日刊大衆TOP 芸能

田代まさしがすべてを語る!!「芸能界復帰からASKAまで」

田代まさしがすべてを語る!!「芸能界復帰からASKAまで」

覚せい剤取締法違反による3年半の服役を終え、昨年7月に府中刑務所を出所した元タレントの田代まさし(58)が、薬物体験、刑務所生活、リハビリの日々を綴った『マーシーの薬物リハビリ日記』(アース・スター エンターテイメント)を出版する。
これを記念したイベント&出所報告会見が、3月18日に阿佐ヶ谷ロフトA」(杉並区)にて開催された。

現在、田代は「日本ダルク」という薬物依存者回復支援施設に入り、“回復プログラム”を受ける日々を送っているという。

田代 この本を出すということで、ネット上で『田代が芸能界に復帰』と捉えられていますが、それは僕の本意ではありません。ダルクでプログラムを受けるうちに、自分の回復になにが必要なのかを勉強し、その回復のために必要なのは『仲間たちの手助けをする』、そして『仲間たちと共に歩む』ことだと勉強しました。そして仲間たちの力になるため、薬物に手を出しそうな人の歯止めにするため、この本を出しました」

ちなみに、気になる“ろれつ”について。声の力強さは感じるが、ところどころで舌がもつれるように感じるのだが……。

田代 「前回の出所記者会見の際は出所してまだ7日目で、ろれつも回らず、手も震え、その様子に『まだ怪しいんじゃねえか?』という声もあったんですけど、皆さんに言っておきます。クスリを使うと、僕、滑舌が良くなって、手の震えが止まります。逆です。僕は元々緊張しいなんで、震えたり滑舌が悪くなることは、僕の中ではしょうがないことかなと思っています」

ここからは「日本ダルク」の近藤恒夫代表を混じえての、質疑応答へ。

――「日本ダルク」というのは、どういう施設なんですか?
近藤 薬物依存に陥った人たちが入り、その当事者がまた新しく入ってきた人たちを手助けしていくような場所です。当事者がどんな時に困っているのか、瞬時にわかります。またなにか問題があっても、取り締まり要請に協力することはありません。あくまで、当事者を回復に導く。警察の役割を担うわけではなく、ただ単にクスリに苦しみ、やめられない人がいたら、その手助けをしていくということだけです」

――そのダルクで、田代さんはどんな活動をしているのですか?
田代 「日々、ダルクのスタッフとして、事務所のお掃除をしたり、コーヒーを淹れたり、かかってくる電話の対応をしたり、近藤代表と一緒に全国のダルクを回って僕なりのメッセージを届けて、みんなの力になれれば……という活動をしています」

――前刑から出られた時は「ダルクへ行くのは抵抗がある」と仰っていましたが、どのような心境の変化があったのでしょうか?
田代 「前刑から出た時は『クスリから離れたい!』という思いが強かったです。『自分の強い意志でやめていくから、そういうことには触れたくない』という思いが強かったんです。最初のうちは『ヤク中の人たちがいっぱいいる施設にいて、本当に治るのかな?』と半信半疑でした。しかし、そうではなかったです。同じ依存症で苦しむ仲間たちが頑張ってる姿を目の当たりにし、すごく勇気をもらえるし、そういう人たちへ僕も逆に勇気を与えることができるし、そういう所なんだなとすごく実感しました」

―――リハビリについても書かれている今回の本ですけど、本の内容を簡単に紹介してください。
田代 「あんまり触れたくなかった部分もあったんですが、“ありのままの自分”をさらけ出すことが重要なんだと、ようやく正直になれました。ちゃんと薬に向き合い、事件の事や刑務所の事、ダルクでどんなリハビリをしてるのかという事を、自分なりに少しライトな感じで書いたつもりです。この本を同じ薬物で苦しんでる仲間たち、これから手を出してしまいそうな人たち、たくさんの人たちに読んでもらえたら嬉しいし、逆にメッセージを届けることが俺の回復にも役立つので、すごくいいことだなと思っています」

002
落ち着いた話しぶりの田代氏。右は近藤代表



――出所されて何ヶ月も経ったわけですけども、今改めて薬物の怖さっていうのはどんなところでしょう?
田代 「毎回、捕まるたびに『今回でやめよう』と思ってたんですけど、そんな自分の強い意志とかそういうのが全く役に立たないというのが薬物の恐さっていうか。僕は何回も事件を起こし、そのたびにいろんな人を傷つけて、家族も失って、お金も失って、信用を失って、友達も失って、そんな思いをしてでも、またしてしまうというのが薬物の恐ろしさではないのかなと思います」

――それは接触してくる悪い人がいるからなのか、自分の意志が弱いからなのか、どっちなんでしょうか?
田代 「接触してきた人に対して『僕は大丈夫です』」と言えればいいんですけど、物を見ると『やりたい』と脳が動いてしまう。わかりやすく言うと、梅干しを見るとツバが出ちゃうのと同じ感覚で、接触して来た人に物を見せられちゃうとスイッチが入って『1回だけならいいかもしれない』って考えてしまうのが薬物の恐さです」

次のページではASKAについて激白!
――田代さんは「いろんなものを失った」と仰いましたが、「もう二度と薬物に手を出さない」と誓えますか?
田代 「その質問はよく受けるんですが、今まで僕は心配してくれてる家族のためとか、妹たちのためとか、ファンの人たちのためにやめようと思ってたのが良くなかったんです。今回、初めて『自分のためにやめよう』と思えるようになりました。何回もみんなの気持ちを裏切った僕が『もう二度とやりません』と言うのは全く信ぴょう性がないですが、ただ、今僕が皆さんの前でできることは、1日1日やめ続けている姿を見せていくことなんだなと考えているところです。だから、はっきり『もう二度とやりません』ではなく、1日1日、薬を使わない生活を重ねていきたいなという思いです」

――薬が抜け切って回復されたら、また芸能界に戻りたいという思いは?
田代 「薬物依存は病気なんですが、特効薬がないんです。だから回復のために色いろいろプログラムを受けたりしても、『ここで回復しました』っていうのはないから。その1日1日を積み重ねていくしかない。だから、『回復したら芸能界に戻りたい』じゃなくて。前の時は『早く芸能界に戻り、みんなを安心させたい』と、自分を大きく見せようとか良く見せようとしてたんです。もう今回は、『やめ続けている姿を見せ続けていくことが、将来のなにかに繋がればいいかな』っていうくらいにしか思っていません」

――今後の田代さんの人生設計は、どんなプランがありますか?
田代 「イメージ的なことなんですけど、のちのち“芸能人専用のダルク”が作れればいいなと思っています。まぁ、“夢”みたいなもんですけどね」

――歌手のASKAさんが捕まって治療されているんですが、どんなメッセージを送りますか?
田代 「メッセージを届けに行った時、普通の人が言うより飛鳥さんに対して僕のメッセージは届きやすいんじゃないかなと思って、僕なりの思いは届けたんです。彼がどのように受け止めているかはわからないですが、また彼が危なくなった時、手をまた出してしまいそうになった時、その時に僕のメッセージを少しでも思い出してくれればいいかなという思いで届けました」

――どんなメッセージですか?
田代 「音楽をやっててそういう物に頼るのは日本でもアメリカでもよくあることだし、クスリを使ったことに対しては、同じ依存者としてわからないでもない。しかし、クスリを使わなくても幸せだと思えることもいっぱいあるよ。それは仲間たちと過ごしたり、共に歩んで色んな人達の気持ちをわかったり。過去は変えられないけど、生き方を変えればきっと未来は待っててくれるんじゃないかな、っていうようなことを言いました」

――田代さんが言った言葉に対して、飛鳥さんはどんな感じでしたか?
田代 「頷いてましたね」

――田代さんは芸能界復帰が今の気持ちではないということなんですけど、今年はデビュー35周年。先日、鈴木さんとクワマンさんと佐藤さんが集まって35周年のちょっとしたイベントがあったんですけども、そこに田代さんがいないのが寂しいなと純粋にファンはみんな思いました。
田代 「ありがとうございます」

――出所してから、コンタクトなりメッセージがかつての仲間から来ましたか? またそういう人たちに対してどういう思いがありますでしょうか。
田代 「リーダーの鈴木雅之とは僕は高校の頃からの同級生で、バンドの仲間としてではなく、ずっと“親友”として付き合ってきたと思っています。その彼の思いも裏切ってしまったわけで、僕から『ごめんなさい』というメールしか送れず、また、しばらく返事がなかったんですが、今年の正月明けにリーダーからメールが来ました。『お前の失った信用は大きい』と。『その信用を取り戻していくことは並大抵のことではない。でも、お前には一生懸命生きてほしい。一歩ずつ、前に進んでくれ。いつも、そばにいると思ってる』というメールがリーダーから来ました。すごくありがたいなと思いました」

――前回逮捕された時に交際相手の女性も一緒に逮捕されましたが、今はその方とはお付き合いはされていないですか?
田代 「してないです。責任は感じてますよ、僕のせいでこんな事になっちゃったんで。申し訳ないなという気持ちはすごくあるんですけど、なるべく今は自分のことだけを考えて生きていきたいなと思っているんで、連絡はしてないです」

――田代さんはご結婚もされてましたし、恋愛をしてみたいなという思いは?
田代 「恋愛ですか(笑)? 男なんでね、嫌いではないですけど、今のところは十分です」

次のページではおなじみのダジャレが?

――近藤さんにお聞きしたいんですけど、法廷で証言された時、「田代さんに日本ダルクの次の代表をやってもらいたい」と宣言されてましたけども、それは本気ですか?
近藤 「代表にしたいという気持ちはありますよ。問題は、田代が回復しないと誰も信用しませんから。ダルクをやってる仲間、ダルクで回復しようとしている人たちが、田代の姿を見て『自分もああなりたいなぁ』とかそういう希望を持てれば、彼はいいメッセンジャーになるんじゃないかと思います。期待してますよ。中学の頃から薬物を開始したということで……」
田代 「(遮って)薬物じゃなくて、シンナーです」
近藤 「シンナーは立派な薬物だ(笑)」
田代 「あぁ、そうですよね(笑)」
近藤 「一番大事な発達の成長期に酩酊してたわけだから、その間はスッポリと抜けてたんで、その抜けてたものを私たちは少しずつ埋める努力をしなければならないですよね。そういう意味で、ぜひ、会長はどう?」
田代 「日本ダルクの(笑)?」
近藤 「日本ダルクの会長ですよ。僕はもう長いことないから。次に、彼が会長。とにかくクスリやめて10年、20年、頑張れば、今からでも遅くないですね。80歳くらいだから」
田代 「近藤さんより上いっちゃってるじゃないですか(笑)」
近藤 「そうそう。その頃は僕は死んでるから、次の会長をやればいい」

――復帰される度にファンが握手会などで薬を渡して来たりして、ついやってしまったっていう話ですが、また今回もそういう人が出てきたら……
田代 「だから今日も、この本を買う人と握手する時に危険ですよね。注意しないと(笑)」

――復帰されたら、またそういう事に気を付けていくということですか。
田代 「ずっと、気を付けなきゃだめでしょ。『復帰したら』じゃなくて」

――あと不謹慎かもしれないですけど、「ミニにタコ」じゃないですけど……
田代 「あっ、それ、まだ言います?」

――今回も、ダジャレを……
田代 「もう、その言葉はミニにタコ! ……これでいいですか(苦笑)?」

――田代さんは府中刑務所を出られてから、体重は増えましたか?
田代 「増えました」

――それは、ご飯がおいしく食べられているっていう……?
田代 「そうですね。出てきた日に、近藤代表に『出所祝いにご馳走してやる』って連れて行かれたのがしゃぶしゃぶ(シャブ)ですから。近藤代表の手荒な迎え入れだったかなと」
(報道陣 笑)
田代 「今思うと、すごく楽だったなと。普通だと触れないように、腫れ物にさわるようにみんな扱うと思うんですけど、この近藤代表は初っ端からしゃぶしゃぶ。その味が忘れられません」
(報道陣 笑)

(寺西ジャジューカ)

田代まさしがすべてを語る!!「芸能界復帰からASKAまで」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.