太田光
太田光

 4月3日深夜放送のラジオ番組『JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で爆笑問題太田光(52)が、お笑いタレントで映画監督のビートたけし(71)と事務所独立について交わした会話内容を明かした。

 番組冒頭のあいさつから太田は、たけしが所属していた芸能事務所“オフィス北野”の森昌行社長をイジった。そして「なんだか大変な騒ぎになっちゃったね」と、たけしの独立騒動を話題にすると、相方の田中裕二(53)は「そこはもう分からない。全然、本当に分からないからね。俺はね」と言葉を濁した。

 これは、新事務所“T.Nゴン”に移籍したたけしについて「女性ビジネスパートナーによる洗脳」との報道が見られたことに対し、4月1日、ダンカン(59)や水道橋博士(55)ら“たけし軍団”のメンバーが、それぞれのブログで報道へ反論。森社長の裏切り行為を告発する声明を出したというもの。

 太田は「声明の前の日にたけしさんとお仕事があって」と、3月31日にたけしと仕事で会ったことを明かし、「たけしさん、“T.Nゴン”は分かりやすすぎますよ」とツッコんだところ、たけしは「そうか」と素っ気なく返したという。新事務所“T.Nゴン”の名称の由来について、たけしは3月17日放送の『ニュースキャスター』(TBS系)で、「Tはたけし、Nは(次の)小説の主人公の名前で、ゴンは飼っている犬の名前」と説明している。

 たけしにとって、爆笑問題の二人との仕事は、移籍後初の仕事だったそうで、太田は「たけしさん、フライデー襲撃も、バイク事故も、今回も、全部女じゃないですか」と、今までの騒動はすべて女性絡みだと指摘したところ、たけしは「そんなことねぇよ。バカ野郎」と否定。それでも太田は「たけしさん、女でしか動かないんですか?」と追求すると、たけしが「いやいや、バイク事故はただの事故だから」と言ったため、「そんなわけないでしょ」とツッコんだと明かした。そして、太田は「もうちょっとシャレにできないもんかな、とは思うけど」と苦言を呈したが、田中は再び「分かんないけどね」と言葉を濁していた。

「太田が新事務所移籍も女性絡みだと指摘したのは、“T.Nゴン”の取締役が、たけしの愛人と言われている女性で、愛称が“ゴンちゃん” だからでしょう。2015年に“T.Nゴン”を設立した頃、たけしが女性と同棲していると報じられたこともあります」(お笑いライター)――さて、真相は?

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る