日刊大衆TOP 芸能

黒幕発見! 加藤綾子アナ「フジテレビ退社騒動」

[週刊大衆08月10日号]

黒幕発見! 加藤綾子アナ「フジテレビ退社騒動」

テレビ業界を騒がせた大物女子アナの去就問題。消火されたように見える裏では、黒い炎が燃え盛っている!!

7月15日付のスポーツニッポンの一面に、
〈フジのエース決断9月いっぱいカトパン退社〉
と大見出しが躍った。

芸能界に太いパイプを持ち、スクープをたびたび打つ同紙。今回のフジテレビ・加藤綾子アナ(30)退社報道の確度が高いと踏んだ報道各社は、すぐに裏取りと続報のために動いた。だが、
「フジテレビの広報部はスポニチの報道を否定し、その日の午後に行われた社長の定例会見でも、亀山社長はカトパン退社を否定したんです」(芸能記者)

亀山社長は会見で「10月1日に番組を見ていただければ、加藤はいつものように、フジテレビのアナウンサーとして座っていると思います。9月30日(に退社)とか『めざましテレビ』を辞めるとか、来年の春とか秋とか、そういうこともありません」と語り、さらに、
「亀山社長は、カトパンとの間に、局を辞める場合は最初に自分に相談する約束がある、と明かしたんです。エースとはいえ、社長が一社員と、そんな約束を交わしているというのも、会社の人事労務管理的にちょっと普通ではないと思いましたけどね……」(同記者)

とはいえ、これでカトパンのフジ退社話は消滅したと思うのは早計なのだ。
芸能評論家の三杉武氏は話す。
「亀山社長は否定しましたが、カトパン退社は既定路線。昨秋に『めざまし』の本番中に倒れるほどの激務をこなしてきた彼女は、もう限界で、仕事をセーブしたいはず。今秋の退社はなくとも、ということですね」

そして本誌は、スポニチよりも1か月も早い6月15日発売号で〈加藤綾子アナ9月30日電撃退社〉と報じている。そんな本誌だからこそ知る、カトパン退社騒動のウラ側とは――。

夕刊紙デスクは話す。
「スポニチの今回の報道の情報源は、複数の芸能プロ関係者からのもののようです。カトパンがフジを退社した後、受け皿になるのは芸能プロ。そのルートから漏れた情報のようです。つまり、実際に"動き"があるからこそ、漏れたと言えます」

さらに、芸能に強いスポニチが、この日の一面に大見出しを打ったのにも理由があるとし、
「結果的には違ってしまったんですが、社長定例会見で、亀山社長自ら今秋のカトパン退社を発表する、というネタをつかんでいたそうです。だから、会見当日の朝刊にぶつけたといいます」(同デスク)

本誌も、この証言を基に芸能プロ関係者に取材を重ねると、水面下で、芸能プロ間での、壮絶な"カトパン争奪戦"が繰り広げられていることが分かったのだ。
「まず名乗りをあげたといわれるのが、滝クリ(滝川クリステル)やアヤパン(高島彩)などフジ系の女子アナOGが数多く所属するフォニックス。その他、フリー女子アナの老舗事務所、大手総合芸能プロ、大手音楽系プロ、俳優も多く抱える独立系プロなど、少なくとも5社以上が加藤アナ獲得に動いたそうです。通常ギャラの配分率、CMギャラの配分率、専属マネージャーや送迎車の有無など、彼女に対して、各社が条件を提示するところまであったと聞いています」(芸能プロ関係者)

引く手数多とは、まさにこのこと。一時交際が噂されたダルビッシュなど足元にも及ばない、野茂や清原のドラフト並みの競合が水面下ではあったというのだ。フリー女子アナとして超の付く即戦力という彼女。
「カトパンがフリーになれば、レギュラー番組はもちろんですが、CMもすぐに決まるでしょうね。あの美貌にスタイル抜群のEカップボディ。さらに清潔感あふれるキャラクターは、たとえば化粧品メーカーにとっては垂涎ものですよ」(前出の夕刊紙デスク)

大金が動くCMを獲得できるカトパンは、芸能プロ各社にとって、喉から手が出るほど欲しい人材なのだ。前述のカトパン争奪戦の中で、フジの女子アナOGが新たな所属先として選ぶことが多いのはフォニックスだ。同社には滝クリ、アヤパンに加え、八木亜希子、小島奈津子、中野美奈子、本田朋子といった、かつての"フジのエース級"がズラリ所属している。

それに加えて、
「フォニックスは、フジとフジの子会社の共同テレビが多数の株を持っており、事実上のフジの子会社です。フジの番組制作ともつながりが深いので、フリーになっても引き続きフジで仕事をする場合には、やりやすい環境にあると言えます」(前出の芸能記者)

かねてよりカトパンが最も慕い、今でも夜な夜な都内の高級イタリアンで相談に乗ってもらっているというアヤパンも所属する同社。フジ退社後は自動的に、そこに入るように思えるのだが……。
カトパンと宮根誠司の急接近

「どうやら、そうはいかないみたいなんですよ」
と言うのは、前出の芸能プロ関係者だ。

「今回、今秋の退社が否定されたので、まだ決定したというわけではないんでしょうが、加藤アナのフジの後の所属先の鍵を握っているのが、宮根誠司さんだというんです」

毎週月曜日から金曜日まで、『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)の司会として日本中の午後帯を席捲し、日曜日にはお台場のフジテレビに駆けつけ、『Mr.サンデー』を仕切る"西のドン"宮根。司会者としての実力、そして政界から関西のお笑い界まで豊富な人脈も一流の彼だが、なぜ、カトパンの未来と深く関わってくるというのか!?

芸能プロ関係者は続ける。
「大きく言って、その要因は二つ。まず一つ目は、加藤アナがフジに辟易していて、距離を取りたがっているということです」

昨秋の『めざまし』本番中の卒倒騒動まで、多忙な通常業務、特番司会に加え、フジが主催するイベントの司会などにも駆り出されていた彼女。さらに、
「カトパンは局幹部によって"接待要員"もさせられていたそうです。大口の広告主などとの食事会の席には綺麗どころの彼女が呼ばれて、スポンサー接待をやらされていた。酒席にカトパンが来る効果は、確かに絶大ですよ。その一方で、彼女は相当に不満を溜め込んでいったようです」(前出の三杉氏)

フジとの距離を取る=フジと関係が深いフォニックスが、選択肢から消えたということか。
そして二つ目の要因が、
「加藤アナと宮根さんの関係性が近年、急速に深まっていっていたことです」(前出の芸能プロ関係者)

カトパンと宮根は、13年から3年連続でAKB48総選挙特番の司会を務めている。
「特番の打ち上げや会合などの席を含めて、彼女と宮根さん、宮根さんの周囲の仕事関係者との間には、密な関係が構築されていったといいます。その過程で、加藤アナのフジ退社話が浮上してきたとなると、彼女が実力者・宮根さんを頼るのは、むしろ自然な流れでしょうね」(同関係者)

AKB48総選挙特番でも、毎回高視聴率を叩き出す宮根・カトパンの最強コンビ。さらに、この2人での仰天プランも聞こえてくるのだ。
「宮根さんが強く意識し、かねがね狙っているといわれるのが、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の枠。そこに宮根・加藤の最強コンビで乗り込む、と。実現すれば、宮根さんは日本を代表する報道キャスターになれるし、加藤アナもフリーとして最高の一歩が踏み出せる。両者にとって最高の着地点だし、なにより世間に対するインパクトも抜群ですよ」(同)

テレビ界全体を巻き込む巨大なうねりにもなりうるカトパンのフジ退社騒動。今後も注視が必要だ!

黒幕発見! 加藤綾子アナ「フジテレビ退社騒動」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.