初期の乃木坂46は「16人のプリンシパル」に代表される演劇志向や個人PVといった独自の路線を模索しつつも、なにより「公式ライバル」としてAKB48という巨大な他者に自らのアイデンティティをゆだねる立場でもあった。そのなかで、デビュー初年度の乃木坂46はAKB48の映像作品を象徴する人物を、自らのコンテンツ制作に招聘している。それが高橋栄樹だった。


あわせて読む:
・新キャプテン秋元真夏の愛され力が乃木坂46メンバーの回答から見えた!
・現役アイドル・前田美里「推しメンは熱を持っている欅坂・守屋茜、日向坂・渡邉美穂、乃木坂・北野日奈子」【写真34枚】
・生駒里奈「ラブラブすぎる」秋元真夏と再会して愛が爆発!
・齋藤飛鳥、瀧野由美子、森保まどか他、楽器のうまいアイドルを探してみた
・乃木坂46金川紗耶の本誌未掲載カット5枚を大公開!【EX大衆12月号】