日刊大衆TOP 社会

サクマ式ドロップスの「式」って何?ウンチクで振り返る『ロングセラーおかし』

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯


先日、明治製菓の超ロングセラー菓子「カルミン」が3月いっぱいで販売終了となるとの話題がネットを飛び交いました。

水色のパッケージにスッとするミント味。大正10年(1921年)に発売され、約90年もの間、ほとんど味もパッケージも変えていなかったそうで、この機会に食べ納めしようという人も多いとか。ちなみに名前の由来は「カルシウム入りのミント菓子」ということです。

そんなわけで今回は誰もが一度は食べたことがある、ロングセラーのお菓子とちょっとしたウンチクをご紹介します。パッケージを見ただけで懐かしさがこみあげてくる人もいると思いますが、あなたはいくつ知ってますか?

☆その1 チョコレート編
●ミルクチョコレート(明治製菓) 1926年発売/89歳


「チョコレートは明治」のCMソングでおなじみの老舗ブランドチョコは、大正15年に発売開始。現在のパッケージデザインは2009年から採用されている6代目。ココアバターなど特定の材料を使ったチョコだけが名乗れる「ピュアチョコレート」というカテゴリに分類されるのだとか。公式サイトでは「ミルチ」という略称が使われていますが、この呼び方知ってました?

●LOOKチョコレート(不二家) 1962年発売/53歳


派生商品が多い「ルック」でも、いちばんメジャーなのは黄色のパッケージにフルーツの写真が載っている「12粒ルック(ア・ラ・モード)」ではないでしょうか。このデザインは、1962年の発売当初からほとんど変わっておらず、4種類の味が楽しめるのもそのまま。ただ、現在はひと口サイズにチョコが小分けされていますが、発売当初はすべてくっついて1枚の板チョコ状になっていたとのこと。

●チョコボール(森永製菓) 1965年発売/50歳


1965年に「チョコレートボール」として発売。マスコットキャラのキョロちゃんが初登場したのは1967年で、1969年に「チョコボール」に改名されました。子どもなら誰もが憧れた「おもちゃのカンヅメ」は1967年からの登場で、最初はおもちゃではなく「まんがのカンヅメ」としてスタート。ちなみに今でも金のエンゼルなら1枚、銀なら5枚集めるとカンヅメがもらえます。大人買いで狙ってみる?

●アポロ(明治製菓)1969年発売/46歳


チョコといちごチョコのツートンカラーがかわいい小粒チョコ。トレードマークの三角形は、1969年7月21日に月面着陸に成功したアポロ11号の機体がルーツ。商品はその翌月の8月7日に発売されましたが、「アポロ」が商標登録されたのは実はそれより3年も前の1966年。その時点ではギリシャ神話の「アポロン」が由来だったとのこと。名前に中身が追いついた? 不思議な偶然もあるもんですね!

☆その2 スナック菓子編
●コイケヤポテトチップス のり塩(湖池屋) 1962年発売/53歳


「塩」味ではなく「のり塩」味なのに注目! ポテトチップスといえば塩味が当たり前の時代に、「日本人になじみのある味を」ということで開発されたのが本商品なのです。1967年には日本で初めて量産化に成功。日本のスナック菓子としてのポテトチップスは、のり塩味からスタートしたということですね。ちなみにカルビーの「ポテトチップス うすしお味」は1975年に初登場しています。

●かっぱえびせん(カルビー) 1964年発売/51歳


「やめられない、とまらない」のフレーズでおなじみの国民的スナック。1955年に発売されたあられ菓子「かっぱあられ」をベースに、生のえびを生地に練り込んだのが「かっぱえびせん」。発売とともに大ヒットを記録して一躍人気スナックになりました。定番スナック菓子の多いカルビー商品の中でも一番の古株!

●カール(明治製菓) 1968年発売/47歳

「1年中食べられる、甘くないおかしを」と開発され、ポップコーンと同じトウモロコシを原料に採用。発売当初は「チーズがけ」と「チキンスープ」の2種類が発売されました。カールの味の「~がけ」という表記も懐かしいですが、これはできあがったカールに霧状の調味料を吹き付けて味をつけていたから、なんだとか。ちなみに「それにつけてもおやつはカール」でおなじみのCMは1974年から放映開始。カールおじさんも登場しています!
☆その3 アメ・キャラメル編
●サクマ式ドロップス(佐久間製菓) 1908年発売/107歳


金属缶に入っているおなじみのドロップ。明治41年(1908年)に佐久間惣治郎氏が初の国産ドロップを完成させました。なぜサクマ「式」なのか? 実は、そのドロップの独自製法が「サクマ式」と呼ばれていたんですね。これが登録商標となり、商品名として使われています。味はイチゴ、パイン、レモン、オレンジ、リンゴ、メロン、スモモ、ハッカの全8種類。白いハッカ味が出たときのハズレ感はなんともいえません……。

●ミルクキャラメル(森永製菓) 1913年発売/102歳


キャラメル自体は明治32年(1899年)から売られていましたが、「ミルクキャラメル」という名称での販売は大正2年(1913年)からスタート。当初は1粒ずつのバラ売り状態で、大正3年(1914年)に初めて20粒入りの紙容器入りになりました。ミルクキャラメルの容器の形がこの当時から変わっていないっていうのが驚きです!

●ボンタンアメ(セイカ食品) 1922年発売/93歳

印象的なパッケージデザインは発売当初から変わっていないという「ボンタンアメ」。その誕生のヒミツは、なんと社員の「お遊び」!! 工場の社員が水飴をハサミで細かく切って遊んでいるのをヒントに作られたのだとか。ちなみにセイカ食品は鹿児島の会社で、同社の商品には人気アイス「南国白くま」もあります。

いかがでしたでしょうか? ちなみに取り上げなかったおかしでも、有名どころでは「マリービスケット」は1923年、「都こんぶ」は1931年、「グリーンガム」は1948年、「ポッキー」は1966年と、ロングセラーおかしはまだまだあります。どれももう国民の味ですよね。食べたくなっちゃった人は、コンビニやスーパーでロングセラーおかしを探してみては?

サクマ式ドロップスの「式」って何?ウンチクで振り返る『ロングセラーおかし』

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.