デヴィ夫人
デヴィ夫人

 4月11日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、タレントのデヴィ夫人(78)が登場。ドッキリに対する反応が、視聴者をほっこりさせたようだ。

 この日の放送は、「こち亀検証SP」と題し、秋本治氏の人気ギャグ漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(集英社)に登場したネタが、現実でも実行可能かを検証。その中で、ターゲットが釣りをしているところに、水中にいるダイバーが釣り針に直接魚を仕掛け、どこまでバレないかを確かめる“接待釣り”の検証が行われた。

 そのターゲットになったのが、デヴィ夫人。仕掛け人のロンドンブーツ1号2号の田村亮(46)、品川庄司庄司智春(42)、尼神インター(33)らと一緒に、船釣りに向かった。

 デヴィ夫人が釣りを開始すると、さっそく水中にいるダイバーがデヴィ夫人の釣り針にアジを引っかける。まったく気づかずに、そのアジを釣り上げたデヴィ夫人はご満悦で、アジを手にして笑顔を見せた。

 続けてデヴィ夫人は高級魚のタイ、そしてタコを釣り上げていく。しかし、タコが釣れたことに疑問を感じたのか、デヴィ夫人は「タコなんか釣れるの?」と周囲に質問。さらにイカを釣り上げたところで、「ちょっとおかしくない? タコが釣れたり、イカが釣れたり」と不信感を強めたが、釣り好きの田村亮がうまくフォローして事なきを得た。

 釣れる魚を怪しみ始めたデヴィ夫人だったが、その後、明らかに不自然な伊勢エビを釣り上げるとむじゃきに大喜び。これにはVTRを見ていたたむらけんじ(44)も、「それ(エビ)はええんかい!」とツッコみ、スタジオは大爆笑していた。

 そんなデヴィ夫人の反応に、視聴者も大ウケ。ネットには「タコ、イカは怪しんだのにエビはいいのかよ」「エビが釣れたことに、いっさい疑いを持たないのね!」「エビは信じるという謎」「さすがにデヴィ夫人も気づくと思ってた」「エビが釣れて普通にめっちゃうれしそうにしてる」など、デヴィ夫人の天然ぶりへのコメントが相次いでいた。

「デヴィ夫人は、2017年放送の同番組でも『早弁先生』というドッキリ企画のターゲットになっています。そのときは、何も知らない講師役のデヴィ夫人が料理を作る間に、芸人が気づかれずにどれだけ盗み食いできるかを競う内容でした。このときもデヴィ夫人は、最後まで盗み食いにはまったく気づきませんでしたね」(テレビ誌ライター)――予想外のリアクションが最高!

あわせて読む:
・水ダウ、JOYと梶原雄太の「ひどすぎる八百長対決」が大ウケ!