乃木坂46
※画像は乃木坂46のシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』(通常盤)より

初期の乃木坂46は「16人のプリンシパル」に代表される演劇志向や個人PVといった独自の路線を模索しつつも、なにより「公式ライバル」としてAKB48という巨大な他者に自らのアイデンティティをゆだねる立場でもあった。そのなかで、デビュー初年度の乃木坂46はAKB48の映像作品を象徴する人物を、自らのコンテンツ制作に招聘している。それが高橋栄樹だった。


香月孝史

1980年生まれ。アイドルなどポピュラー文化を中心にライティング・批評を手がける。2019年に催された企画展「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」(ソニー・ミュージック六本木ミュージアム)では解説文の作成や展示内容の選定に携わる。著書に『「アイドル」の読み方 混乱する「語り」を問う』(青弓社)、共著に『社会学用語図鑑 人物と用語でたどる社会学の全体像』(プレジデント社)など。

EX大衆 2020年2月号

EX大衆 2020年2月号は
絶賛発売中!購入はこちら