日刊大衆TOP 娯楽

一年で一番パチンコが勝てる月は?パチライターが教える「あま~い時期」


レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第12回 パチンコ打つなら今がチャンス!?


コツさえつかめば誰でも勝てる!? ポンコツながら年間収支は+50万のパチンコライター・森本レオ子が「パチンコで手堅く勝つ」コツを教えていく本コラム。今回は、ホールが玉を出す可能性が高い「狙い目の時期」についてお話していきます!

ところで、みなさんは1年を通して最も勝ちやすい「月」はいつだと思いますか?

「7月や8月の夏の時期は店長だって身も心も開放的になって、ついつい玉を出しちゃうんじゃないか?」「決算がある3月に貯まった黒字分を放出するかも!」「いやいや、10月でしょ!! 根拠はないけど……」などなど、いろいろ考え方はあるでしょう。

もちろん一概に「○月がアツイ!」とは断定できません。ただ、私がパチンコライター人生を通して肌で感じたあま~い時期をあえて言わせていただきます。
それはズバリ「4月」と「12月」!!

その理由をお話する前に、ホールが玉を出さない、いわゆる回収期について説明していきましょう。

以前のコラムでも触れた通り、ライター来店取材やグランドオープンといったタイミングで、ホールは玉を出して客に利益を還元することがあります。しかし、当然ホールも慈善事業でパチンコ事業を営んでいるわけではありません。出す時もあれば回収する時だってある。いや、むしろ回収する時のほうが圧倒的に多いのが現状です。

特に、パチンコ業界では「三大回収期」と呼ばれている極寒の時期というものが存在します。それが「年末年始」「ゴールデンウィーク」「お盆」。大型連休は暇を持て余した人がついついホールに足を運びがち。客足が増えるこれらの時期は、ホールにとって利益を回収する大チャンスなのです!

しかし、誰が提唱し始めたのかはわかりませんが、「ピンチはチャンス」とはよく言ったもの。このパチンカーにとっての絶望的大ピンチである三大回収期直前が、実は狙い目だったりもするのです。
というのは、三大回収期は客足が増えやすい時期といえども、お店に客が集まる「保証」はどこにもありません。そうなると、ホールも事前に手を打つ必要が出てきます。そこで行われるのが「回収期前の撒き餌」。正月前の12月、ゴールデンウィーク前の4月といった三大回収期前にあえて赤字覚悟で出すことで、あらかじめ集客アピールをはじめておくのです。

そして、回収期に入り客足がピークに達したところでドンッと儲ける。こういう言い方をすると極悪非道に感じますが、逆に言えば「撒き餌」のシーズンだけを狙って勝ち逃げすればよいのです。ほら、ピンチはチャンスでしょ!?

4月と12月がチャンスとなる理由は他にもあります。

まずは12月についてですが、以前にお話した、ホールが最も力を入れて玉を出す「グランドオープン」が集中するのが12月なのです。特に12月前半~中旬に行われることが多いですね。おそらく、年末年始戦線に向けた撒き餌の意味合いもあるのでしょう。

そして4月。4月と言えば春、新生活の季節です。心機一転、進学や就職、異動なんかで新しい土地での生活を始められる方も多いハズ。これはホールにとって千載一遇のビジネスチャンス! この時期に玉を出し、勝ちやすくすることで新規顧客の獲得を狙うのです!! 

さて、カレンダーはもう4月。パチンコホールを取り巻く環境も、季節同様に暖かく過ごしやすい時期に突入します。今年の春こそ、チャンスを逃さない立ち回りを心がけて頂ければこれ幸い。

みなさまのお財布にも春が訪れますように!! GOOD LUCK☆


■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

一年で一番パチンコが勝てる月は?パチライターが教える「あま~い時期」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.