長濱ねる(欅坂46)
長濱ねる(欅坂46)

 4月5日放送の『ザ・タイムショック 最強クイズ王決定戦SP2018春』(テレビ朝日系)に欅坂46長濱ねる(19)が出演。インテリ芸能人が参戦する中、準決勝まで進出する健闘を見せ、ファンから称賛を受けている。

 同番組は人気クイズ番組だった『タイムショック』シリーズに新要素を加えたもの。昨年春に『ザ・タイムショック』として復活を遂げ、1年を経た今回は、さらに新たなクイズ形式が導入された。

 1回戦を突破した長濱は2回戦でも善戦。ミッツ・マングローブ(42)と準決勝進出を懸けて早押しクイズで対決することになった。

 1問目に出題された前回の冬季五輪開催地は答えられなかったものの、昨年“バブリーダンス”で話題を集めた高校名を答える2問目では、瞬時にボタンを押して見事正解。そして正解したほうが勝ち抜けとなる3問目、「インターネット上でユーザーの分身を表す言葉は?」という問題で長濱は「アバター」と回答して正解し、ミッツを下して準決勝へ進出を決めた。

 準決勝の相手はメイプル超合金カズレーザー(33)。どちらかが2問以上間違えるまで続く「2人同時エンドレスタイムショック」で対決したが、同志社大学卒のカズレーザーの前に惜しくも敗れ去ってしまった。

 しかし、この健闘にファンからは称賛とねぎらいの声が続出。「早押しすごすぎて鳥肌立つレベル」「押すタイミングが神がかってる」「残念だったけど健闘した。よく頑張ったわ」「カズレーザー相手にここまで持ち込めただけでも大したもの」などの反響が上がっている。

「長濱は欅坂46に入る前の一般人時代、高1、高2と2年連続で『全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)の予選に参加し、県大会決勝に進出するほどの頭脳を持っています。最近ではクイズ番組にも多く出演するようになり、昨年3月の『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系)では、チームの100万円獲得が決まる重要な問題で見事正解していました」(テレビ誌ライター)

 今後も多くのクイズ番組で爪痕を残していきそうな長濱。活躍に注目していきたい。

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る