海に囲まれた島国である日本は、古くから魚食大国として、多種多様な魚を、刺身、焼き魚、煮魚など、さまざまな調理法で楽しんできた。ところが近年は消費者の“魚離れ”が進んでいる。その理由は「料理が面倒」「食べにくい」といったイメージがあるからだ。一方、乱獲などの影響で魚資源の枯渇も指摘されている。また世…


あわせて読む:
・食文化研究家も太鼓判「夏に食べるべき国産食品」で元気ビンビン!
・『鉄腕ダッシュ』、城島茂の“プロ級”包丁さばきを漁師も絶賛!
・阿部桃子「高級寿司にケチャップ」で、職人も絶句!