梅沢富美男、志村けんとの“体当たりコント”に称賛続々「超面白かった!」

 4月18日に放送された『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)に、俳優の梅沢富美男(67)が出演。コントで体を張った演技を披露した。

 梅沢は、志村との時代劇コントに挑戦。病弱で寝たきりの父を演じる志村けん(68)と、その娘を演じる華子(29)の家に、借金取り役の梅沢が現れる。

 梅沢が借した金を返せと声を荒らげると、床に伏した志村は「あと3日、あと3日……」と返済を待ってほしいと懇願。これに対し、梅沢は「銭が払えねぇなら、娘(借金の)かたにもらってくぜ」と言って、華子を連れ去ろうとする。

 梅沢が華子の腕をつかむと、寝たきりだったはずの志村が起き上がり、「それだけはおやめください!」と言いながら、思いきり梅沢を壁に叩きつける。

 あまりの衝撃に、梅沢は「リハーサルと違うじゃねぇか……」と思わず愚痴。しかし、それでも華子をさらおうとすると、志村は「勘弁して!」と言って、再び梅沢の体を壁にぶつける。

 さらに、あきらめのつかない梅沢が「ケツ触らせろ!」と華子に近づくと、志村は梅沢の体をふすまに向かって押し出し、梅沢は頭から激突。ふすまを突き破ってしまう。

 その後も、梅沢は障子に向かって突き飛ばされたり、水がめの水に顔面を突っこまれたりと、志村からさんざんな目に遭わされる。そして最後は頭上から落下してきた柱で頭を打っていた。

 そんな梅沢出演のコントは大好評だったようだ。ネットには「梅沢富美男、めっちゃ体張ってて笑った」「けっこう痛そうなんだけど」「思いっきり頭ぶつけてない!?」「70近いのにすげぇな」「水責め、超面白かった」「芸人ばりに奮闘する大御所俳優」「迫力ある演技なのに、面白いのはさすがだな」と、梅沢の体を張った奮闘をたたえるコメントが多数上がっていた。

「梅沢富美男は、人生初の冠番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)がスタートするなど、最近の活躍ぶりはめざましいものがあります。今回のコントの演技もさすがのひと言で、ひっぱりだこになる理由が分かりますよね」(芸能誌ライター)――今、もっとも勢いのある67歳。

あわせて読む:
・梅沢富美男、大好物「卵かけごはん」への凄まじい“こだわり”