亀梨和也の「ハエの歌」がかっこよすぎ!? アースジェット新CMに大反響

 KAT-TUNの亀梨和也(32)が、殺虫剤「アースジェット」(アース製薬)の新CMに起用。そのCM映像が「かっこよすぎる」と話題になっている。

 今回の新CMは、亀梨が歌うハードなロックテイストの曲をバックに、亀梨が害虫のお面をつけた怪人風の男たちと戦うという内容。廃墟のようなビル内で、亀梨はハエや蚊のお面をつけた怪人たちに遭遇。思わず亀梨は怪人から逃げ出そうとするが、周囲を取り囲まれてしまう。

 そのとき亀梨の歌うCMソングの「うっとうしさを振り払うために、握り締めるアースジェット!」という歌詞と同時に、亀梨の手にはアースジェットが。

 そして亀梨は、周囲を大きく回転しながら、アースジェットを噴射。亀梨が360度ターンし終えると、怪人たちは後方に吹っ飛んで一網打尽となり、最後に亀梨は手にしたアースジェットを天高く突き上げる。

 亀梨がド派手なアクションと、ロック風のCMソングを披露する今回のCMを、ファンは大絶賛。ネットには「ハエの歌をこんなにかっこよく歌える人がいるなんて……」「害虫って負のイメージしかないのに、亀梨らしさ全開のCMで、美とか艶に変換されそう」「亀梨さんのカッコ良さと歌唱力を見せつけながらも、これはアースジェットのCMなんだと強烈に印象づける素晴らしい演出!」「“殺虫剤のCMってもっとコミカルじゃなくていいの?”っていうくらい、亀梨くんのかっこよさがあふれてる」など、亀梨のかっこよさが際立つ映像への称賛が相次いでいた。

「ジャニーズが出演した殺虫剤のCMといえば、2009年に舞踏冠(ぶとうかん)というユニットが出演した、KINCHOの『コンバット』のCMがあります。舞踏冠は、Kis-My-Ft2の千賀健永(27)、A.B.C-Zの塚田僚一(31)らが所属していたユニットで、同CMではゴキブリにふんしたメンバーが、クールなダンスを披露するという内容でしたね」(芸能誌ライター)――何をやっても絵になる!

あわせて読む:
・KAT-TUN、再始動の『Mステ』で“粋な演出”