日刊大衆TOP トレンド

「スマホ充電」都市伝説を検証する!!~充電しっぱなしだと電池持ちが悪くなるってホント?

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

使い続けていると「減りが早くなったような気が……」となってしまうスマホのバッテリー。

iPhoneでもアンドロイド端末でも、新品の頃は長持ちしていても、充電を繰り返しているうちにバッテリーが劣化し、1年も経てば当初の半分くらいしかもたないケースもあるようだ。最近は、バッテリー内臓のモデルも増えていて、仮に交換するなら1万円ほどかかってしまう。できるならば長持ちさせたいものだ。

スマホのバッテリーに使われているのは、リチウムイオン電池が主流。速く充電ができ、かつ長持ちするのが特徴だが、使い方や充電方法を間違えてしまうと、寿命を縮めてしまう。大事なのは、リチウムイオン電池の特性を知って使うことなのだ。

そもそも、スマホのバッテリーに関しては「充電しっぱなしだと長持ちしない」「使い切ってから充電したほうが劣化しづらい」など、昔から諸説いりまじってきた。どれが現時点での真実なのか、ここで検証していこう。
■充電しっぱなしだとバッテリーは劣化する?

答えは、イエス。リチウムイオン電池は、充電レベルが100%になっても通電し続けると、バッテリーに負担がかかり、劣化を速めてしまう。

ただしiPhoneの場合、充電レベルが80%を超えると、残りは「トリクル充電」という弱電流で充電する仕組みで、バッテリーの負荷を抑える仕組みにはなっている。アンドロイド端末も、トリクル充電に対応するモデルがほとんどだ。とはいえ、充電が終わればコードから外してしまおう。


■充電しながらの使用はバッテリーに悪い?

リチウムイオン電池は熱により劣化する特性があり、充電しながらの使用だと本体が熱くなり、バッテリーに悪影響を及ぼす。よってこれも真実。充電しながらのゲームや動画視聴には注意したい。

さらに、スマホケースによっては熱がこもるので、つけたまま充電するのもよくない。外してから充電すること。つまりは本体の温度が上がるとバッテリーに負担がかかるということなのだ。


■細切れに充電するとバッテリーは悪くなる?

これは迷信。一般的にスマホのバッテリーが本来の力を出せるのは、充電回数が400~500回までとされている。「じゃあ、細切れにしたら回数がカウントされるからダメでは?」と思うだろうが、実際は細切れに充電しても、充電量が100%になった時点で「1回」とカウント。細切れがバッテリーを劣化させるわけではない。

似たような話で「0%まで使い切って充電したほうがいい」という説もあるが、これも×。むしろ、リチウムイオン電池は完全に放電してしまうほうがバッテリーに悪影響を及ぼすので、残量がゼロになる前に充電を開始することをオススメする。


以上が、バッテリーにまつわる真実だが、これらを踏まえたうえで、劣化を抑える正しい扱いかたを挙げておこう。

○充電回数を減らす
○フル充電したらジャックから外す
○充電中はスマホの使用を控える
○不要なアプリはアンインストールする(バックグラウンドで動き、電池を消費するため)
○節電アプリを使う
○画面の自動回転を固定、明るさを暗くしておく
○Wi‐Fi、Bluetooth、GPSを使わない時はオフにする

人が働き続けると疲労するように、バッテリーだってせわしなく使うと劣化するのは当たり前。適度な距離感を保つことが、長いお付き合いにつながるのだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.