日刊大衆TOP 芸能

テレビ美女「おっぱいニュース」乱れ撃ち!

[週刊大衆02月16日号]

冬ドラマや生放送、はたまた雑誌や会見で旬の美女たちが自慢のバストを大胆披露。今年、収穫された豊潤な果実をご覧あれ!

【芸能美女編】
国民的スター姉の意外な豊乳! 超ハミ乳でオメデタ説が浮上?

寒さ厳しい季節。温かく柔らかなものに包まれて癒されたい。それが男の共通した意見だろう。そんな心の声が届いたのか、旬の美女たちが自慢のバストをお披露目している。今週は、冬の木洩れ日のように美しい、最新のおっぱい目撃情報をお届けしよう!

まずは、1月8日に行われた映画『ジョーカー・ゲーム』の完成披露試写会に登場した深田恭子(32)。
「この日の彼女は、胸元が大きく開いた深紅のロングドレスで、豊かな谷間をモロ出し。共演の亀梨和也も目のやり場に困っていました」(取材カメラマン)
劇中でのラブシーンの撮影時には、深キョンのフェロモンに「オレ"もぉ~"!」とばかりに、牛が発情したとのエピソードが亀梨によって明かされたが、
「牛だけでなく、亀梨クンの股間の"亀さん"もムクッと反応していたのではないでしょうか」(前同)

一方、冬ドラマでは、『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)に主演する真木よう子(32)の巨乳が、揺れに揺れていることが"問題"になっている。
「勤めている会社内を移動する際、やたらと小走りになるので、そのたびに服の上からブルンブルン。怒りに震えながらセクハラ上司に詰め寄るシーンでは、ニットのセーター内の巨乳がひときわ大きく"ブルルルン"と揺れて……。彼女の乳から目が離せなくて、ストーリーがまったく頭に入ってこないのも問題です」(テレビ誌記者)

また、『残念な夫。』(フジテレビ系)の倉科カナ(27)も、真木に負けじと、美巨乳を揺らしまくっている。
「産後の夫婦の物語で、一番の見どころは倉科の授乳シーン。パーカーのジッパーを下げると、かつてグラビアを席巻したF乳が肌着一枚越しにボロンと飛び出してくるんです」(前同)

どちらも視聴率では苦戦しているが、2人のおっぱいをもっと揺らすよう、脚本を書き換えれば、急上昇は間違いないだろう。

続いて柴咲コウ(33)主演『◯◯妻』(日本テレビ系)では、お宝シーンが!
「劇中の土下座シーンで谷間がチラリ。スローで見ると、柔らかそうな円錐型のフォルムが確認でき、しかもプルンと弾むんです。彼女に巨乳のイメージはありませんが、あの膨らみからすると、D~Eカップはありそう。もしかして『◯◯妻』の◯◯には、巨乳の2文字が入ったりして」(前出・テレビ誌記者)

また、『銭の戦争』(フジテレビ系)では、元AKB48の大島優子(26)が、ドーンと突き出たロケット乳を見せつけて、視聴者の度肝を抜いている。
「体にフィットした黄色いニット姿を横から撮ったショットに対し、"おっぱいデカ過ぎ"などと、ネットを中心にファンが騒いでいます」(夕刊紙記者)

お笑い芸人でテレビ美女妄想家のユリオカ超特Q氏は、現在の彼女のバストについて、こう分析する。
「AKB時代、誰よりも激しくダンスを踊っていた大島さんが、卒業して約半年ですからね。おそらく、引退した女性アスリートの肉体が丸みを帯びて、巨乳化するみたいなエッチな現象が、彼女のバストにも起きているんですよぉ!」
女優街道一直線で、ヌードも辞さないと公言する大島だけに"その日"が来るのが待ち遠しい!

バラエティでは、"昼下がりの団地妻"こと橋本マナミ(30)が、挑発パフォーマンスを繰り出している。1月16日放送の『金スマ』(TBS系)で、バストを美しくする"乳トレ"を自らの美乳で実践したのだ。

「赤いスポーツブラをつけた橋本の背後から、女性講師がGカップ乳をもみまくり。その後、ブラの中にまで手を突っ込まれて、彼女が陶然とする場面もありましたね。あの巨乳の柔らかさもわかる名シーンでした」(男性誌グラビア担当)

期待どおりのエロス全開に拍手喝采だが、逆に誰もが「まさか!」と驚いたのは、フィギュア女王・浅田真央の姉・浅田舞(26)の巨乳アピールだろう。

芸能ライターの織田(おりた)祐二氏が次のように言う。
「競技生活中は、大きくなり過ぎた胸が悩みだったそうですが、昨年末に発表した水着グラビアは大好評。お笑い芸人の渡辺直美は、番組内で浅田のEカップをムンズとつかみ、"すっごいデカくて形もキレイ。めちゃくちゃ柔らかいですよ"と絶賛していましたね」

最後は一昨年、俳優の堺雅人と結婚した菅野美穂(37)。このところ仕事をセーブしているが、
「昨年末の東京国際映画祭に、谷間も露わなキャミソールドレスで登場。開会宣言をした安倍晋三首相も、菅野の"ハミ乳"に視線が泳いでいました。ワンサイズ成長したように見える真っ白な双丘に"まさか、妊娠?"なんて声も出ていましたね」(芸能記者)

まさに激震情報!?
【女子アナ編】
下着スッケスケで朝勃ち応援? 餅つきポーズで谷間&ブラ披露

「この季節の女子アナは、ボディラインがクッキリ浮かび上がるニット姿が増えてくるので、片時もテレビから目が離せないんです」
と言うのは"おっぱいには神が宿る。たとえ小さくてもだ〞を座右の銘に、すべての女性を崇拝するコラムニストの下関マグロ氏。

氏の言うとおり、この季節は、毎日が女子アナのおっぱい名場面。1月20日の『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、我らがカトパンこと加藤綾子アナ(29)が、Eカップ乳の透け&寄せ&揺らしのトリプル攻撃で、お父サンたちの朝勃ちを応援(?)した。
「この日は、ブラのラインが透けるほど"極薄〞のライトブルーのニット姿。そんな衣装で、人気芸人・クマムシの歌ネタ"あったかいんだから~〞をフリ付きで歌ったんです。グーにした両手をカラダの前で上下に動かすものだから、巨乳が激しく揺れたばかりか、真ん中にギュッと寄せられ、谷間にニットが食い込んでいました」(女子アナウォッチャー)

そして、今や人気ナンバーワンの日テレ・水卜(みうら)麻美(27)アナは、1月15日の『ヒルナンデス!』で、谷間とブラが丸出しになる、"放送事故〞を起こしている。
「クイズのときに水卜ちゃんが出す"モノマネヒント〞がお馴染みですが、この日はテーマが"一緒にお餅をつきたい女性芸能人〞ということで、全力で餅つきジェスチャー。前屈みになると、緩いニットの首元から、白く柔らかそうな膨らみとベージュのブラが顔を出したんです」(前同)

だが、彼女も乳のデカさでは、NHKの杉浦友紀アナ(31)に一歩譲る。
「1月18日の『サンデースポーツ』で着ていたピンクのミニワンピが、ムチムチでイヤラしいこと。その前日の黒と白のチェックに編み目のニットジャケットも、胸部分がパンパン状態。チェックの直線が波打つように歪んで、胸の大きさをさらに強調していましたね」(芸能記者)

前出のユリオカ氏も、
「彼女が、棒状のラケットやバットを握り、タマを打ち返すようなスポーツを報じるんですから、もはや公開恥辱プレイですよ」
と絶賛(?)するのだ。

そんな杉浦に追いつき追い越せとばかりに、猛追中なのがテレビ東京の相内優香アナ(28)。『ワールドビジネスサテライト』で、巷の流行ものを紹介するロケのコーナーを担当しているが、毎週のように巨乳ぶりが話題になっている。
「衝撃的だったのは、12月21日放送のストレッチ体験取材。タオルを後ろ手に胸を張ると、白いTシャツを突き破らんばかりの爆乳がドーン! しかも、タオルを左右に動かすたびにバストがゆっさゆさ。3Dテレビで見たい名場面でしたよ」(テレビ誌記者)
YCショット多用の逸材も!

昨年秋にTBSを退社して、フリーになった田中みな実(28)も、巨乳化が指摘されている一人だ。
「1月25日の『ニュースな晩餐会』(フジテレビ系)では、ベージュのワンピース下の柔らかそうな膨らみが目立っていました。恋愛が順調なのか、格段に大きくなっている印象です」(前出・ウォッチャー)

グラビア活動も好調の元日テレ・脊山麻理子(34)からも、目が離せない。
「年明けには、美乳がこぼれ落ちそうなセクシーランジェリー写真を初披露。見られるほどに、男好みのボディに進化を遂げていくようで、くびれたウエストはそのままに、バストは少し成長したようにも見えますね」(出版関係者)

前出の下関氏は、脊山にこう期待を寄せる。
「彼女は上昇志向が強く、常に注目されていたいタイプ。ヌードになるなら、キー局アナ初でないと気が済まないのでは? 今年、写真集を出すとしたら、間違いなくヌードですよ」

最後は期待のニュー(乳)フェイス、TBSの宇垣美里アナ(23)と、テレビ東京の鷲見(すみ)玲奈アナ(24)を紹介しよう。2人ともGカップとも言われる巨乳の持ち主で、前出の織田氏は、
「宇垣アナは、ジャケットのボタンが弾け飛びそうな服装が目立ち、鷲見アナは出演中の競馬番組で、ノースリーブ姿を横から撮った通称"YC(ヨコチチ)〞ショットが多用される逸材。両局とも男性視聴者を獲得するために、彼女たちをフル稼働させるでしょう」
新たなる、おっぱい美女の活躍に期待しよう!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.