日刊大衆TOP 社会

地球の38%を構成する物質が名なしの怪?ようやく名称が決定!

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

意外にも、地球にとってとても重要な物質に、これまで正式名称がなかったという、まさに衝撃の事実がこのほど判明した!

その物質とは、地球の38%を構成する鉱物で、さぞかし研究が進んでいて詳細も明らかにされているだろう。と思いきや、その物質の正式名称がようやく決まったのは、なんと昨年というから驚きだ。

これまで、その物質は非公式に「ペロブスカイト構造のマグネシウム鉄ケイ酸塩」と呼ばれていて、性質の詳細が解明されていなかった。なぜかというと、地球内部の高温と高圧にさらされたマントルの奥深くで形成される鉱物だったから、実際に手が届かなかったのだ。

ところが最近になって、ある隕石の解析が進められた結果、その物質は「鉱物リスト」の仲間入りを果たした。どうやら、これが上記の物質と同じものらしい。

そしてようやく、その名が授けられたのだ。
その名は、1946年のノーベル物理学賞受賞者であるパーシー・ブリッジマンに因んで、「ブリッジマナイト(Bridgmanite)」。同物質は、地球の内部に似た高温と高圧があれば、隕石の中でも生成される可能性があることがすでに証明されていたが、これまでのサンプルでは解明することが困難であった。

しかし、1879年にオーストラリアのクイーンズランド州に落下したテンハム隕石から単離し、詳細な分析を行うことによって、ブリッジマナイトが発見されるに至った。

「サイエンス」誌でこの分析について発表した、米ネヴァダ大学地学部のオリヴァー・チャウナー氏と同僚たちは、「この発見によって、この重要な鉱物の自然標本を発見し、同定し、特徴付けるという半世紀あまりの努力に決着がつきました」と語っている。

このブリッジマナイトによって、地球の奥深くで起きている現象のさらなる解明が進むと思うと、なんともダイナミックでロマンに満ちた発見であったといえよう!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.