みんなが大好き回転寿司! 人気ナンバーワンのチェーン店は?
※画像はイメージです

 寿司と言えば、日本が世界に誇る国民食。中でも、手軽に楽しめるのが、回転寿司だ。コンベアに乗った寿司が回ってくるスタイルで、とりわけ子どもに大人気。近年は、寿司だけではなく、カレー、ラーメン、スイーツなど、バラエティに富んだサイドメニューも人気がある。

 ちなみに回転寿司の歴史は古く、1958年に大阪府布施市(現・東大阪市)にできた日本最初の回転寿司店“元禄寿司”が発祥とされている。もともとは、大阪の立ち食い寿司店の経営者が、ビール製造のベルトコンベアをヒントに、多くの注文を低コストで効率的にさばくため考案したそうだ。以降、回転寿司チェーンは全国的に広がった。

 いろいろな工夫でしのぎを削る回転寿司チェーン、たくさんのチェーンのうち、人気のお店はどこなのか。20~50代の男女200人に、一番好きな回転寿司チェーンを聞いてみた。

 第6位(6.5%)は「すしざんまい」だった。2001年に築地に第1号店をオープンし、今では東京以外にも神奈川県、埼玉県、大阪府、福岡県などに出店。回転寿司だけではなく、カウンター店も多い。12年以降は、毎年1月5日に築地中央卸売市場で行われる初競りで、マグロを最高値で落札していることでも有名だ。

 すしざんまいを選んだ人からは「ネタがいい」(49歳男性)、「ネタの種類が多い」(58歳女性)といった、鮮度とバラエティに対する声が多く、中には「ちょっと高級っぽい」(37歳女性)という意見も。都内であれば築地をはじめ、繁華街に店を構えているからか「場所がいい」(49歳男性)という答えも見られた。

 第5位(7.0%)に選ばれたのは「銚子丸」。当初は玩具店及び飲食店の経営を行っていたが、1979年に持ち帰り寿司、87年に回転寿司事業に参入、2005年に社名を株式会社銚子丸に変更した。ちなみに、ロゴマークには“銚子港直送”の文字があるが、これは新鮮な食材を提供するという企業使命を表していて、食材すべてが銚子港直送というわけではない。

 銚子港を選んだ人からは、ネタに対する評価だけではなく「お薦めの旬のネタがある」(44歳男性)、「ネタが新鮮なだけではなく雰囲気がよくサイドメニューが豊富」(46歳男性)など、季節に合わせたメニュー展開や店の雰囲気が好きという人もいた。また、「たまたま入店したときに店員さんの対応もよくネタが大きく満足した」(45歳女性)と、接客への評価もあった。

 第4位(10.0%)は、回転寿司チェーン4強の一つに数えられる「かっぱ寿司」だった。店舗は全国くまなくあり300店舗以上を展開している。店名は、1979年に長野市で第1号店を開業した際、他店との差別化のため、水流で皿を回していたが、水に浮かぶ皿がかっぱの皿に見えたことに由来するという。

 かっぱ寿司を選んだ人たちで、圧倒的に多かった意見は「メニューが豊富」(36歳男性)という声。続いて「安い」(30歳男性)、「価格が適正」(58歳男性)、「近所にあってなじみがある。手軽な価格でおいしい」(33歳女性)と、コスパの良さを歓迎する意見もたくさん寄せられた。「食べ放題がある」(37歳男性)と、ネット予約限定のサービスにも反響があった。同チェーンではサラダ軍艦が超人気メニューなのだが、「サラダ軍艦がとにかく好き。他の大手チェーン店に比べると空いているから、待ち時間がない」(38歳女性)と、人気メニューを絶賛する人もいた。

  1. 1
  2. 2