリックス移籍、マーチンも帰国で自慢の継投陣が穴だらけ。勝てる先発が1枚減ってしまったことで、さらに中継ぎ陣の負担が増えるでしょう。打てる打者でもあった大谷がいなければ、援護の機会も減ってしまいます」(スポーツ紙デスク)

 頼りになりそうなのは主砲の中田くらいだが、その中田はキャンプで肩の痛みを訴えて出遅れている。「ここぞ清宮の出番……と言いたいところですが、守備は素人レベル、手首を痛めてバッティングもままならないという現状では、まだ一軍に定着する戦力としては計算できないですね」(前同) 今季、日ハムの前途は、どう考えても多難そうだ。

 では、オリックスはどうか。金子、西、山岡に続くローテ投手がいないということで本誌は5位と予想したが、前出の里崎氏は、「Aクラスもありうる」と言う。「あのチームは、けっこういい選手がそろっているんです。西武の成績次第ですが、Aクラスに入れる可能性は、そんなに低くはないと思いますよ」

 最後は、井口新監督の体制となったロッテ。「優勝を争うには力不足。昨シーズン15本のホームランを打ったペーニャを切ったわけですが、なにせ、この15本がチーム最多というから、お手上げです。新外国人・ドミンゲスが、どれくらいやってくれるかに期待ですかね」(専門誌記者)

 本誌を含め、評論家諸氏がパの最下位候補に挙げるのもむべなるかなの“神頼み”なのだ。

■セ・リーグはやはり広島東洋カープが強い

 さて、お次はセ・リーグ。やはり、昨年、一昨年とペナントを連覇した広島の強さは抜きんでている。「タナキクマル(田中、菊池、丸)、鈴木など中心選手が、ちょうど脂の乗り切った年齢。エース・ジョンソンの力も衰えていないこともあり、しばらくは広島の天下が続く。今年もセは広島を中心に回っていくはずです」(前同)との見方が一般的。

 だが、一方ではこんな声もある。「確かにジョンソンは今年も計算できるでしょうが、それに続く先発陣、すなわち野村、薮田、大瀬良、九里が、どれだけ活躍できるのかが未知数です。特に野村は一昨年こそ16勝を挙げていますが、昨季は9勝とムラがある。安定して勝ち星を稼いでくれるかどうかは分からないんです」(スポーツ紙デスク)

 他チームなら「負け」となるような試合を何度も打線がひっくり返して勝ち星を重ねてきた広島だけに、投手はその実力以上に「勝たせてもらっている」とも言えるわけで、自慢の打線が湿り気味になった場合、はたして投手たちがその分をカバーできるかどうか、はなはだ心許ないのだ。

■横浜DeNAが「対抗馬」

 そんな広島の「対抗馬」はどこかを考えてみると、浮上してくるのは昨年3位ながらCSを勝ち上がって下剋上を果たし、日本シリーズの舞台に立った横浜DeNAだ。今や侍ジャパン不動の四番となった筒香、打率.323で首位打者となった宮崎、105打点で打点王となったロペスというクリーンアップは、首位・広島以上の破壊力を持っている。「これに加えて、阪神からFAで大和が入ったのは大きい。守備にはもちろん定評がありますが、彼が目指すスイッチヒッター転向がうまくハマれば、1番から9番まで切れ目のない最強打線が出来上がるかもしれません」(スポーツ紙記者)

 江本氏は「このチームは盗塁したり、バントしたりという“細かい野球”ができない」と評価を下げているが、大和の加入によってその目が出てくるなら、攻撃陣には、もはや死角なし。ペナントを奪ってしまう可能性は大いにあるし、そうでなくとも終盤までシーズンのカギを握る可能性は大いにあるのだ。

■巨人・高橋由伸監督は勝負の年

 横浜同様、優勝争いに食い込んでくることが確実なのが、今年、契約最終年を迎える高橋由伸監督率いる巨人。「昨年の敗因を分析すると、1点差で敗れた試合が27試合もありました。逆に1点差で勝った試合は13試合しかないんですが、それでいて完封で勝った試合数は18。要するに、投手は優秀なのに、貧打が原因で4位に沈んでしまったということです」(専門誌記者)

 その反省の上に立って獲得したのが、昨年の本塁打王・ゲレーロだ。陽岱鋼、坂本、マギー、ゲレーロ、阿部慎之助がズラリと並ぶ打線は、他チームにとっては脅威だろう。「外国人枠の関係で、昨年のセーブ王カミネロか新加入のヤングマンのどちらかが出られなくなるのは痛いですが、うまくやりくりすれば、昨年以上に勝ち星を稼げるでしょう」(前同) 由伸監督にとって勝負の年。これで役者はそろった。

■阪神タイガースも実力が拮抗

 さて、横浜、広島、巨人の3チームがAクラスとなれば阪神はBクラスということになるが、江本氏が「今年のセは4強2弱」というように、阪神を含む上位4球団は、どういう順番になってもおかしくないほど実力が拮抗している。

 阪神は金本監督のもとで若手中心のチームへと変革真っ最中であり、これがうまくいくようなら、Aクラスに十分入れる力を持っているのだ。「パの楽天もそうですが、阪神も優勝する力を持っています。星野仙一さんの弔い合戦という意味で、両チームは今年、頑張らなければいけない」(江本氏)

 実際、福留、糸井、鳥谷のベテラン勢にロサリオ、大山、中谷が絡む打線には、“攻撃野球”を標榜する金本監督らしさが表れている。メッセンジャーに頼りきっていた投手陣さえ、なんとかなれば、広島や横浜、巨人を蹴散らすこともできるはずだ。

 だが、そのために不可欠なのは藤浪晋太郎の復活。「藤浪が単なる不調なのか、噂されているイップスなのかは分かりませんが、阪神が勝つためには、藤浪の力がどうしても必要です」(スポーツ紙デスク)

■ヤクルトスワローズと中日ドラゴンズは駒不足

 残るヤクルトと中日だが、ここはどう考えても駒不足。「今年のヤクルトのキャンプは、評論家の間では“いい練習をしている”と評判ですが、今までチンタラしていたのが、スパルタ派の宮本慎也コーチの加入で少しマシになっただけ。そう簡単にチームの体質は変わりませんよ。先発の駒が少なすぎるし、今年から日本復帰した青木がいくら頑張ろうと、ちょっと勝てないですよね」(スポーツ紙デスク)

 最後に中日。松坂大輔の加入で注目はされたが……。「おそらく中日で松坂の話題が中心になるのはキャンプ、オープン戦の間だけ。シーズンに入れば、彼の話題は潮が引くように消えてしまうと思います」(前同)と、シビアな見方をするムキが多い。こうした冷ややかな見方を裏切って、松坂にはぜひ、活躍してほしいものだが……。

 はたして今年の覇者となるのは、どのチームなのか。今から開幕が待ち遠しい!(予想はすべて2月20日現在)

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-