SMAP、タッキー&翼、嵐…逝去・ジャニー氏からの「感涙メッセージ」
画像はイメージです

 ジャニーズ事務所の代表取締役社長・ジャニー喜多川氏(本名:ジョン・ヒロム・キタガワ)が7月9日の午後4時47分に、都内病院で永眠したと同事務所から発表された。享年87だった。男性アイドル事務所の社長として数多くの人気グループ、タレントを排出してきたジャニーズ。その社長の訃報に日本中が悲しみに包まれている。

郷ひろみ(63)、田原俊彦(58)、近藤真彦(54)、少年隊、光GENJI、SMAP、TOKIO、など、ジャニーさんが売り出したタレントを挙げたらきりがありません。ここまでの成功は、ひとえにジャニーさんの所属タレントに対しての深い愛ゆえでしょう。ジャニーズには事務所を辞めて、ジャニーさんとは別々の道を進む決心をしたタレントも数多くいますが、その都度、背中を押す言葉を残しています。辞めるタレントのファンには、ジャニーさんの言葉がきっと暖かく響いていたはずです」(芸能記者)

 2016年末にグループを解散したSMAP。メンバーの中居正広(46)と木村拓哉(46)はグループ解散後もジャニーズ事務所に残留することを発表したが、草なぎ剛(44)、稲垣吾郎(45)、香取慎吾(42)の3人はSMAPのデビュー日である1991年9月9日と同じ日である、2017年9月9日にジャニーズ事務所を退所した。

 ジャニーズ事務所は6月18日にマスコミ各社にファックスを送り、3人の専属マネジメント契約終了を発表。ファックスにはジャニー氏からSMAPへのメッセージも記載されていた。

「ファックスにはジャニーさんによる“彼らを想う気持ちに変わりありません”“これからも沢山の人々に感動と幸せを届けてくれることと確信しています”という3人を応援する言葉がありました。

 また、それに加えて、いかにもジャニーさんらしい“謎ワード”もありました。SMAPというグループ名には、“SPORTS MUSIC ASSEMBLE PEOPLE”のそれぞれの頭文字をとった“スポーツと音楽をやる人たち”という意味が込められているのですが、ジャニーさんはファックスで“(S)すばらしい 、(M)MEMORIES 、(A)ありがとう、(P)POWER”と明言。最後の最後でSMAPという名前の新しい意味を示したんです。ジャニーさんにしか言えない、思わず笑顔になってしまうような前向きなメッセージですよね」(前出の芸能記者)

  1. 1
  2. 2