長濱ねる(ながはまねる)

長濱ねる

1998年9月4日生まれ。長崎県出身。O型。3歳から7歳までを長崎県の五島列島で育つ。2015年11月にけやき坂46(現在の日向坂46)のメンバーとして加入。最終審査を受けておらず特例での加入のためデビューシングル『サイレントマジョリティー』には参加していないが、収録曲『乗り遅れたバス』でCDデビューを果たした。2016年にリリースされた2ndシングル『世界には愛しかない』には選抜メンバーとして参加、同時にけやき坂46と欅坂46を兼任することになった。2017年からは欅坂46専任として活動。欅坂46では『また会ってください』や『100年待てば』などソロ曲を発表するなど、グループの中心メンバーとして活躍。2017年には初のソロ写真集『ここから』(講談社)を発売し、累計21万部を突破し、乃木坂46の白石麻衣に次いで「女性ソロ写真集週間売り上げ部数」歴代2位を記録する快挙を果たした。また、地元である長崎県の観光大使にも就任するなど、地域に根ざした活動も行っている。2019年7月に開催された「ありがとうをめいっぱい伝える日」をもって欅坂46を卒業。当初今後の活動については未定とされていたが、2020年7月に『セブンルール』(関西テレビ)のMC就任とともに芸能活動を再開した。同時に長濱ねる公式サイトとTwitterも開設。MCでの活動のほか、『ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA)にてエッセイ「夕暮れの昼寝」の連載をスタートさせるなど、多岐にわたって活動を行っている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3