海の向こうで“二刀流”大谷翔平(23)が旋風を巻き起こす中、日本でも、予期せぬ“二刀流”の活躍が球界の話題をさらっている。「中日ドラゴンズの松坂大輔(37)が、5月20日の阪神タイガース戦に登板。6回を投げて1失点、7奪三振と上々の数字で…


あわせて読む:
・巨人・岡本和真vs西武・山川穂高「新世代スラッガー」徹底比較
・プロ野球OBたちが語る「超プロ野球級」の選手たち
・大谷翔平に受け継がれる「イチロー魂」