日刊大衆TOP トレンド

暑い季節は注意! 体臭がキツくなる危険な食べ物6つ

これから暑い夏に向け、汗をかきやすくなる。体臭もきつくなる季節だ。

では、カラダの匂いを抑えるにはどうすればいいのか? まず、水をたっぷり飲む。汗の濃度を薄めることが重要だ。
そして、バランスの良い食事を心がける。不足しがちな野菜をたくさん食べよう。ニンジンやホウレンソウなどの緑黄色野菜は、抗酸化作用のβカロテンも豊富。また、食物繊維が老廃物を排出し、体臭を押さえられる。

そこを念頭に置きつつ、続いて、体を臭くする食べ物をチェックしてみたい。
●長ネギや玉ネギ、ニラ、ニンニクは口臭の原因としても代表的だが、アリシンと呼ばれる匂い物質が血液を循環し、カラダが臭くなってしまう。

●カレーは食べると体温が上がり、大量の汗が出て匂いも臭くなる。その他、キムチなどの辛味の食べ物には、気を付けよう。

●スナック菓子は時間の経過とともに酸化し、過酸化脂質に。これは腸内環境を悪化させ、悪玉菌が増えて体臭や汗の匂いを臭くする。

●インスタントラーメンにも要注意。無性に食べたくなる時があるが、これも過酸化脂質を出してしまうため、控え目にした方が良さそうだ。

●動物性タンパク質は、過度に摂取すると脂質の分泌が増える。肉、牛乳、チーズといった食物に偏らないようにしたい。

●酒を飲み過ぎると危険。アルコールは強い刺激臭を発することもある。また、血管が急に拡がって発汗。臭い匂いのもとになる。

女の子に嫌われないよう、これらの飲食物に注意して、十分な水分補給、バランスの良い食事を心がけ、体臭を押さえましょう!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.