日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆安田美沙子(タレント)

[週刊大衆08月18日・25日合併号]

ズバリ本音で美女トーク☆安田美沙子(タレント)

もっと画像を見る

「結婚してサポートにまわろうと思ったこともあったけど無理。性に合わないみたいです」

今年3月14日、約2年の交際を実らせて、ファッションデザイナーの一般男性とゴールインした、タレントの安田美沙子さん(32)。新婚ほやほやで、幸せいっぱいの安田さんに本誌が直撃インタビュー! 気になるプロポーズの言葉や、新婚生活について、赤裸々にズバリ本音で語ってもらいました!

――ご結婚おめでとうございます!

安田 ありがとうございま す!

――いきなり立ち入った話で恐縮ですが、新婚生活はいかがですか?

安田 楽しいですよ。2人ともお笑いが好きなので、お互いにボケたり、ツッコミを入れたり、友達みたいな関係ですね。結婚して何か変わるかと思ったけど、それほど変わってないんですよ。苗字は変わりましたけどね(笑)。

――主婦業は、いかがですか?

安田 ごはんを作る回数が増えました。以前から料理は好きだったんですけど、レパートリーが少なくて。でも、いろんな手料理を食べてほしくて、あちらのお義母さまにアドバイスをいただきながら日々、勉強しているところです。

――健気な奥様ですね!

安田 だって、早死にしてほしくないから、料理はきちんと作らなきゃと思って。未亡人にはなりたくないので(笑)。

――それにしても、はんなりした京都弁で世の男性を癒してきた安田さんが人妻 だなんて……。

安田 ウフフ。主人の友達が家に遊びに来たときに、"妻です"って紹介されると、結婚したんやなぁ……って実感しますね。

――旦那さんは男性ファッションブランドの経営者兼デザイナーなんですよね。

安田 はい。2年くらい前から、おつき合いさせていただいていました。

――ちょうど2年前の本誌のインタビューで"落ち着いていて、家庭的な人がいい"と言っていましたが、旦那さんはそういう男性?

安田 そうですね。飾らない性格の素朴な人です。まさにその頃、つき合いはじめだったのかも(笑)。

――アパレル関係だと、なんとなく派手なイメージがありますが……。

安田 そう思われがちなんですけど、まったくそんなことないですよ。腰が低くて、いつもニコニコしているソフトな人です。知り合いに主人を紹介すると、"イメージと違った"って言われるんです。いかつくて、鼻にピアスをしているような人を想像しているみたいで(笑)。

――3月14日のホワイトデーに入籍したんですよね。

安田 はい。でも、急に決まったんですよ。プロポーズが3月9日だったので、5日後には入籍しました。

――プロポーズは、どんな言葉だったんですか?

安田 それが、聞き逃しちゃったんですよ!

――えっ、どういうこと?

安田 名古屋で開催されたウィメンズマラソンに参加したのですが、走り終えて楽屋に戻ると、彼が待っていてお花を渡してくれたんです。そこにお手紙も添えられていて、開けてみたら……なんと婚姻届だったんです。

――おぉ! 女子がときめくサプライズ演出じゃないですか!

安田 しかも、証人欄にすでに両親の名前が書いてあったんですよ。もうビックリ。それで、たぶん"ずっと一緒にいよう"って言ってくれたらしいんですけど、私はパニック状態で、耳に入ってこなくて……。

――大事な言葉を聞き逃してしまったんですね。

安田 "え!? 今なんて言ったの?"って、聞き返しちゃいました(笑)。

――挙式は決まりました?

安田 今、そのための準備中なんですけど、かなり大変ですね。やっと式場が決まったところで、これからウェディングドレスを選ばなきゃいけないんです。いろいろと決めなきゃいけないことがありすぎて、そのたびに長時間の打ち合わせをして。ちょっとぐったりします(笑)。

――旦那さんはデザイナーですから、こだわりがありそうですね。

安田 そうなんですよ。男性はあまりこだわりがないと思うけど、かなりのこだわり派なので、揉めることもありますね(笑)。それも含めて楽しいんですけど。


35歳までには出産したい!

――幸せオーラいっぱいですね! ちなみにお子さんのご予定は?

安田 35歳までには出産したいです。子どもは2人欲しいですね。ひとり目は女の子がいいな。

――公私ともに充実しているようで何よりです! 最近のお仕事は?

安田 いろんなジャンルに挑戦させていただいていますが、今は、BS11で放送中の『ドクターニッポン今日の健康ワンポイント』にキャスターとして、出演しています。

――どんな内容の番組なんですか?

安田 毎回、お医者様をゲストにお招きして、健康へのアドバイスや、医師としてのポリシーなどをうかがう番組です。生活習慣病や食事療法についてお話をうかがっているのですが、すごく勉強になります。

――番組を見れば、健康的な生活のヒントが見つかるかもしれないですね。

安田 そうですね。あと、病院選びにも役立てると思います。実際、私もこんな素敵な先生がいるなら、こういう病院で診てもらいたいなと思いました。

――産婦人科の先生はゲストにいらっしゃいました?

安田 残念ながら、まだお会いしてないんですよ。でも、"男女の産み分けは絶対できるから、そのときは連絡をください"って、他の科のお医者様に名刺をいただいたことはあります。

――じゃあ、女の子を産む方法を教えてもらわなきゃ。

安田 はい。じっくりお話を聞きたいですね。

――お医者さんといえば、安田さんが、健康面で気をつかっていることはありますか?

安田 ずっと続けているマラソンですね。今は、大会が一段落したので、週1くらいのゆるいペースで走っていますが、大会前になると、月に200キロくらい走って追い込んでいます。

――それは、すごい! アスリート並みですね。最近は、安田さんのような若い女性ランナーも増えていますが、どう思います?

安田 すごくいいことだと思います。ふだんの生活のなかで、自分と向き合う機会は意外と少ない気がするんですよ。でも、ランニングをしている間は携帯電話も持てないし、集中して頭を働かせたりするので、自分自身と対話できる貴重な時間が持てる。そういう意味では、足腰を鍛えること以上のものが得られると思います。

――ご自身も、マラソンをはじめてから変化はありましたか?

安田 変わりましたよ。走っていると、仕事についても冷静に考えられるんです。"次はこうやって演じてみよう"とか"あのセリフはこう言おう"とか、いろんなことが閃くので、仕事面でもプラスになりますね。

――あらためて、マラソンの楽しさを教えてください。

安田 大会があるときは、自分なりの目標を設定して、それに向かって練習をするのが楽しいんです。苦しいこともあるけど、いいタイムが出せたときは何ものにも代えがたい喜びがあります。それと……ゴールしたあとに、自分へのご褒美で飲むお酒は格別です(笑)。


子供服とかも作ってみたい!

――運動不足の読者も多いと思うので、安田さんがオススメする簡単健康法を教えてください。

安田 いきなりランニングだとしんどいかもしれないので、散歩でもいいと思います。1日30分でもいいので散歩する時間を作るんです。

――それなら、誰でも簡単にできますね。

安田 スニーカーさえあればできるので、ぜひはじめてみてください。"路地裏にこんなお店があったんだ"などと新しい発見もあると思うので、探検気分で楽しみながらやってみてくださいね♪

――結婚後も、お仕事は続ける予定ですか?

安田 はい。結婚して、サポートにまわろうと思ったこともあったのですが、無理でしたね。性に合わないみたいで(笑)。これからも変わらずお仕事は続けていきたいです。

――デビュー当時、まだ20歳だった安田さんが、結婚して人妻になるなんて……。本当に、感慨深いものがあります。

安田 この業界に入ったとき、マネージャーさんに"5年続けば、10年続く"と言われたんです。今、デビューして12年経つのですが、私もこんなに長く続けられると思っていなかったので、本当にまわりの人に恵まれたなぁ、と思っています。

――これからも、新しいジャンルのお仕事にも挑戦してみたいですか?

安田 そうですね。いつか子どもができたら、子ども服とかも作ってみたいです。もちろん、今後もお芝居は続けていきたいし、競馬やマラソンにたずさわる仕事も続けていきたいですね。とにかく、仕事が大好きなので、35歳まで全力で駆け抜けて、40歳まで続けられたらいいな、と思っています。

新妻のフェロモンと健康美を振りまきながら、元気いっぱいにインタビューに応じてくれた安田さん。これからも素敵な奥様タレントとしてのご活躍を期待しています!


●ポラロイドプレゼント●
安田美沙子さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で一名さまにプレゼント!
住所・氏名・年齢、「安田美沙子さん ポラロイド希望」と明記のうえ、こちらへメールをお送りください。
応募する

やすだ・みさこ
1982年4月21日生まれ。京都府出身。 O型。身長161センチ。バラエティ番組やドラマ、映画などでマルチに活躍する一方、数々のフルマラソンを完走するなど、ランナーとしての一面も。現在は、BS11で放送中の『ドクターニッポン今日の健康ワンポイント』にキャスターとして出演中。

ズバリ本音で美女トーク☆安田美沙子(タレント)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.