日刊大衆TOP トレンド

「医者が飲まないクスリ」こんなにあった!

[週刊大衆04月20日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

たとえ患者には処方をしても自分が口にするのは絶対イヤ。医療現場最前線のドクターも敬遠する恐怖の薬がある!

4月1日、日本老年医学会は、高齢者への使用の中止を医師が考慮すべき薬、約50種類を挙げた一覧を作成した。
「さまざまな病気を抱える高齢者は、多くの薬を長期間にわたって処方されがちですが、体力が低下した高齢者には有害な副作用が出やすい薬も多いんです。このリストは、10年ぶりに改訂予定の『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』の中に盛り込まれる方針です」(医療ジャーナリスト)

高齢者に限らず、病気にかかった患者ならば、医者から処方された薬に対して疑問を抱かずに飲むのが普通だろう。だが、その薬が、副作用の大きいものや、効果がないものだったら――。
「記憶に新しいところでは、今年2月に、副作用の報告義務違反で行政処分が下ったノバルティスファーマ社の降圧剤バルサルタンがあります。非常に有名で売り上げナンバーワンの薬でしたが、実は、脳卒中や狭心症のリスクを下げる効果がなかったんです」

3月に『薬が人を殺している~知っておきたい有害作用と解毒のすすめ』(竹書房)という著書を出したばかりの、東京・上野にあるTokyo DD Clinicの院長で、NPO法人「薬害研究センター」の理事長でもある内海聡医師は、こう警告する。
「薬は基本的に"毒"なんです。なぜなら、病気そのものや、その原因を治す原因療法とは違い、症状を個々に軽減、消失させようとする対症療法のためのものだからです。確かに、そのまま放っておけば死ぬような状態では有効ですが、根治(根本から直す)ではなく、今出ている症状を無理やり抑えるだけならば、"毒"になるのは当然でしょう」

また、ジェネリック医薬品(後発医薬品)が以前よりも普及し、薬が安く手に入りやすくなったが、新潟大学名誉教授の岡田正彦氏(医学博士)は、こう疑問を呈する。
「ジェネリックは、新薬の特許切れを待って作るので、開発費がかかっていない分、安いわけです。主成分は同じですが、製造法や添加物が異なっていて、まったく同じ薬ではないんです。新薬ですら調査期間が限られ、本当の意味での安全性がわかっていないのに、さらに短期間で作るジェネリックが信頼に値するでしょうか?」

安いから、有名だから、売れているから――そんな間違いだらけの薬選びで、提供する側の"医者も飲まないクスリ"を飲んでいないだろうか?
そこで、本誌は、さまざまな症状別の"医者が飲まないクスリ"を緊急調査し、まとめた。以下、個別に見ていこう。
強力さゆえに思わぬ副作用も

まずは、シーズン真っ盛り(?)の花粉症の代表的な薬「セレスタミン」から。
「他の分野の薬の売り上げが軒並み落ちている中で、一番伸びているのがこのアレルギー薬です」(内海院長)
内海院長によれば、花粉には体に悪い微量物質がいろいろ付いているので、それを鼻水で洗い流そうとするアレルギー反応が起きるのは自然なことだという。

「ですが、このセレスタミンには、アレルギーに関わるヒスタミンの作用を抑える抗ヒスタミンと、それよりももっと強い作用のステロイドが混合で入っているので、効きやすい分、副作用も大きいんです」
セレスタミンは、血管を強力に収縮させて、花粉症特有の鼻詰まりも取り除いてくれるが、体全体の血管まで収縮させることから、脳出血や心不全、心筋梗塞を引き起こすこともあるという。

花粉症でなくとも、かぜで鼻水が止まらない人も要注意。解熱、頭痛緩和などに処方される非ステロイド系消炎鎮痛薬の一種である「ボルタレン」がそれだ。
「花粉症同様、熱が出るのも、体内の白血球などがかぜのウイルスを撃退しようとしている自然な反応です。熱を下げれば、かえって長引き、別の病気を誘発します。解熱に加え鎮痛効果も非常に強く、リウマチ患者の関節痛など、整形外科でもよく使われます。ロキソニンやボンタールなども同じです」(内海院長)

ボルタレン服用時は、その強力さゆえ、胃潰瘍などにならないように胃薬を一緒に飲むのが必須だ。もし怠れば、非常にまれなケースだが、胃腸出血、肝臓病、心不全や心筋梗塞まで起こすこともあるという。

次はインフルエンザ。鼻水、のどの痛み、咳などの症状を伴う呼吸器の急性炎症であるかぜと異なり、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる。
その治療薬である「オセルタミビル」――スイスのロシュ社により販売されている「タミフル」の商品名ならばピンとくる方も多いだろう。
「発熱が約1日半早く治まります。しかし発症後3日以上たってから使っても効果はありません。またインフルエンザが重症化して肺炎で入院する人の割合は、この薬を飲んだ人と飲まなかった人で違いはありません。それでいて、子どもの異常行動に加え、胃腸障害や睡眠障害などの副作用も明らかになっています」(岡田博士)

さらに岡田博士は、胃酸の分泌を抑える際に処方される胃腸薬「プロトンポンプ阻害薬」についても警告する。
「"胃、十二指腸潰瘍の特効薬"とも言われますが、1年以上飲み続けると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になり骨折する割合が高まるというデータが出ています。プロトンポンプに限らず、すべての胃腸薬に言えることですが、飲み続けていると、徐々に胃が怠けてしまい、本来の自らが働く力を失ってしまうので、漫然と飲み続けてはいけません」
自殺未遂を誘発するクスリも

代表的な抗うつ薬「パキシル」も、お薦めしない。
「精神薬は、覚醒剤やコカインなどに比べると依存症や副作用が"比較的まし"程度の"麻薬"であり、効果自体怪しく、逆に脳を破壊していきます。なかでもパキシルは、飲む人と飲まない人で、自殺リスクは何倍も違うことがわかっています。私は何人も自殺未遂経験のある服用者にお会いしましたが、誰もが"ルンルン気分で飛び降りた"と言っていました」

内海院長がこう言えば、岡田博士はパキシルについて、こう述べる。
「海外では、特に青少年の自殺未遂が多発し、裁判が次々と起こされています」

不眠症では、精神薬の一種である「ベンゾジアゼピン」が挙げられる。
一般的に2~4週間までの治療には有効だが、それを超えると、自殺衝動に加え、攻撃性、てんかん発作などの反応を示したり、認知機能にさまざまな悪影響を及ぼすこともある。
「最近、精神薬のCMをよく見かけます。そのせいか、早期に薬を飲んだほうがいいと思っている人が多いようですが、ストレスの原因を取り除くなどしなければ薬漬けになる可能性があります。安易な使用は避けるべきです」(岡田博士)

脳に働きかけるということで認知症薬「ドネペジル」も触れておかねばならない。
「脳神経の信号がスムーズに伝わるようにしたり、逆にブレーキをかける作用があるとされます。しかし、これには"落とし穴"があります。実は、この薬が認可を得るために調査した期間は半年までだったのです。3年をかけた別の大規模調査では、症状が改善されたり、進行を遅らせたりする効果がまったく消えていたんですから、効果は怪しいものです」(同)

もちろん、緊急時や急性時には薬は必要だが、"毒にも薬にもなる"薬。正しい理解で自分に必要なものを適切に摂取しよう。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.