日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】ステイゴールドの急死で思い出すこと

[週刊大衆03月02日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
ステイゴールドの急死で思い出すこと


数多くの競馬ファンに愛されたステイゴールドが、繋養先の北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションで亡くなりました。死因は大動脈破裂。今シーズン最初の種付けをした直後のことだったそうです。

まだ21歳……あまりにも早すぎる死でした。
現役時代の成績は、50戦して7勝。その中には、ドバイでの勝利(シーマクラシック)と、ラストランとなったGⅠ「香港ヴァーズ」での優勝という輝かしい勲章があります。
4度のGⅠを含め、計12度も2着になったことから、"シルバーコレクター"と呼ばれたステイゴールド。最後の舞台に選んだ香港で、念願のGⅠを取ったときに見せたラスト100メートルの脚は、まさに翼がはえたような感じで、映画やドラマを超えるドラマチックなレースでした。

引退後、種牡馬となった彼が輩出したGⅠ馬は8頭。
タイトル数は21個に上ります。その中には三冠馬オルフェーヴル、ゴールドシップなどそうそうたる馬たちがいて、どういうわけかすべて、ライバルとして僕の前に立ち塞がってきました。
二度と彼に逢うことはできませんが、今度は、彼が残した産駒……孫たちとコンビを組み、天を翔けているだろう彼にうれしいニュースを届けたいと思います。

このステイゴールドが亡くなったのと同じ日、ミルコ・デムーロ騎手とクリストフ・ルメール騎手の2人が、揃ってJRAの新規騎手免許試験に合格したというニュースが届きました。
世界中、どこの競馬場に行っても顔を合わせる2人の合格は、僕にとっても大きな刺激になります。

ミルコがJRAの短期免許を取得したのは1999年で、これまでJRAで残した成績はGⅠタイトル10個を含めて354勝。もうひとりのルメールも、02年に短期免許を取得し、GⅠ5勝を含む245勝。長い期間をかけて日本の競馬を理解し、自分たちのポジションを築き上げてきました。
日本人も外国人もうまい人はうまい

日本人騎手の騎乗機会が減るのではと心配する声が上がっているようですが、負けたくないと思う騎手は、自分の技術を磨けばいいだけのことです。

日本人だから、外国人だからという区別をすること自体、おかしなことです。
うまい騎手は、日本人だろうが外国人だろうがうまいし、その逆もあります。
誰がいようが、どんな馬が相手だろうが、自分は自分で頑張るだけ。武豊は、どこでもいつでも武豊です。

さぁ、今週末から、いよいよ2015年のGⅠ戦線が始まります。
第1弾は砂の王者を決める「フェブラリーS」(ダート1600メートル)。僕のパートナーは昨年の優勝馬・コパノリッキーです。

前走、GⅡ「東海S」で初めてコンビを組んだ印象は、まず、強いということ。でも、まだ荒削りな面があり、本格化するのはこれからです。それでいて、2着に4馬身差をつけたのですから心が弾みます。
狙うのは当然、連覇――今年最初の勲章は、誰にも、どの馬にも譲れません。


■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】ステイゴールドの急死で思い出すこと

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.