『2016年の週刊文春』は文藝春秋という会社と『週刊文春』という雑誌を軸に、日本の出版ジャーナリズムを描き切った大作だ。主人公は花田紀凱と新谷学、2人の『週刊文春』編集長。著者の柳澤健は、2人の間の世代の文藝春秋社員で、彼らとともに仕事をしてきた編集者だった。彼が見た2人の天才編集者の実像とは――…


あわせて読む:
・元AKB48小嶋菜月「美バスト」を生かしてグラビア方面で個性を発揮したアイドルの新たな夢
・【コロナ禍の登山】 この夏、富士山の山小屋はどうなる? 富士山八合目の「太子舘」に聞いてみた <富士山>
・櫻井翔『ネメシス』に上田竜也!なにわ西畑大吾は…「Jのエクスタシー共演」
・松井愛莉、“人生初”ショートヘアに「別人になったみたい」「ウィッグだと」と驚きの声