倖田來未は「4億円」オファー! 一流芸能人の「トンデモ別荘」
画像はイメージです

 6月11日発売の『女性自身』(光文社)が、歌手の倖田來未(36)が所有する推定価格2億円の別荘に4億円の買い取りオファーが来ていると報じた。

 倖田の別荘が建つのは、神奈川県内の高級リゾート地。現在、同地の人気が高まったことで、建築当初、2億円と言われていた別荘の不動産価値が「4億円でも欲しい」と、2倍に高騰しているのだという。

「同誌の記事によると、倖田の別荘は、入江の浜辺から続く崖を切り崩して建てられた、コンクリート打ちっ放しの3階建て。美しい海を一望でき、別荘からビーチまではらせん階段が設けられ、階段を降りればすぐに海に出られるというプライベートビーチつき。さらに音楽スタジオやプールもある物件だといいます。こだわりが詰まった建物と好立地の別荘だけに、4億円というオファーに対しても倖田は別荘を手放すつもりはないとか」(芸能記者)

 高騰の理由は、通常なら家が建たない崖の上という立地で、造成には莫大な金額がかかる。しかし、倖田がこの土地に別荘を建てたことで、他にも同地に別荘を建てる人が続き、この立地の価値が認められるようになったと『女性自身』では伝えている。

 4億円とは目もくらむような金額だが、芸能界にはさらにとんでもない、超豪華別荘を持つタレントが少なくない。

 メイクアップアーティストのIKKO(57)は軽井沢に別荘を所有している。

 50畳のリビング、24時間掛け流しの天然温泉、玄関の床は大理石、床には1000万円のペルシャ絨毯が敷かれているという。

 もともとは国立公園内の高級別荘地で、企業の保養所を買い取り、建物をリノベーションしたもので、敷地はなんと600坪。総額20億円の超豪華別荘は、テレビでも何度も取り上げられている。

「2015年6月放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)では、豪邸完成のお祝いにパーティーを開くという趣旨で、とんねるず石橋貴明(57)と木梨憲武(57)とともに、KABA.ちゃん(49)や山里亮太(42)、とにかく明るい安村(37)、2700、バンビーノらがIKKOの別荘を訪問しました。

 番組では、木梨が別荘の壁に『ペレ』と落書きしたり、和室の障子を破壊、下半身丸出しでソファに座るなど、“とんねるずらしい”企画になりましたが、ネットでは“さすがにやりすぎ”“IKKOさんがかわいそう”と炎上する騒ぎになりましたね」(前出の芸能記者)

  1. 1
  2. 2