『7ORDER project』ド派手始動!「ジャニーズ辞めたほうが得」の声
画像はイメージです

 ジャニーズJr.内グループでもトップクラスの人気を誇った『Love-tune』が、昨年11月をもってグループを解散し、メンバー全員がジャニーズ事務所を退所すると発表。ファンを中心に大きな衝撃が走った。

「通常、ジャニーズ事務所は、Jr.メンバーに関しては退所しても“アナウンスしない”という慣例があります。Love-tuneは、事務所公式サイト『ジャニーズジュニア情報局』を通じてメンバー全員の退所を発表しましたが、これは異例中の異例のことでした」(芸能記者)

 それだけ人気のグループだったLove-tuneの解散と退所の理由について、昨年12月1日『週刊文春』(文藝春秋)のネット番組『直撃!週刊文春ライブ』が詳報。その原因は、事務所との契約書問題だったと伝えている。

「昨年1月10日に行われたジャニーズ事務所とジャニーズJr.たちが契約書を取り交わすという説明会で、Love-tuneのメンバー7人だけはその場で契約せず、“一度持ち帰ってゆっくり考えたい”と応じたといいます。これ以降、事務所からの冷遇が続き、それまでJr.内グループでも1~2位の人気だったにもかかわらず、露出が極端に減り、昨年末の解散と退所に至ったようです。

 しかし、彼らが『7ORDER project』となり本格始動するということで、今後の7人の活躍が楽しみになりましたね」(前出の芸能記者)

『7ORDER project』とは、Love-tuneとして活動していた、安井謙太郎(27)、真田佑馬(26)、諸星翔希(24)、森田美勇人(23)、萩谷慧悟(33)、阿部顕嵐(21)、長妻怜央(21)の7人が1人も欠けることなく再集結したプロジェクト。

 今年4月19日にはTOKYO MXで冠番組『イケダンMAX』がスタート。5月22日にはプロジェクトを本格始動させた。

「6月11日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、誌面の前半後半、16ページにわたってカラーグラビアで『7ORDER project』を特集。この号の『週刊女性』をジャックするような勢いで掲載されていて、本当にすごいですよ。ジャニーズには、『Hey!Say!JUMP』、『Sexy Zone』、『King&Prince』とデビュー済みの若手グループも多く、上が詰まっていますから、Jr.内グループのままでは、ここまで大々的に取り上げられることはなかったでしょうね。

 さらに8月22日からは、東京・天王洲の銀河劇場を皮切りに、単独舞台『7ORDER』の上演も発表されました。ジャニーズ事務所を退所しましたが、最近はテレビ以外にもYouTubeやSNSなど、さまざまなメディアで情報発信ができますから、今後も舞台や雑誌などを中心に活躍していくのではないでしょうか」(女性誌記者)

  1. 1
  2. 2