日刊大衆TOP コラム

【パンチ佐藤】大スター・松永浩美さんが「背中を踏んでくれ」と…キャンプの裏話

1isii1

パンチ佐藤の「野球が一番!」
第7回 大スター・松永浩美さんが「背中を踏んでくれ」と…キャンプの裏話


2015年シーズンからBCリーグ『武蔵ヒートベアーズ』の宣伝本部長に就任したパンチ佐藤。かつての日本代表~オリックスのドラ1も、今では芸能人としての色が濃い。そんなパンチが野球界に“復帰”して改めて思ったことは「野球が一番」ということだ。今回は、名プレイヤーとして名を馳せた松永浩美氏やキャンプの裏話を、パンチ流に解説する!
      ★      ★
一部選手を除き、キャンプというのは、単に身体を作る作業ではありません。実は、サバイバルの舞台がキャンプにあるのです。一軍の出場選手登録は28人。これは12球団変わりません。問題は28人の内訳。これは、各球団の事情により大きく異なります。

まあ、一般的な話をすれば、投手は10~11人。残り17~18人が野手になります。その中でレギュラーは8人ですから、僕のような代打屋を始め、控えは9~10人。この9~10席を巡り、サバイバルが展開される。それがキャンプの本質です。

正直、ライバルと思しきプレーヤーが怪我をすれば、陰で「イヒヒ…」とほくそ笑む。この環境が約1カ月続くのです。気疲れして当然ですよね。心が休めませんから。当時、オリックスのキャンプは独り部屋でしたが、球団によっては2人部屋もありました。

よくマスコミに監督は、「レギュラーは関係ない、横一線だ」といいます。これは大ウソ。最初からレギュラーは決まっています。冒頭、「一部選手を除き」と書きましたが、その一部選手がレギュラー組。レギュラーにとってキャンプは、マイペースでできる楽しい練習期間です。

キャンプの練習は勿論、守備位置によって違いますが、午前中は1試合に1度あるかどうかの細かいプレーが主です。例えば、バント処理や一塁・二塁間の狭殺プレーといった守備練習。地味で、面白くない練習ばかりです。

グラウンドにストレスがかかる練習を午前中から行うため、午後のノックは最悪。グラウンドがガタガタになった状態なので、イレギュラーする。公式戦ではあり得ない状況でノックをするのですから、時々ポロッとします。それをすかさず、裏方やコーチはチェック。

そして、何と「もう一丁!」がプロにはないのです。僕らが中学、高校、大学、社会人の時は必ずあった「もう一丁!」。それがプロにはない。そんなところでポロッとしてしまえば、「パンチは守備ができない」という烙印が簡単に押されてしまう。だから、第一印象が絶対なのです。

ここからは、僕ならではの話です。僕が入団一年目のキャンプ初日。練習が終わった後にトレーニング室へ行きました。そこへ大スター・松永浩美さんがやってきて「背中を踏んでくれ」と言うのです。
ユニフォーム姿…背番号「8」の上を歩けというのですから恐縮します。かなり躊躇しましたが、意を決しました。ただ、エチケット的に練習で汚れたソックスで踏むのはいかがなものかと思い、ソックスは脱ぎ「失礼します」と声を掛けて背中へ。

ビックリしました。身体が凄く柔らかい。僕は、足の裏から松永さんの身体の厚みを感じました。太腿の弾力もビックリするほど。今まで、実感したことがない筋肉でした。

ある種の感動を覚えながら踏んでいたのですが、踏み方を間違えたところがあったようで突如、松永さんは「痛て!」と呻いたのです。すると、今まで柔軟だった筋肉が一転、緊張モードへ。想像できないくらい、堅くなったのです。この時、僕は「これがプロの身体か!」とぶっ飛びました。

松永さんは僕を目にかけてくれた大先輩。キャンプ初日、最初に声を掛けてくれ、キャッチボールをさせていただいた方です。一方の僕も、オリックスに入団が決まった時、一番仲良くさせていただきたいと思っていた方は松永さんでした。

というのも、松永さんは高卒からテスト生で入団。最初は用具係でした。そこから人一倍努力して、チームを代表する一番バッターに這い上がった方です。顔は「くせ者」系ですが、性格はサッパリ系。僕にとって一番いい人でした。
松永さんはベースランニングを見ても、他を圧倒。一塁ベースを蹴る足の角度が45度に保たれている。いや、45度というよりも左手が地面に付くくらい、傾斜がある。このベースの蹴りを見て、「違う!」と思いましたね。

例えば、車高の高いトラックやバスは急カーブを曲がると車体が浮いてしまう。ところが、松永さんのそれはカーブになると車体が沈む。その感覚です。

野球の例えでしたら、盗塁がいいかもしれません。二盗の場合、セカンドでアウトセーフは一瞬。センチにすると5cm~10cm足が速いかグラブが先かの話。この5cm~10cmを普段の練習から完璧にできているのが松永さんです。

俊足の松永さんは、100m競走では僕よりもスタートした瞬間に2歩も3歩も前にいる。「よーいドン」でスタートしたハズなのに、この時点でこれだけの距離…これは「敵わないなあ」と思いました。

次回は、当時の上田利夫監督について回顧していきましょう。

野球が一番!

パンチ佐藤(ぱんち・さとう)プロフィール

1964年12月3日生まれ
亜細亜大学から熊谷組を経て、オリックスにドラフト1位で入団。プロ野球時代、トレードマークのパンチパーマと独特な発言で人気者に。引退後はタレントとしても活躍し、2015年シーズンからBCリーグ『武蔵ヒートベアーズ』の宣伝本部長に就任した。

【パンチ佐藤】大スター・松永浩美さんが「背中を踏んでくれ」と…キャンプの裏話

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.