『3年A組』永野芽郁を超える? 今田美桜の演技が見逃せない
※画像は日本テレビ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』番組公式ホームページより

 菅田将暉(25)が主演の日曜ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)は、早くも第一部が完結。第4話で物語の全貌が徐々に見え、ドラマが奥深くなってきた。そんな中、あの若手女優に注目が集まっている。まずは1月27日の放送を振り返ってみよう。

 生徒を監禁し、景山澪奈(上白石萌歌/18)自殺の真相に迫る、3年A組の担任、柊一颯(菅田将暉)。第4話では景山を追い込んだ、フェイク動画の制作者探しをすることになった。これには甲斐(片寄涼太/24)が早々と手を挙げるが、甲斐の裏にいる黒幕の存在がほのめかされ、一颯は夜の8時までに真相を語るよう促す。その裏には一颯の元恋人、文香(土村芳/28)とも関連を持つ「ベルムズ」という半グレ集団の存在があった。そして甲斐は一颯に一対一での対決を申し出る。

 澪奈を誘拐しようとした半グレ集団のベルムズ、そしてそのトップであるK(栄信/33)が登場という新展開。さらには一颯が病に倒れるなど、『3年A組』は想像が追いつかないミステリアスさでファンの心をつかんでいる。そして今後、物語に大きく絡んできそうなのが、生徒役の一人、諏訪唯月を演じる今田美桜(21)だ。そう、第4話で、逮捕されたKの恋人という設定が明らかになったのだ。

 話が進むごとに明らかになっていく事実が多い『3年A組』。クラスの女子の中でも気が強く前に出ることが多かった唯月が、ベルムズという悪役につながっていた事実はかなり衝撃的だった。これには「黒幕は今田美桜ちゃんかぁ」など、SNS上で盛り上がりを見せていた。

  1. 1
  2. 2