大谷翔平フィーバーが止まらない。だが、アメリカも、このまま黙っちゃいない。そこで今回、老婆心ながら海を渡った侍に、気をつけるべき難敵を教えよう。「まずは(1)長距離移動。アメリカは広いので、10時間移動とかもザラですから。そして(2)ボー…


あわせて読む:
・大谷翔平、投手と打者「どっちがスゴイ」?
・『キスマイ超BUSAIKU!?』、“ランキング放送なし”で波紋
・とんでもなくモテる!? 関係者が明かす藤井聡太七段の強さの理由