米津玄師はどうなる?『紅白歌合戦』特別枠乱発に見える危機
※画像はイメージです

 2019年、令和元年の『NHK紅白歌合戦』の出場者が、11月14日に発表された。初出場は日向坂46、Foorin、LiSA(32)、Official髭男dism、King Gnu、GENERATIONS、Kis-My-Ft2、菅田将暉(26)の8組が、発表された。

 あくまでも個人的な感想だが、ここ近年は「聴かせる紅、魅せる白」というイメージがある。紅組の歌唱力の厚さは、今回もすごいことになっている。ベテランの石川さゆり(61)、坂本冬美(52)、天童よしみ(65)、中堅のMISIA(41)、Superfly、島津亜矢(48)、椎名林檎(41)、そして若手のLittle Glee Monster!

 一方の白組はジャニーズの華麗なパフォーマンスはもちろん、年齢を超越したパワーで魅せてくれる郷ひろみ(64)、毎回スマートにさまざまなジャンルとのコラボレーションをこなす山内惠介(36)、できれば今年もけん玉ギネスを更新してほしい三山ひろし(30)などジャンル問わず、演出にアイデアを凝らしてくる。初出場の菅田将暉は奇抜なファッションセンスも人気なので、衣装も楽しみだ。大トリは、アニメ『ドラゴンボール超』の主題歌『限界突破×サバイバー』で表現力の幅を広げ、老若男女すべてのどぎもを抜いた氷川きよし(42)に期待したい!

 ただ、この時点で41組。4時間半という長丁場を考えると、正直、出演アーティストがかなり少ない。19年上半期の連続テレビ小説なつぞら』(同局系)の主題歌『優しいあの子』を歌った、スピッツの名前もない。今年、日本を盛り上げた最大の功労者、ラグビー日本代表はゲストとして登場するだろうが、ラグビー日本代表の応援ソング『兵、走る』を歌ったB'z、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)の主題歌『馬と鹿』が大ヒットした米津玄師(28)の名前もない。さらには去年に引き続き、ソロ活動が絶好調の宮本浩次(53)の名前もないのだ。

 とはいえ、それらは「この時点で」の話ある。近年の『紅白歌合戦』は出場歌手決定の後のサプライズが多い。特別枠ができてから、そのあまりにも便利で汎用性が高い名のもとで、出場歌手が決まった後も交渉を続けて追加発表……というパターンが続くようになってきた。これは正直、普通に出場をOKしたアーティストは、心中複雑なのではないかと思ってしまう。

  1. 1
  2. 2