日刊大衆TOP トレンド

チョコを食べる人ほど心臓病になりにくいって本当?

チョコを食べる人ほど心臓病になりにくいって本当?

イギリスの研究者たちが2万人以上を対象に、11年間にわたり調査した結果、控えめな量のチョコレートは心臓に良い可能性があることがわかった。
調査対象者は1日あたり0~100g、平均して7gのチョコを食べていたという。

そもそも、チョコレートが健康にいいことは以前から指摘されていたが、その理由は原料であるカカオ豆にある。

カカオは中南米が原産で、大人の両手のひらに載せてはみ出るほどの大きさの実の中に、20~60個の種子が詰まっている。この種子がカカオ豆で、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル、ポリフェノールがバランスよく含まれているのだ。
これらの成分は動脈硬化を防ぎ、感染症、冷え性、便秘、ストレス障害を防ぐ効果があるとされる。

中南米のマヤやアステカでは、カカオ豆をすりつぶし、薬として飲んでいたという。古代の人々も、その栄養価の高さを知っていたのだ。
理想的なのはカカオ豆100%のチョコレートであるが、とても苦い。そのため市販されている一般的なチョコレートは、砂糖やミルクを混ぜ食べやすくしている。

問題は、この混ぜ物である。いくらチョコが体に良いといっても、食べ過ぎると糖分を取りすぎることになり、肥満の原因にもなるのだ。当然ながら、肥満は心臓に負担がかかる。

先のイギリスの調査でも、“控えめな量のチョコレート”という条件がつく。酒も1合ぐらいなら血行が良くなり、体に良いという。ところが、飲みすぎると肝臓を悪くするなどの弊害がある。

チョコレートも食べ過ぎないで、控えめな量(板チョコ5~6片)を毎日食べるのが良さそうだ。

チョコを食べる人ほど心臓病になりにくいって本当?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.